ある程度の年齢になったら、緑内障が心配になるのではないでしょうか。
緑内障は初期症状が自覚しにくいことから、気が付いたときにはすでに進行しているケースもあると耳にすることがあります。
そんな緑内障はどのような症状があったら自覚することができるのか、治療法や手術にはどんなものがあるのか、そもそも発症の原因な何なのかなどを本ページでご紹介していきます。
緑内障と一言で言ってもさまざまな種類がありますので、参考にしていただければ幸いです。

緑内障の発症原因や種類

緑内障とは眼圧が上昇することが原因で視神経が妨げられ、視界が狭くなったり一部が見えなくなる疾患です。
緑内障は必ずしも眼圧が高くなっているとは限らず、正常値でも発症する患者さんは正常眼圧緑内障と診断されます。
現在日本人の緑内障患者で一番多いのが、正常眼圧緑内障です。
正常眼圧緑内障の発症原因はまだ解明されきれておらず、遺伝・視神経の血流障害・眼圧への視神経の抵抗力の弱さなど複数の説があります。

たいていは症状がある程度まで進まなければ自覚できないことから、視野・眼底・眼圧などの検査を受けたときに初めて緑内障が発覚する方が多くいます。
視野や視力がひとたび失われてしまうと現状ではそれらを取り戻す手術や薬がまだ開発されていないため、回復させることはできないと考えられています。
緑内障の発症を予防するためには、検査を受けて目の健康状態を定期的にチェックすることです。
早期発見して、視力や視界の障害がこれ以上進まないように抑制させる治療が大切になります。
日本で実施された疫学調査の報告によると、40歳以上の国民の20名に1名、つまり5%が緑内障を発症しているということです。

緑内障とかかわりの大きい眼圧とは

視神経が妨げられる一つの原因として、眼球内圧力(眼圧)の上昇があります。
眼圧が上昇すると緑内障につながるのですが、そもそも眼圧とはどんなものなのでしょう。

眼をまぶたの外側からやさしく触れると、まるで風船に似た弾力が感じられます。
この弾力性は、眼の内部にある房水(ぼうすい)と呼ばれる液体によるものです。
房水は一定の圧力をキープしながら眼の内部を巡っており、房水で生じた眼球内部の圧力が眼圧ということになります。
房水はいつも毛様体で生成され、眼球内部を巡ったのちに隅角の線維柱帯(せんいちゅうたい)と呼ばれるところから排出されています。
しかし、線維柱帯がなにかをきっかけに機能が鈍くなったり詰まってしまうと、外へ出ていけない房水が眼球内部に溜まってしまうので、眼圧が高くなってしまい緑内障へとつながっていきます。

緑内障の種類

緑内障は主に3タイプがあり、それぞれが2種類などに複数に枝分かれしているため、全部で以下の種類があります。

  • 原発緑内障 ── 明確な発症原因が特定できない
    種類:開放隅角(かいほうぐうかく)緑内障・閉塞(へいそく)隅角緑内障
  • 続発緑内障 ── 別の病気のあとに発症する
    種類:開放隅角緑内障・閉塞隅角緑内障
  • 発達緑内障 ── 先天的に隅角の異常を持っていることが原因
    種類:早発型・遅発型

さらに原発開放隅角緑内障は、正常眼圧緑内障・(狭い意味での)原発開放隅角緑内障に分類されます。
○正常眼圧緑内障は、眼圧が20mmHg以下で正常範囲である状態。
○狭い意味での原発開放隅角緑内障は。眼圧が20mmHgより高い状態。

これほどの種類がある中で、実際に患者さんの9割以上が発症しているのは原発緑内障です。
緑内障といえば、一般的に原発緑内障のことを指します。
原発緑内障は2種類ありますが、性別に関わらず年齢が40歳以上の世代で最多となるのが原発開放隅角緑内障です。
広い意味での原発開放隅角緑内障は、より一層房水の出口である排出路(網目状になっている線維柱帯のこと)の目詰まりで発症する緑内障です。

原発閉塞隅角緑内障は、隅角が狭いことからふさがりやすく、それによって眼圧が高くなり生じる緑内障のことです。
原発閉塞隅角緑内障に絞り込むと、患者さんは遠視の方や60歳以上の女性が多い傾向がみられます。
年齢を重ねるにつれて水晶体に厚みが増すことから、隅角がより一層狭くなります。
なにかの仕組みにより隅角が完全に閉ざされ、嘔気・頭痛・霧視・眼痛などといった急性発作が生じやすいリスクがあります。

緑内障の症状


引用元: 視力ケアセンター(https://www.shiryoku15.jp)

緑内障の症状は、見えない部分が徐々に広がっていくというものです。
左右どちらかの眼が緑内障にかかっている場合、もう一方が見えないことを補ってしまうため、初期症状程度では自覚して発見できない方が多いものです。
緑内障の中でも慢性タイプの場合、進行にとても時間がかかることから、患者さんご本人が異常を自覚するまで数十年かかるケースもあるほどです。

緑内障の患者さんは、どのように見えているのでしょう。
緑内障を発症している方の目だけで見た場合、初期段階では視界の中心部分より上方もしくは下方、鼻の付近などが弓状にポッカリと見えなくなります。
たいていの方は、こうした初期症状で自覚することがありません。
初期段階で緑内障の治療を始めることができる人は、視野検査を受けていて発見された方です。

初期段階を過ぎて病状が中期に入ると、見えない範囲が以前より広がっています。
視野の中央あたりのうち見えない部分が1/4くらいに達すると、ご本人が異常に気が付くようになります。
中期を過ぎ後期に突入すると、見える範囲より見えない部分の方が広くなってきます。
見え方は、まるで外の景色を筒から覗き込んでいるようなイメージです。
いつも通りに歩行しているのに、物や人にぶつかってしまう回数が増えます。
ここまで病状が進行していても、もう一方の目が健康であると自覚できないことも少なくありません。

緑内障の治療

緑内障と診断されたら、患者さんの症状に応じた治療が開始されます。

緑内障は完治するのか

緑内障は、そもそも治療を受けることで完治する病気なのでしょうか。
ひとたび視野が欠けてしまうと、現段階では改善することができないとされています。
ただ、発見できたときに治療をスタートさせれば、進行させずにその状態をキープすることは可能です。
適切な治療を受けることで、現状の視界の広さを守っていきましょう。

緑内障の治療内容

視神経は、1mmHgでも眼圧を低下させることができれば障害を先延ばしすることが可能だと解明されています。
ですから、眼圧を低下させる点眼薬の処方によって治療をしていきます。
では、眼圧が低下していないのに発症する正常眼圧緑内障の患者さんはどのような治療を受ければいいのかという疑問が湧いてきます。
正常眼圧緑内障は日本人に多い緑内障の種類ですが、この場合も眼圧を低下させる治療法が症状の進行抑制に効果を発揮します。

患者さんの進行具合によっては、現状よりも眼圧を下げることが困難なケースもないわけではありません。
その場合は、眼の血流を増やす作用や視神経を守る働きを併せ持った内服薬や目薬によって治療が行われます。
これらは、眼球内部の巡りを改善させたり、視神経の障害を抑制するために行われる処置です。

目薬の禁忌事項

緑内障の治療で目薬を使用するときには、以下の禁忌事項に注意をしてください。

  1. 医師の診断を受けて処方された目薬や、薬剤師から直接購入した点眼薬でも、使用を開始して眼に異常を感じたときには使用を中断してください。
    眼の異常とは、充血する・腫れる・痛む・ひどいかゆみが生じるなどです。
    目薬の使用を止めたら、速やかに医師や薬剤師に相談しましょう。
  2. 緑内障の治療が終了して治ったあとは、使用期限にまだ日があるとしても処分してください。
  3. 同じ緑内障の患者さんがいても、目の安全のために他人に自分の目薬を貸与してはいけません。
  4. 別の容器に移し替えることはしないでください。
    薬剤としての品質が損なわれますし、誤用を招く原因になります。
  5. 目薬のパッケージに使用期限が印字されていますが、これは開封していない状態での期限です。
    開封をしてから1か月を過ぎたら、使用を中止してください。
    まだ開封して1か月未満だという場合でも、目薬が濁るなどの異変が生じていたら使用を中断しましょう。

開放隅角緑内障の治療

開放隅角緑内障は慢性タイプであり、緑内障が原因で視神経が減少すると、再び修復されることはないといわれています。
開放隅角緑内障だとわかったときに、視神経がこれ以上減少しないようにすることが治療の目的です。
眼圧を今より低下させることができれば視野をキープしやすくなる(視神経が減少しづらくなる)と解明されていますので、目薬などを使用して眼圧を低下する治療が行われます。

一般的に10~20mmHgが眼圧の正常な数値ですが、隅角緑内障の治療ではこの範囲内に眼圧が維持できていればいいということではありません。
患者さんの治療開始前のベースライン眼圧を計測しておき、治療を実施することによってどのくらい低下させられるかが重要となります。
正常眼圧でも眼圧を低下させなければいけない理由は、視神経を減少させないことが必要だからです。

目薬による開放隅角緑内障の治し方

開放隅角緑内障の治療で最初に実施されるのは、目薬を用いて眼圧を低下させることです。
アルファ2受容体刺激薬・炭酸脱水酵素阻害薬・ベータ受容体遮断薬・プロスタグランジン関連薬など、いろいろな点眼薬が眼圧低下のために有効です。
点眼薬の効き目は、患者さんによって個人差があります。
最初に処方されるのはプロスタグランジン関連薬などで、経過をみながらその人に適した点眼薬に調整されていきます。
どのくらいの眼圧低下を達成できているか、副作用が生じていないかが経過観察のポイントです。
あっていないと判断されれば他の点眼薬に切り替えたり、他の点眼薬を併用することになったりします。

手術による開放隅角緑内障の治し方

患者さんに適した点眼薬へ処方の調整が繰り返されても眼圧が低下されないときや、眼圧の数値を低下させることができたとしても、視野障害などが止まらないならさらに眼圧を低下させるべきです。
そうなったら手術や隅角光凝固術と呼ばれるレーザー治療に移行されるケースもあります。

緑内障の手術は線維柱帯切開術という房水から排出する線維柱帯を開く手術や、線維柱帯切除術という房水の出口を他に作る手術があります。
手術を受ければ眼圧を低下させられますが、合併症のリスクが高くなりますので、医師から十分な説明を受け、納得できた場合に手術を受けるようにしましょう。

閉塞隅角緑内障の治療

閉塞隅角緑内障だと診断されたら、まず急性発作と呼ばれる眼圧が一気に上昇する異変を防ぐことが大切になります。
急性発作を防ぐには、レーザー虹彩切開術や白内障手術の治療が取られます。
レーザー虹彩切開術とは、虹彩(黒目ないの茶目のこと)にレーザーを照射し、微細な穴を開通させることによって隅角がふさがらないようにする治療です。
白内障手術は薄手の眼内レンズと元からある水晶体とを取り替えますので、隅角を広げることから急性発作の症状が発症しづらくなります。
レーザー虹彩切開術と白内障手術のどちらを受けたとしても、あまり多くはないものの合併症が生じるリスクもありますから、医師と十分に話し合ってから決断することが大切です。

眼圧が正常な人の治療

緑内障の患者さんの中には眼圧が正常値の方いますので、眼圧低下以外にも発症原因があると考えられています
とはいえ、まだ未解明の部分が多い病気なので、現在確実にいえるのは眼圧低下が原因の一つだということです。

この先、栄養を視神経に補うことができる薬剤や、視神経の血行を改善させる薬の開発が期待されていますが、まだ動物実験までの段階です。

支持を守って目薬を点眼しよう

緑内障は初期段階で発見しその時点で治療を開始すれば、視界の狭まり範囲が軽度なうちに進行を抑えることが可能な病気です。
確かに一度失った視界は治療や薬で回復させることができませんが、治療さえ受ければ現在の状態を保つことができます。
初期のうちに自覚できる人は稀ですので、検査を定期的に受けることをおすすめします。
もし、緑内障だと診断されたら医師から処方された目薬を支持に従って点眼し、定期的に受診することが最善策です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク