年齢を重ねるごとに、目のかすみや視力の低下などの症状が気になってきたということはありませんか。
もしかしたら、加齢などが原因で発症する白内障かもしれません。
白内障は進行してからでもできる治療がある病気ですが、初期段階で受診できれば手術を受けなくても目薬で治療を行うことができます。

白内障の手術は、多くの方が安心して受けられるものだといわれています。
白内障の症状は患者さんによってさまざまですので、どんな症状があるのかぜひ本ページで照らし合わせてみてください。
他にも、白内障の発症原因や手術費用などについて取り上げていきます。

白内障とは

人間の目をカメラに例えると、レンズにあたる部分が水晶体です。
健康な水晶体の色は透明をしており、十分に光を通過させます。
ただ、いろいろな原因から水晶体内部にあるタンパク質の性質などが変化して色が濁る疾患が白内障です。
水晶体が濁ることで視る力に生じる影響として、光が水晶体をスムーズに通過できなくなったり、乱反射することから網膜にはっきりとした像を結ぶことが難しくなることがあげられます。

白内障の発症原因

白内障は、患者さんによって発症の原因が異なる病気です。
水晶体の主な成分は水とタンパク質であり、タンパク質は長い年月をかけて紫外線にさらされてきた負担や加齢などのいろいろな影響から徐々に白色へと濁っていきます。
こうして濁った部分が水晶体全体に及んでくることが、視力低下へとつながります。

近年の傾向として、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの疾患と合併症を発症させることで、若年層の方でも白内障になる人が増加しています。
薬剤を接種したことによる副作用・目のケガ・母親のお腹の中にいる間に風疹を発症したことなどから白内障になることもあります。

白内障は以下の種類があり、それぞれ異なる原因から発症します。

加齢性白内障

年齢が高くなることが原因。白内障患者数が最も多い。
症状の程度には個人差があるものの、水晶体は年齢を重ねることで誰でも濁ります。
加齢性白内障は老化現象ですので、年配になるほど発症率が高まります。

併発白内障

ぶどう膜炎などが原因。

外傷性白内障

目のケガなどが原因。

先天性白内障

風疹などが原因。

全身疾患に合併する白内障

糖尿病・アトピー性皮膚炎などが原因。

その他

ステロイド剤などの薬剤・放射線などが原因。

白内障の症状


引用元: ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ(http://blog.livedoor.jp/eyedoctor/)

白内障を発症して水晶体が濁ると、以下の症状が現れます。

症状は患者さんによってさまざま

  • 視力の低下
  • 明るいときと暗いときの見え方が同じでなくなる
  • 光がまぶしいと感じるようになる。明るい場所でも見えにくい
  • 全体的に視界がかすんで見える
  • 近くが一時的によく見えるようになる。メガネの度が合わなくなる
  • 物が二重や三重に見えるなど

水晶体の濁り方は患者さんによって異なりますので、症状もバラバラです。
多い症状は目のかすみです。
充血や痛みの症状がある場合、白内障のみでは発症しませんので、別の疾患も伴っている可能性が考えられます。

濁る水晶体の部位によって違う症状

水晶体の濁り方は患者さんによって個人差がありますが、特に多いのは皮質と呼ばれる水晶体の周辺部分から濁り始めるというタイプです。
水晶体の外側が皮質であるのに対し、中央部分は核となります。
始めにどちら側から水晶体が濁り始めるかによって、症状の現れ方も異なります

水晶体の外側、つまり皮質から濁ってきて、中央の核がまだ透明である場合は、視力の低下の症状は発症しません。
白内障が進行して核の方まで濁りが及んでくると、目のかすみやまぶしく感じるなどの症状が出るようになってきます。
逆に中央の核から水晶体が濁り始めた場合は、近くが一時的によく見えるようになる症状が現れ、進行するにつれて目のかすみが生じるようになります。

白内障の治療や手術

白内障は、どのくらい進行しているかに応じた治療や手術が行われます。

初期段階の治療

白内障の初期段階では、まだ目のかすみや視力の低下によって日常生活や仕事に差し支えない程度です。
目薬による治療が一般的で、グルタチオン製剤やピレノキシン製剤が処方されます。
これらを点眼することによって得られる効果は、白内障の進行を抑制させるというものであり、元の透明な水晶体に戻せるものではありません。

初期を過ぎた頃の治療

初期段階を通過して日常生活や仕事に影響がでるようになると、外科的手術による治療が行われます。
一般的には、超音波水晶体乳化吸引術という種類の手術が選ばれます。
超音波水晶体乳化吸引術は、白内障により透明でなくなった水晶体に超音波をあてることで粉砕し除去したあと、代わりとして眼内レンズという人工の水晶体を入れるという手術です。
手術で代わりに使用される眼内レンズは、直径が6mm程度のものです。
一度眼内レンズに切り替えておけば、二度と交換は不要です。

症状がさらに進んでいると診断された患者さんには、水晶体嚢外摘出術という手術が行われます。
水晶体嚢外摘出術は、白内障が進んだことが原因で水晶体の核が固くなっている場合に適している手術で、患者さんによっては核ごと全ての水晶体が除去されます。

白内障で行われているのは、安心してたくさんの患者さんが受けられる手術だといわれています。
手術後の見え方は回復が見込めます。

2種類ある白内障手術

白内障の手術は、日帰り手術と入院手術の主に2種類があります。
従来は入院手術が一般的で、トータルで3日~4日程度の入院が行われるものでした。
しかし、近年では日帰り手術を扱う医療機関が増えている状況です。

日帰り手術をするためには、患者さんが以下の条件を満たしている必要があります。

  • 家族の協力が得られる
  • 重い合併症を発症していない
  • 通院が可能

白内障の日帰り手術を受ける医師を選ぶときには、以下の条件を満たしているか確認しておきましょう。

  • 術後の患者さんの容態に応じ、日中はもちろんのこと夜間の時間外であっても迅速な対応を行っている
  • 適切な助言が受けられる

手術後の注意点

手術後の注意点として、以下のことがあげられます。

  • 目をこすったり押したりしない
  • ぶつけたり転倒しない
  • 術後1週間程度は、洗顔や入浴を控える

術後にメガネを購入するベストなタイミング

人工の眼内レンズは、自然な人間のもののようにピント調節を行うことができません。
場合によっては、視力矯正やメガネをかけるなどの対応が必要になることが考えられます。
白内障の手術後の眼に対応したメガネを購入するタイミングは、術後2週間~2か月くらいがおすすめです。
この時期に入っていれば回復が進んでおり、視力が安定しているからです。

手術後に再発してもすぐ回復できる

白内障に限った話ではありませんが、手術や治療が終わった後でも病気がまた再発することも考えられるでしょう。
白内障の手術も例外ではなく、順調に手術を終えても何か月~何年か経過してから、目のかすみやまぶしいなど白内障と思われる症状を実感することがあるかもしれません。
それは後発白内障と呼ばれるもので、手術で残してあった水晶体の後嚢(こうのう)に濁りが生じることで発症します。

ただ、初めて白内障の治療を受けるときと大きく違うのは、再び手術を受けなくても回復できるというところです。
レーザーを照射するだけで、術後に生じた濁りを容易になくすことができます。
もちろん入院することにもなりませんし、早く視力が回復します。

白内障の手術費用

白内障の手術費用がいくらになるか調べてみると、各医療機関によって違いがあるようです。
白内障の手術は日帰り手術と入院手術の2タイプがある中で、多くのクリニックでは日帰り手術が行われており、中には入院手術は行っていないという医院もあります。

ある医療機関の手術費用例

患者さんの年齢・健康保険が適用されるかどうか・治療する眼が片眼か両眼かなどにより、手術代は違ってきます
ある病院のケースを例にあげると、一般的な白内障の手術である単焦点眼内レンズの日帰り手術費用が年齢や保険が何割負担かなどで分類されています。
年齢が69歳以下で健康保険が3割負担の場合、片眼のみが約51,000円、両眼が約81,000円です。
両眼は一度に手術されるわけではないということで、同月の手術でない場合は約102,000円と割高になっています。
同じ保険3割負担でも、70歳以上の患者さんでは片眼が約44,400円、両眼も同月手術なら同額の約44,400円、別の月なら2倍の約88,800円です。
70歳以上の患者さんで2割負担や1割負担の方は、もちろんもっと割安料金です。

同病院では入院手術をされていないということなのですが、参考として費用が紹介されています。
こちらは健康保険が3割負担の場合、年齢が69歳以下でも70歳以上でも同額です。
片眼が約66,290円、両眼は1回入院が約81,200円。
2回入院が必要な場合は、同月なら約81,200円、別月なら約132,580円だということです。

他にも先進医療である多焦点眼内レンズという手術がありますが、各医療機関によって費用が異なります。
参考として同病院の例では、3割負担の場合で片眼手術が約368,000円、両眼が約736,000円です。
多焦点眼内レンズでは、2割負担や1割負担でも費用の大きな差がありません。
医療機関によっては多焦点眼内レンズの種類が複数あり、どれを選ぶかによっても手術費用が違ってきます。

費用に何が含まれるか確認しよう

白内障の手術費用は、医療機関によって何代が含まれるかも異なります。
例えば、日帰り手術ではなく入院手術の場合は、ベッド代や入院費用が別途発生する可能性があります。
手術の最中に用いる薬品の費用や、白内障の手術が終わってからかける保護メガネの代金などが手術費用に含まれているかどうかも確認しておきたいところです。
生命保険に加入している場合、加入プランによって入院給付金や手術給付金が受給されるかもしれません。
プラン内容によって異なりますので、契約中の生命保険会社に問い合わせてみてはいかがでしょう。

高額医療費の還付対象かも

患者さんによっては、高額医療費制度により還付金が受け取れる可能性があります。
高額医療費は1か月分の医療費の合計金額から、還付対象であるか否かが決まります。
白内障の手術以外に内科など別の医療機関を受診してかかった医療費や、調剤薬局での代金などが1か月内にあれば合計額を算出してみてください。
高額医療費の還付を受けるためには申請が必要です。
還付される先は国民健康保険・社会保険の場合は所属する組合や社会保険事務所など各保険者・老人保健の場合は市町になります。

高額医療費の還付金額の計算式

高額医療費の還付は、年齢や区分によって金額の計算式が異なります

年齢が69歳以下の患者さんで、標準報酬月額が83万円以上の区分の場合は、還付金額の計算式は252,600円+(総医療-842,000円)×1% で算出できます。
標準報酬月額が53万~79万円の場合は、167,400円+(総医療-558,000円)×1%。
28万~50万円の場合は、80,100円+(総医療-267,000円)×1%。
26万円以下の場合は、57,600円。
住民税非課税世帯の場合は、35,400円です。

年齢が70歳以上の患者さんで、区分が1割または2割負担の場合は、14,000円より超えた金額です。
3割負担の場合は、57,600円より超えた金額となります。
ただし、区分が1割または2割負担の患者さんでも、日帰り入院を含めた入院をした場合は、自己負担金額が57,600円より超えた金額が還付されます。
詳しくは、各市区町村で確認してみてください。

手遅れでなくても早めの受診を

白内障から大事な目を守るには、普段の生活の中で目をできるだけ酷使しないように気をつけ、酷使したら十分な休息を取るなどしていきましょう。
目の定期検診を受けることが大切です。
白内障は病態が進んでしまったとしても、治療を受ければ手遅れではありません。
だからといって油断をすることはできず、別の疾患と併発する危険性も考えられます。
検診の時期でなくても目の調子に違和感がでたときには、早めに診察を受け適切な治療を受けるように心掛けてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク