眠りたいのに眠れないという悩みは、多くの現代人が抱えています。
そのような睡眠障害は不眠症や睡眠時無呼吸症候群などいろいろな種類がありますので、ご自身がどのタイプなのか知ることが、適切な治療や改善法に辿り着くための第一歩となります。

本ページでは不眠症の原因や、さまざまな睡眠障害の種類とその治療法などについてご紹介しています。
医療機関で受ける治療法や、自分で治すための方法などもまとめましたので、ぜひ参考になさってみてください。

睡眠障害の主な種類・治療法

睡眠障害と一言でいっても種類がありますが、主に以下の3タイプに分類することができます。

  1. 寝ている間にねぼけたり寝言を言う、しばらく呼吸が止まっている、大きないびきをかく、足がムズムズする、足がピクつくなどの異変が生じる
  2. 朝と夜が逆転してしまうなど、体内時計が乱れて寝るべき時間帯に眠れない
  3. 就寝したいのに睡眠ができない、十分な睡眠時間を確保しているはずなのに日中に眠気が襲う、夜中に何回も起きてしまうなど質の高い睡眠が取れない

これらの他にも、睡眠障害は以下の種類があります。

不眠症

不眠症は睡眠障害の代名詞とも言えるほど代表的で、早朝に起きてしまう、まだ起きなくてもいい時間の夜中に目が覚める、就寝しようと意識すると逆に眠れなくなる、夜なかなか眠れず寝つきが悪いなどの症状があります。
病院ではカウンセリングで行う認知行動療法と薬物治療が並行して行われるなどし、多くの患者さんが改善しています。

睡眠時無呼吸症候群

寝ている間に本人の自覚症状がないまま何回も呼吸が停止したり、大きないびきをかきます。
原因は気道がふさがることで、その結果呼吸が困難になることから深い眠りにつけません。
浅い眠りが続くので、睡眠時間が足りていないことから日中に強烈な睡魔に襲われるなどします。

睡眠時無呼吸症候群は、顎の骨格が小さい方、ぽっちゃり体型の方などがかかりやすい傾向があります。
心血管障害(高血圧など)が発症しやすいというリスクが高まる疾患です。
治療法はいろいろありますので、患者さんの年齢や重症度合い、顎の形、体型などから最適な方法が判断されます。

睡眠時無呼吸症候群とは?

REM睡眠行動障害・寝ている間の異常行動

夜驚症(やきょうしょう・急に起きて大きな声を出すなどの症状)を繰り返す、寝たまま食べ物を口にする、寝言、寝ぼけ、夢の中で異常行動をするなどの症状が現れます。
病気の治療は原因に合った方法が取られますが、年齢層により原因が違う病気なので、患者さんによって異なる対応が取られます。

概日リズム睡眠障害

概日(がいじつ)リズム睡眠障害は、本来であれば勤務先や学校などで過ごす時間に起きていなければいけないものを、生活リズムが乱れることから欠勤や欠席、遅刻につながりかねない病気です。
睡眠相後退症候群などがあり、立ちくらみや倦怠感などの症状が現れます。
主な治療は、体内時計の調整などです。

レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)

夕方から夜にかけて発症するという特徴があり、静かに横たわったり座っていられないほど足がかゆい、痛い、ムズムズする、イライラするなどの症状が現れます。
これらの症状により、深い眠りにつくことができなくなります。
逆にじっとしているより足を動かしていた方が、症状が落ち着きます。
治療法は薬物療法を受けつつ、並行して生活習慣の見直しを進めることでおおむね改善されます。

むずむず足とは?

周期性四肢運動障害

周期性四肢(しし)運動障害は、四肢(両手・両足のこと)の特に足が就寝中に動き、睡眠の質を低下させてしまいます。
夜しっかり眠っていませんので、日中に睡魔に襲われるなどの症状があります。
発症原因がレストレスレッグス症候群に似ていると考えられていることから、同様の治療方法が行われています。

ナルコレプシー

日中の意識がしっかりあるときに、情動脱力発作(カタプレキシー)と呼ばれるビックリしたり怒ったり笑ったりなどの感情が高まることで、支えられなくなるほど脱力するという発作症状はないでしょうか。
情動脱力発作の他にも金縛りにあう、眠りについた直後に頻繁に夢をみるなどの症状があるなら、ナルコレプシーかもしれません。

ナルコレプシーの患者さんは頻繁に居眠りをする、昼間に強い眠気がある、夜就寝していてもしっかり寝れていないなどの特徴があります。
治療は、生活習慣を整えながら処方された薬物を飲むことで進められます。
こうした治療法により、日常生活が問題なく送れるくらいにまで改善できます。

過眠症

不眠症と真逆の過眠症は確かに不眠症ほどたくさんの患者数ではないものの、日本人の約10%はかかっていると考えられている病気です。
睡眠時間はしっかり確保できているにもかかわらず、昼間に強烈な眠気に襲われしょっちゅう居眠りをします。
治療法としては薬物療法を中心とし、患者さんの予定や睡眠不足による影響を踏まえた上で、重症度の診断が精密に実施されます。

その他

睡眠障害は大人ばかりでなく、子供も例外ではありません。
昼間にひどい眠気に悩まされたり、むずむず脚症候群、睡眠時無呼吸症候群、大きないびきをかくなど小児によってさまざまな種類が現れています。

大人は上記にあげた病気の他にも、寝ている間にけいれんをする、唸り声をあげるなどの睡眠障害を抱えた患者さんもいます。

不眠症になる原因

睡眠障害の中でも最も多い不眠症は、どのような原因で発症するのでしょう。

睡眠の仕組み

不眠症を治すには、まず睡眠の仕組みを知ることが大きな助けとなります。
多くの人は、ほとんどが同じ時刻に就寝し起床するという毎日を繰り返しています。
体内時計であるプロセスCと、疲労が蓄積するプロセスSという2種類のシステムによって睡眠は成立しています。

さらに整った体内時計を成り立たせているのは、メラトニンと呼ばれる体内時計ホルモンと、脳の温度を意味する深部体温です。
質の高い睡眠が得られている人は、これらのバランスが整っている状態です。
バランスが乱れてしまうと、不眠症という形で不調が現れます。

眠りにつく少し前くらいから深部体温は低くなり、並行して強烈な睡眠欲が沸いてきます。
深部体温は眠りについてからもさらに下降していき、最も低くなるのは午前2時~3時頃です。
ピークを過ぎると今度は上昇し始め、そうすることによって体が活発に動けるよう備えていきます。
これらの機能が乱れることが、不眠症などの睡眠障害の原因になります。

環境

寝室の環境によっては、窓の外の街頭や周辺の部屋や廊下の光が差し込んだり、外部からの騒音が気になって眠りが妨げられます。
個人差や環境の違いはありますが、寝室の湿度や温度を調整することで、不眠症が改善する患者さんもいます。

崩れた生活リズム

海外旅行から帰宅すると、時差によって生活リズムが崩れやすくなります。
また、夜勤や日勤がある職場に勤務していると、就業時間が昼間と夜間で頻繁に入れ替わることから不眠症の発症につながる場合があります。

刺激物の摂取

食べ物などで刺激物を口にすると、眠れなくなる原因になります。
例えば、ニコチン、カフェイン、アルコールなどが不眠症につながりますので、睡眠障害でお悩みの時期はタバコやお茶、コーヒー、お酒などの摂取は控えるかほどほどにしましょう。

薬の服用

抗ヒスタミン薬を利用している方は、昼間に眠くなりやすくなります。
他にも、以下の薬を服用している患者さんは、薬が原因で不眠症を引き起こす場合があります。
抗結核薬・気管支拡張薬・抗ウイルス薬のインターフェロン・抗パーキンソン病薬・抗うつ薬・抗潰瘍薬・降圧薬・ステロイド・食欲抑制剤・高脂血症治療薬など。

精神疾患

精神疾患とは、不安感などを伴う心の病気のことです。
多くの心の病気の代表的な症状に、不眠症があげられます。
統合失調症・不安障害・うつ病などの精神疾患が代用的です。

身体的な病気

身体的な病気から引き起こされる不眠症は、病気を治療することで自然と不眠症も改善されていきます。
その場合不眠症の治そうとするより、病気の治療を行うことが問題解決になります。
病気のサインとして不眠症の症状がでるのは、以下の病気があげられます。

  • レストレスレッグス症候群(ムズムズ脚症候群)などの睡眠時に生じる異常
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内分泌・代謝疾患の甲状腺や糖尿病、肝機能など
  • 消化器疾患(逆流性食道炎や十二指腸潰瘍、胃など)から引き起こされる嘔吐や下痢、腹痛など
  • アレルギー疾患などによるかゆみ
  • 感染症から発症する発熱
  • 脳腫瘍や脳血管疾患、認知症など
  • 過活動膀胱や膀胱炎、前立腺肥大、腎臓病などが原因の頻尿
  • 喘息、肺炎や気管支炎の呼吸器疾患などから生じる呼吸困難や咳
  • 心筋梗塞や狭心症、高血圧、心臓病などから生じる胸の異変
  • 腰痛や関節痛、頭痛などの痛み

ストレス

睡眠は、緊張状態やストレスによって妨害されます。
性格が生真面目で神経質な方は、そうでない人に比べて強くストレスを感じやすいことから、不眠症を発症しやすい傾向が見られます。

日常生活の中で不眠症を治すには

病院で治療を受けなくても、日常生活の中で不眠症を治すには以下の方法があります。
ご自身が始められそうなものを見つけて、ぜひ取り入れてみてください。

睡眠に向いた環境を整える

睡眠環境は、眠りの質を高めたり逆におびやかしたりします。
寝室の照明や枕、布団、ベッドなど、しっくりこないものがあればいい機会ですので見直しましょう。
物以外でも、改善することで不眠症対策に大きな効果をもたらすものもあります。
室内の湿度や温度は加湿器や除湿器、エアコンなどで簡単に調整できます。
例えば、起床したときに肩や首が凝っているなら、使っている枕が合っていない、またはその日は悪い寝相だったかなどが考えられます。
枕を使って横たわったときに、立っている姿勢に近いことが理想的です。

アロマテラピー

アロマテラピーには、自然治癒力をアップさせる効能があります。
例えば、ラベンダーはアロマでもメジャーな精油の一つで、不安感や緊張を和らげることからリラックスでき、睡眠障害の改善に役立ちます。
ラベンダーの他にもオレンジスイート、マージョラムスイート、カモミールローマンなどのアロマが不眠の症状に効果を発揮します。

ツボ

ツボは、東洋医学から不眠症や睡眠障害にアプローチできる方法です。
就寝前にツボを押して刺激を与えれば、翌朝の寝覚めが早速よくなるかもしれません。
睡眠に効くツボは、全身にいろいろあります。
例えば、失眠(しつみん)は高まった精神を沈めてスムーズな睡眠につなげます。
かかとの真ん中部分にへこんだ部位が失眠のツボですので、刺激を与えてみてください。


引用元: 健康マトリックス(http://kenko.it-lab.com/tsubo.php/93/)

サプリメント

サプリメントはあくまでも食事の補助的な存在で、基本は栄養バランスの取れた食生活を送ることが大切です。
ただ、食事で摂ろうとするとなかなか難しかったり、その栄養素を含んだ食材があまり出回っておらず入手が困難なものなどもありますので、そんなときにサプリメントを見方につけるのもいいのではないでしょうか。

ビタミンB群は直接不眠の症状に作用するサプリメントではないものの、B群内の複数のビタミンがお互いに作用しあうことで、疲労回復や精神安定などの作用が期待できます。
ハーブのバレリアンは日本語でセイヨウカノコソウといい、不安感の緩和や神経の鎮静、自然に眠気を誘うなどの働きをもたらしてくれるサプリです。
セントジョーンズワートもハーブの種類で、日本語でセイヨウオトギリソウといいます。
軽いうつの治療薬としてドイツでは用いられ、気分の落ち込みを和らげたり、セロトニンという神経伝達物質の濃度をアップさせるなどの作用があります。
ただ、授乳中のママや妊婦さんはセントジョーンズワートのサプリメントは飲まないようにしてください。

自分の不眠症・睡眠障害タイプを知ろう

厚生労働省が発表した調査では、睡眠トラブルを抱えている日本人は5人中1人もいるとのことです。
さらに60歳代以上の方に調査対象を絞ると、3人中1人にまで増えます。

不眠症や睡眠障害といっても実に様々な種類があり、それ以上の数の治療や改善方法があることがわかりました。
ご自身に合ったものに対し、まずは自分でできる手段から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク