たくさん食べているのに痩せ細っていく人を見ると、ただ「太らない体質」なのだと、摂食障害について知らない人は思われるかもしれません。
もし、過食症なら陰で下剤の服用や嘔吐によって排出している可能性があります。
過食症は10代~20代の女性が中心の病気で、拒食症と同じ摂食障害の一つであり、精神的なストレスや悩みごとなどが原因で食べすぎてしまいます。

厚生労働省の発表では低年齢層にも及んでおり、10歳の子供の患者さんも少なくないのが現状です。
本ページでは、過食症とはどのような病気なのかについて原因や治し方などをご紹介します。
どのような特徴があると過食症の疑いがあるのかもまとめましたので、参考になさってみてください。

過食症とは

過食症は神経性大食症とも呼ばれ、拒食症と共に摂食障害の一つです。
過食症は、食欲の自己規制が効かなくなる症状の病気です。
摂食障害は10代や20代の患者が多く、全体の約90%は女性です。
病院で摂食障害の診察を受けている人は、厚生労働省の調べによれば12,000名との推計がでていますが、受診していない潜在患者数は多いとみられています。

過食症の症状

わずかな時間でたくさんの飲食を行うのが過食症ですが、ただのやけ食いや食べすぎとは一線を画しています。
食欲から起因する行動ではなく、「自分は細くなければ醜い」という先入観から生じているところが大きく異なります。

そのため、食べすぎたあとは体重を食べる前の数字に戻そうと吐き出したり、下剤を指定量より多めに飲んだり、食べたことに対してうつ状態になったりなどします。
ひどい日には、食べすぎて吐き出すという行為を何回も繰り返します。
深刻になると、食べることだけでなくアルコールを大量に摂取したり、薬物の乱用をするなどの行為にも及ぶ場合もあります。
同じ摂食障害でも、拒食症の場合は病気にかかる前と比べて大幅に体重が少なくなりますが、過食症の患者さんは食べても体重を増やさないようにするため、極端に体重が変わることはありません

患者さんによっては毎食後のように下剤を飲んだり嘔吐することで食べたものを排出させる方もいますので、体重は個人差があります。
過食症というと患者さんは食べすぎで太っているのではと思われがちかもしれませんが、下剤の使用や嘔吐によって低体重になっている方もいますので、その場合はもう一つの摂食障害である拒食症と同じように合併症を引き起こす心配がでてきます。

過食症にかかる原因

過食症は心理的な原因から、食べることに異常が生じます。
過食症の患者さんは日常の食生活から食べすぎるようになり、自己コントロールができない状態です。

太りたくないので、過食嘔吐したり下剤を服用したりなど、正しくない手段を繰り返し行うようになります。
心理的な原因から引き起こされる病気ですので、治療するためには過食症の原因となっている精神的なストレスや心配ごと、家族関係の要因を取り除くことと、食への異常行動を徐々に元へ戻していくことの両方が必要となります。
いろいろなストレスが発症原因になり得ますが、その解消方法が間違った手段であることが過食症に繋がります。
とはいえ、どのようなプロセスによって病気を患うか、実際のところは明確になっていません。

ストレス以外の摂食障害を引き起こす原因

摂食障害は過食症と拒食症の2種類に分かれ、どちらも正反対の行動として現れる病気です。
ただ、いずれもストレスが原因であることは共通しています。
ストレス以外の原因には、以下のものがあげられます。

遺伝

摂食障害の原因として考えられていることの一つに、遺伝的要素があります。
疾患の発症しやすさに影響を与える遺伝子(罹患感受性遺伝子という)は、同じ摂食障害でも過食症と拒食症でも違いますが、重なる部分もあるといわれています。

家族

過食症などの摂食障害の発症率がアップする要因として、家族が過干渉であること、過保護であること、逆に触れ合いに飢えていることなどがあげられます。
身近な人や家族から取り組んでいるダイエット、プロポーション、食生活について否定されるような意見を投げかけられることも、発症原因になるといわれています。

社会

日本の社会はスリム体型の方がいいという考え方がはびこっており、太ることに抵抗感があるのは否定できません。
この考え方に近年ますます拍車がかかっており、厚生労働省の発表によれば、20歳代女性の平均体重は減少の一途をたどっているとのことです。
本来であれば身長から割り出される標準体重であることが健康面で理想的なのですが、現状は約1割も下回っています。
こうした社会の流れが、過食症患者の増加を後押ししてしまっています。

心理

スリムなプロポーションの方が優れているかのような社会の流れを受けて、若年層を中心に「人から痩せて見られたい」という願望が高まっています。
他人から見た自分の価値はスリムなプロポーションや少ない体重によってはかられ、当人もそれらの要素で自己発信しようとしてしまうことから、体重への意識が過度になるのです。

過食症は不安感やうつ病などから、また拒食症は自分の中にある決まりごとが達成されなくてはならないという強烈なこだわりの性格(強迫性パーソナリティ傾向という)が、病気の発症原因にかかわっています。
他にも、自尊心や自己評価の低さなども引き金になるケースが考えられます。

過食症患者の特徴と照らし合わせてみよう

過食症の患者さんは、以下のような要素が特徴的です。
ご自身や周囲の方の状態と照らし合わせて、過食症の可能性があるかチェックしてみてください。

  • 脱水症状が原因の不整脈をよく引き起こす
  • 下剤を頻繁に服用したり嘔吐を繰り返すなどの行動から、電解質異常が生じてむくみやすくなった
  • (女性限定)月経不順の頻度が増えた
  • 問題行動(薬物を用いたり自殺未遂を起こすなど)がよくある
  • 食後に食べすぎたことへの罪悪感が沸いてきて、よくうつ状態におちいる
  • 人が見ていないところで、隠れて食べる
  • 食後によく無理矢理排泄や嘔吐を行っている
  • 大量の飲食を短い時間のあいだに行う

過食症の治し方

過食症などの摂食障害と診断されたら、暴飲暴食をしないよう指導するだけの治し方では決して効果は現れません。

病院での治療

病院の外来では、いろいろな検査が実施され、家族療法や精神療法、栄養士の栄養指導などが行われます。
症状によっては、内科や婦人科などの治療と並行して進められます。
入院しなければいけないケースは、患者さんに強い希死念慮(きしねんりょ)と呼ばれる自殺願望や抑うつ感がある場合です。

家族関係が発症原因の場合は、食べることに対して毎食家族ともめていては家族との問題解決が困難になってしまうでしょう。
家族とのやり取りに大きなストレスがあるようでしたら、摂食障害の専門家から治療を受けた方がスムーズです。

必要な栄養素

過食症と診断された患者さんで、よく食べたあとに後悔して、下剤を服用することで無理矢理下痢をするという方も少なくありません。
排出したときに同時にたくさんのカリウムが体外へ出ていっていますので、体内では足りない状態です。
カリウム不足は不整脈の発症率を高めてしまいますので、食事によって意識的に摂取するように心掛けてください。
カリウムを豊富に含むバナナ、アボカド、トマトなどを食べて補いましょう。

うつ状態を生じているようでしたら、精神安定作用を持ったナイアシンやビタミンB1などの栄養素を摂ってください。
ナイアシンは鶏ささみ、サバ、カツオなどに。
ビタミンB1は大豆やカレイ、強化米などに含まれています。

病院で行われている過食症の診断基準

医療機関では、以下のICD-10やDSM-IVなどが過食症の診断基準として採用されています。

ICD-10

以下の全ての項目にあてはまったら、ICD-10では過食症だと診断されます。
(ちなみに、一部だけあてはまる場合は「非定型過食症」とみなされます)

  • 病的なまでに太ることに恐れがある。本人の理想体重は、医師が健康を意識して良いと考える発症前の体重よりも大幅に軽い。神経性食思不振症の逸話がしばしば先となり、間隔は何か月~何年にもなる。一時的に生理がなかった、少し体重が減ったなどのあいまいな話もあれば、鮮明な記憶として残っている話もある。
  • 食べて体重を増やしたくないことから、利尿剤・甲状腺末・食欲抑制剤を用いる、大食いをしたあとは極端に食べなくなる、下剤を頻繁に服用する、自己誘発性嘔吐をする、(糖尿病の方はインスリン治療を休む)などの行動が見られる。
  • いつも頭の中は食べることばかりの状態で、食欲旺盛であり、わずかな時間内に大量の食事量を達成した経験談を話したがる。

DSM-IV

以下の全ての項目にあてはまったら、DSM-IVでは過食症だと診断されます。
(ちなみに、一部だけあてはまる場合は「特定不能の摂食障害」とみなされます)

  • 拒食症の逸話内に生じていない。
  • 自分のプロポーションや体重が、自己評価に大きく反映されている。
  • 体重が増えないようにする取り組みと暴食行為が、1週間に少なくとも2度以上ある状態が、3か月以上継続している。
  • 体重が増えないようにハードな運動などに打ち込む、もしくは間違った利尿薬・浣腸剤・下剤の使い方をしている、自己誘発性嘔吐をするなどの行為を繰り返している。
  • 大食いの逸話を何回も話したがる。

※ 最後の項目にある大食いの逸話は、以下2つの特徴がある。

  • 60分以内などのタイムリミットが設けられている中で、ほとんどの挑戦者は時間内に食べきれないくらいたくさんの量を食べきった。
  • その制限時間のあいだ、食べずにいるということができない感覚がある。具体的には、どのメニューをどのくらいの分量口にするかを制御できない、途中で食べる行為を中断できないなどの感覚。

※ DSM-IVでは過食症かそうでないかの診断の他に、非排出型または排出型の2タイプの分類も行われます。

  • 非排出型 ── 間違った利尿薬・浣腸剤・下剤の使い方をしているかどうかに関係なく、過剰に運動に打ち込んだり断食をするなどして体重が増えないようにしている。
  • 排出型 ── 間違った利尿薬・浣腸剤・下剤の使い方をする。定期的に自己誘発性嘔吐をする。

身近な人が過食症か判断する

過食症かどうかを判断したいのは、決してご本人だけではないはずです。
家族やお知り合いなどの様子が近頃変わり、暴飲暴食をしているのに体型が変わらないなどの特徴があるなら、過食症かを判断する以下のポイントをチェックしてみてください。

身体的な異変

  • 疲労感や脱力感があり、筋肉がつる
  • (女性限定で)生理が一定のサイクルで来ない
  • 肌が荒れている
  • 唾液の分泌量が少ないなど、いつも脱水状態にある
  • 唾液腺腫脹から丸顔になった
  • 食べたものを頻繁に嘔吐しているので、吐きだこや虫歯、喉の痛みなどがある
  • 自己誘発性嘔吐をする
  • よく体重が変動する

行動面での異変

  • 気が付くと食べ物がなくなっている
  • 食べ物に大金をはたく、食べ物を万引きする
  • 周囲に対してなんでも秘密にするように変わり、他人と共に過ごしたがらなくなった
  • 運動をたくいん行う
  • 過食する時期と断食する時期がある
  • 浣腸・利尿剤・下剤を頻繁に利用して食べたものを排出する
  • 大食いして吐き出す
  • 食べたあとはよくトイレへ行く

心理的な異変

  • 周囲から孤立しており、自分のことを孤独で無力な存在だと思っている
  • 罪悪感・恥・自己評価の低さ・うつ・心配などを抱えている
  • 気分変動や感情的な行動を取る
  • プロポーションや体重に対する考え方がゆがんでいる
  • 頭にはいつも食べることがある
  • 暴食に対する欲求を抑えられない

まずは病気だと知ることから

ちょうど思春期の10代などの患者さんが多い病気なので、育ち盛りなのだから食べたくなるのは当然だと勘違いしやすい側面があります。
食欲旺盛なだけでなく精神的な要因が引き金になっているなら、摂食障害の過食症という立派な病気ですので治療を行わなければならないことを認識しましょう。

病気だという本人の自覚や周囲に認識が行われることが、改善への第一歩です。
上記でご紹介した過食症患者の特徴と照らし合わせ、疑いがあるなら早めに病院で専門医に相談してください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク