仕事や人付き合いでビールなどのアルコールをよく飲むという方は、痛風と診断されたり予備軍の心配がでてくるのではないでしょうか。
健康管理はしたいけれど、仕事も人付き合いも自分の都合で拒否できないことが多いですよね。
とはいっても、どんなものが痛風の原因になるかの知識がほんの少しあるだけでも、改善ができたり予防に役立てることは可能です。
特にお酒や痛風を進行させそうな痛風鍋が大好物という方は、ぜひ本ページをこのまま読み進めてみてください。
痛風の原因やダメな食事一覧などをまとめてご紹介していきます。

痛風を発症する原因

痛風とは、尿酸塩結晶という物質が関節の内部に作られることが原因で発症する関節炎のことです。
正常なときの尿酸塩結晶は、血液の中に尿酸として溶けているものです。
ただ、気温が低い環境などで過ごしていることから血液内で尿酸が溶けにくくなると、尿酸が結晶になりやすくなります。
また、ストレス・肥満・アルコールの飲み過ぎ・食べ過ぎなどは、一気に血液内の尿酸濃度をアップさせるので、これらも尿酸の結晶化につながります。
これらの原因から、痛風は発症します。
血液内の尿酸値が高い傾向にある方は、痛風の発症リスクが高いので気を付けてください。

病名が現す痛風という病気

痛風は名前にあるように、風があたっただけでも痛いといわれるほど、痛みの症状が特徴的な病気です。

痛風と高尿酸血症の関係

痛風を発症する患者さんは、その前段階として高尿酸血症の基礎疾患を抱えている方が多い傾向があります。
血液中の尿酸値が7.0mg/dLを上回ると、高尿酸血症と診断されます。

( ※「mg/dl」という単位は馴染みがない人の方が多いでしょうが、血液内に含まれる尿酸の濃さを数値化した尿酸値(または血清尿酸値)と呼ばれる値の単位です。
100ml(1dL)の血液内に入っている尿酸が、何mgかを現しています。)

高尿酸血症の状態のまま改善しないでいると、痛風・尿路結石・心筋梗塞・脳出血・動脈硬化・腎臓機能の低下などいろいろな疾患の合併症リスクにつながりますから注意が必要です。
どうして尿酸値が7.0mg/dL以上になると高尿酸血症と診断されるかというと、血液に尿酸が溶け切ることができる上限の量が7.0mg/dLとされているからです。
7.0mg/dLは目安の一つであり、診断を受ける医療機関によっては必ずしも7.0mg/dLと定めていませんので、絶対的な数値ととらえるのではなく参考程度にしておきましょう。
例えば、独立行政法人国立病院機構水戸医療センターが臨床検査値基準値一覧表で発表している数値によれば、成人男性基準値は3.4~7.8mg/dL、成人女性基準値は2.4~5.6mg/dLとなっています。

プリン体と尿酸のつながり

痛風といえば、プリン体を多く含む食べ物や飲み物が原因でかかる病気というイメージがあります。
プリン体はいろいろな食品が入っていますが、実は人間の細胞内の核酸などにも含有されていることをご存知でしょうか。
人間の体内で生成されるプリン体が全体の約8割、残りの約2割が食品から摂取したものとなります。

肝臓でプリン体は分解され、尿酸が生成されます。
作られた尿酸は血液と一緒に腎臓に送られ、尿として排泄もしくは再吸収されます。
1日に体外へと排泄される尿酸量は一定に維持されているのですが、なにかの原因からバランスが乱れる場合があります。
すると、尿酸が血液内で十分に溶けきれず残るものができてしまい、それは結晶になって高尿酸血症になります。
高尿酸血症が長期的に生成され続けた場合、関節の壁などに結晶になった尿酸が沈着します。
この尿酸がストレス・ハードな運動・暴飲暴食などの原因によって剥がれ落ちるとき、生じる激痛が痛風の発作です。

痛風による症状

痛風により引き起こされる代表的な急性の症状は、足の親指の付け根部分に強烈な痛みが生じ、赤々と腫れ上がるというものです。
突如として発症した痛風患者の約70%がこれらの症状を抱えていて、尿酸塩結晶が生成されやすい以下の2つが原因だと考えられています。

  • 運動量が多いために酸性化が進みやすい
  • 部位が心臓から遠いので血流が悪く冷えやすい

これらの症状は薬の投与など特に治療を受けなくても、1週間も経たないうちに改善します。

ただ、なんの治療も施さずに放っておけば、痛風が発症する間隔が短くなっていきます
初めのうちは数年のスパンに1度など間隔があいていますが、徐々に狭まっていき、1年に何度も発症するなど頻度が増えていきます。
次第に当初の発症部位だけではなく、別のさまざまな関節にまで発作が生じるようになります。
尿酸塩結晶が耳・手の指・足のつけ根に固体状の成分として分離し現れ、痛みの起きない痛風結節が発症します。
もっと悪化した場合は、尿酸塩結晶が腎臓に付着して腎機能障害を引き起こすことも考えられます。

近年の痛風患者の傾向

国内で痛風を発症する人は少数でしたが、アルコールを飲む量が増えたことや食の欧米化から患者数が増加しました。
痛風患者の男女比は、男性:女性=20:1と男性が圧倒的に多いという傾向があります。
その理由は、女性は分泌されるホルモンの影響から体の外に尿酸が排出されやすいという性質を持っているためです。

30歳以上の男性で痛風を抱えている人の割合は、1%を上回っていると考えられています。
30歳以上の日本人男性に限定した場合、痛風の発症原因である高尿酸血症の患者数を推定すると30%を超えるとみられており、その数字は今も右肩上がりです。

痛風の治療方法

痛風の発作が発症した患者さんへの治療は、コルヒチンやNSAIDsという抗炎症薬によって行われます。
発作がでていないときは、痛風の原因である高尿酸血症を治す処置が施されます。

初めに重要なことは、生活習慣の見直しです。
痛風の前段階である高尿酸血症は、プリン体を豊富に含有した食材を食べることで進行します。
プリン体を豊富に含むものとして代表的なのにはビール・乾物・レバー・魚の干物などがあります。
日本酒・焼酎・ワインなどのアルコールは、プリン体が体の中で分解されるのを促し尿酸を増やします。
これに加えてアルコールが分解されるときに作られる成分が、尿酸が体外へスムーズに排出される邪魔をすることから、高尿酸血症の発症リスクを高めてしまいます。

内臓脂肪が溜まるほど、比例して尿酸が作られやすくなりますので尿酸値がアップします
プリン体の含有量が控えめな食材を用いたメニュー選び・アルコールの摂取量を控えること・運動や食生活の見直しで取り組む肥満解消など、生活習慣を改めることに力を入れていきます。
実践してみて尿酸値が下がらなかったときには、薬物療法という選択肢も視野に入れます。

ダメな食事一覧

近年では痛風鍋がおいしいと話題になり、冬場になるとツイッターなどのSNSで目にする機会が増えました。
痛風鍋の材料はするお店によって異なりますが、あん肝やたらきく、カキ、白子など痛風の人が食事療法で制限される食材がたっぷり入っていることから、痛風鍋というネーミングがつけられているようですね。

プリン体が豊富に含まれている食べ物は、高プリン体食品と呼ばれています。
高プリン体食品といわれる定義は、100gあたりのプリン体の含有量が200mgを超えることです。
主な高プリン体食品はかつお・いわし・えび・白子・レバー・乾物・肉類・魚介類・動物の内臓などです。
これらは痛風と診断された方、または痛風予備軍の方に食べることを控えた方がいい、ダメな食事一覧といえるかもしれません。

ただ、数値上では高プリン体食品といえるものの中にも、痛風の発症原因となる尿酸値にはほぼ差し支えない食べ物もあります。
野菜類・干しシイタケなどのきのこなどです。
痛風の患者さんや予防をしたい方が尿酸値の高い高プリン体食品を食べたいときには、煮たり茹でるなどの調理をされることをおすすめします。
プリン体は水溶性なので、煮たり茹でることで煮汁に流れ出ることから、そのまま食べるよりも体内に入る量を減らすことができるからです。

逆にプリン体が少ない食品

逆にプリン体が少ない食品の定義は、100gあたりのプリン体の含有量が100mgを下回ることです。
具体的な食材は湯豆腐・いくら・チーズ・牛乳・卵などです。

痛風患者が摂りたい食品

痛風の患者さんが積極的に摂るといい食品をご紹介しましょう。

コーヒー


コーヒーを飲むことによって、尿酸値が低下することが解明されています。
血液内の尿酸値に対するコーヒーの影響の研究が行われ、適度な量のコーヒーを飲むことは尿酸値を減らす作用をもたらすので、痛風を発症する可能性が低くなると発表されました。
コーヒーに含有どの成分がいい影響をもたらしているかの解明は、まだ研究段階にあります。
現時点で分かっているのは、それがカフェインではないことです。
痛風対策にコーヒーを飲むのはいいことですが、砂糖を入れ過ぎると逆に症状を進行させることも考えられますので、砂糖なしで飲むようにしましょう。

乳製品・大豆製品


乳製品や大豆製品は植物性のタンパク質であり、コツコツと長期的に摂取することで痛風予防効果があると考えられています。
ぜひ、日々の食生活の中に取り入れるようにしてみてください。

きのこ類・海藻類・野菜類


内臓脂肪が溜まると尿酸値が高くなりますので、メタボリックシンドローム関わり合いが大きいことが解明されています。
ですから、きのこ類・海藻類・野菜類などの食物繊維を豊富に含む食材は毎日でもたくさん食べると痛風改善の効果が発揮されます。
食物繊維は腸内環境を改善させる作用を持っていますから、体内にある余分な脂肪を体外に排出させてくれます。
さらに食物繊維は血糖値が高くなるのを予防し、内臓脂肪が溜まらないよう防ぐ働きを持っています。
これらは、尿酸値へもいい効果が期待できるでしょう。
きのこ類の中でもヒラタケや干しシイタケなどは、確かにプリン体そのものの数値は高いのですが、過剰摂取したところで痛風の発作が発症しにくいことが知られていますから食べても問題ありません。

尿酸値を低下させるには、尿と一緒に尿酸を効率的よく排出させられればいいことになります。
尿酸は、尿がアルカリ性であるほどスムーズに溶けて排出されるという特徴を持っています。
アルカリ性食品である干しシイタケや海藻類などをたくさん食べれば、尿酸のスムーズな排出を促すことが期待できます

痛風患者が避けるべき食品

痛風と診断されたら、以下のものを口にするのは控えた方が安心です。

アルコール

アルコールの性質の一つに、尿と一緒に尿酸が排泄されることを邪魔する働きがあります。
よく市販されているアルコールの中に、プリン体ゼロをうたった製品があります。
プリン体が全く入っていないとしても、アルコールそのものに尿酸の排出を阻害する性質がありますので、できるだけアルコールを飲む量を減らすことが痛風の改善になります。

果糖が入った食べ物

果糖とはハチミツや果実などに含有されている単糖類のことで、清涼飲料水に甘味をつけるために配合される液糖などにも使用されています。
果糖が体の中に入ると尿酸を作るよう促す性質がありますので、痛風対策のためにはできるだけ摂らないようにしたいものです。

果糖の摂り過ぎが心配になるのは、チューハイなどの甘味があるアルコール飲料・缶コーヒー・ジュース類・スムージーなどを飲むことや、たくさんの果物を食べることなどです。
昼間に甘い飲料を頻繁に飲むという方は、特に気を付けてください。

痛風は薬なしで予防・改善ができる病気

痛風がどのような仕組みで発症するのかをこうして知っていくと、生活習慣の見直しがとても大切なことがわかります。
他の疾患と異なり、原因となった生活習慣を改善させていけば薬などの治療を受けなくても治せるということです。
予備軍だと思われる場合は、今からでも原因を改めていけば予防することが可能です。
発症しても治せるならいいと思われるかもしれませんが、実際に痛風を患うと辛い症状が待っています
辛い思いを回避するために、またすでに発症している方は繰り返さないために、できることを一つずつ実践していきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク