普段タバコを吸う習慣があり、どうも呼吸をするのが苦しいということはありませんか。
その他にも大気汚染がある環境にいたり、有害物質を吸い込む可能性がある場所で過ごす時間が多くて呼吸がしにくい症状があるとしたら、COPD(慢性閉塞性肺疾患)かもしれません。

COPDはあまり聞きなれない病気かもしれませんが、発症する患者さんの9割以上は喫煙によるものですので、タバコをする方にとっては決して他人ごとではないかもしれません。
本ページではCOPDはどんな原因で発症するのかに始まり、どんな症状が現れ、どのような治療法があるのかなど具体的にご紹介します。

タバコは吸わなくても近くに喫煙者がいれば副流煙を吸い込んでしまいますし、もしかしたら普段長時間過ごしている場所が大気汚染にさらされているかもしれません。
体調の変化からわかる環境問題があるかもしれないという意味でも、ぜひもっとCOPDについて知ってください。

COPDは何の略?

COPDとは慢性閉塞性肺疾患のことで、Chronic(慢性) Obstructive(閉塞性) Pulmonary(肺) Disease(疾患)のアルファベットの頭文字をとって呼ばれています。
これまでにも慢性気管支炎と肺気腫症という病気があり、これらがあわさったのが慢性閉塞性肺疾患です。

COPDにかかる原因

日本では、COPDにかかる原因の9割以上の原因がタバコです。
喫煙以外の発症原因は大気汚染や有害物質で、タバコを吸うという生活習慣が主な原因の病気であることから、COPDは「肺の生活習慣病」の異名を持っています。
日本で慢性閉塞性肺疾患だと診断される患者さんはほぼ、肺気腫症または肺気腫という状況です。

COPDの症状

COPDは慢性的な炎症が肺の組織(肺胞や気管支など)に発症し、肺胞の破壊や気管支のむくみ、たんなどの症状が現れます。


引用元: 新美クリニック(http://www.niimicl.com)

COPDのガイドライン

日本呼吸器学会は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版を編集しています。
その中でCOPDはタバコの煙などの有害物質が原因で発症し、肺が溶けたり壊れること。
徐々に病態が悪化していき、症状が現れて看護を受ける頃にはだいぶ肺が破壊されているケースが多々あること。
破壊されてしまった肺は、再び修復されることがないことなどが書かれています。

有害物質で細気管支炎に

長い期間有害物質が肺を刺激し続けると、細気管支炎という細い気管支を炎症させる症状が現れます。
痰や咳が増えたり気管支の中が細くなることから、空気が通りにくくなってしまいます。

過膨張になる肺

人間の身体にはとても小さなぶどうの房に似た肺胞というものがたくさんあり、その集合体がです。
健康な肺胞はぶどうの房のような形をしていますが、タバコや有害物質などを習慣的に吸い込んでいると、1つの大きな袋のようにくっついてしまいます。
この1つになってしまう病気がCOPDで、こうして肺胞が破壊されてしまうと再び戻ることはありません。

医師による最初の診断で、COPDは過膨張と呼ばれる状態であることが特徴的です。
過膨張は肺が膨らんでしまい、健康な肺と比較してずっと膨張したままです。
横隔膜を肺が押し下げたままになることから、呼吸が苦しいという症状につながります。

合併症リスクはある?

病気というと、合併症のリスクがあるかということも心配なところです。
かぜ症候群にはインフルエンザも含めてさまざまな種類があり、感染原因であるウイルスが鼻水やくしゃみ、咳などから他人にうつされることで発症します。

インフルエンザと普通感冒(かぜ)とは根本的に異なりますので、慢性の呼吸器疾患だと診断されている肺気腫などの患者さんがインフルエンザとの合併症を引き起こすと重症化する可能性が高くなります。
場合によっては肺炎の合併症にまで至り、生命の危機に瀕するケースも考えられます。
インフルエンザの予防接種を受けられるようでしたらワクチンを接種し、先手を打っておきましょう。

喘息でないことを診断

COPDの患者さんが病院の問診で伝える自覚症状がとても喘息に似ていることから、診断では喘息かどうかの判別が行われます。
実施される診断方法は呼吸機能検査、胸部CTスキャン、胸部レントゲン写真などです。

喘息とCOPDの主な違いは、喘息の発作が起きるのは早朝や深夜が多いのに対しCOPDは労作時呼吸困難であること、COPDの患者さんの方が年齢が高めであることなどがあげられます。
呼吸機能検査の結果はどちらも1秒量1秒率下がるところが共通しているものの、喘息のみが気管支拡張剤によって回復するという違いがあります。
レントゲン検査では、COPDは過膨張という診断が下され、喘息はたびたび正常との結果がでます。

COPDの治療

COPDだと医療機関で診断を受けたら、どのような治療が行われるでしょう。
患者さんの状態にあわせて、呼吸リハビリテーション(運動療法、薬物療法など)を続けていきます。

総合的なアプローチ

COPDといえば肺の疾患ですので呼吸することが苦しくなることから、運動能力が低下します。
運動することがままならなくなると生活の質にも影響しますので、そのために医療機関では呼吸リハビリテーションが行われます。
呼吸リハビリテーションとはCOPDの患者さんの生活の質を向上させることを目的としたカリキュラムで、食事による栄養療法や運動療法、薬物療法など総合的なアプローチをすることです。

COPDは日本語で慢性閉塞性肺疾患というだけあって、慢性的な疾患です。
病状が繰り返されていくことから、治療も長く続けていくことになります。
患者さんはセルフマネジメントをすることが求められ、病気と折り合いをつけ、共存していくことが大切です。
疾患があるということは、もしかしたら病気が進行することも考えられますので、体調の変化を感じたときにはどうすれば進行を食い止められるのかということもセルフマネジメントで身に着けていきます。

最重要視される治療は禁煙

治療方法は薬物療法や運動療法などいろいろありますが、最重要視されているのがタバコをやめることです。
COPDだと診断を受けたからもう肺機能が悪いとあきらめることはなく、禁煙させできれば今からでもタバコを吸わない人と同レベルにまで機能を回復させることができます。

保険適用で禁煙治療が受けられるかも

各種保険に加入していていも、治療法によっては保険の適用外であり全額自己負担になることもあります。
禁煙治療は自由診療か健康保険が適用されるか分かれるところで、以下の4項目を全部満たすことができれば保険が適用されますのでぜひチェックしてみてください。

  • 医療機関で禁煙治療が始められる前に用意される、禁煙治療の同意書に同意できる
  • 現在喫煙者であり、すぐにでもタバコをやめたいと思っている
  • 喫煙を続けている年数 × 1日に吸っているタバコの平均本数 = 200以上である
  • ニコチン依存症テスト(下を参照)を行い、合う数が5点以上ある

3つ目の項目は、例えば平均して毎日30本のタバコを20年吸い続けているとしたら、20年 × 30本 = 600 となりますので、200以上ということになります。

4つ目の項目のニコチン依存症テスト(TDS)は、以下をチェックしてください。
このテストは日本呼吸器学会・日本癌学会・日本肺癌学会・日本循環器学会による「禁煙治療のための標準手順書 第5版」です。
設問のうち5点以上があてはまる方は、ニコチン依存症ということになります。

  1. 喫煙できなくなるつき合いや仕事を回避したことがこれまでに何回もありましたか
  2. ご自身でタバコに依存する傾向があると思うことがありましたか
  3. 精神的な問題があり、それが喫煙から引き起こされているという場合、そのことを十分に理解していてもタバコを吸ってしまうことがありましたか
  4. 喫煙が原因で不健康になっているという認識があっても、喫煙してしまうことがありましたか
  5. 重度の病気だと診断された際、喫煙は体に毒だと頭では分かっていても、ついついタバコを吸ってしまうことはありましたか
  6. タバコの数を減少させたり禁煙しようとしている最中に、体重が増えたまたは食欲が増した・手の震え・脈が遅い・胃のむかつき・眠気・頭痛・憂鬱・集中力の低下・落ち着きがなくなった・神経質・イライラのうち、いずれかが当てはまりましたか
  7. 6.の設問で当てはまるものがあった場合、その異変を改善させるようとして、再びタバコに手が伸びることはありますか
  8. タバコの数を減少させたり禁煙しようとしている最中に、喫煙がしたくて仕方がなくなることがありますか
  9. タバコの数を減少させよう、または完全に禁煙しようとしたけれど途中であきらめた経験はありますか
  10. 予定していたタバコの喫煙本数より、実際に吸った本数の方が大幅に多いということがありましたか

禁煙に役立つ薬やグッズ

ニコチン依存症の方は、タバコが単にたしなんでいるものではなく薬物依存症になっていますので、ある程度腰を据えて向き合う覚悟が必要です。
禁煙補助薬というものがありますので、ご自分だけの力でタバコをやめられない場合は、以下のようなニコチンの離脱症状を緩和させる薬やグッズを取り入れてみてはいかがでしょう。

  • 内服薬のバレニクリン ── バレニクリンは、医師の処方箋が必要な内服薬です。
    脳の中にあるニコチン受容体と一緒になることで、タバコを吸ったことで体内に入ったニコチンが受容体と結び付けられることをブロックします。
    ニコチン受容体と体内で結合されなければタバコを吸ったところで満足感が得られませんので、喫煙を遠ざけられるのではないでしょうか。
  • ニコチンガム ── ニコチンガムというニコチンを含有したガムを噛むことで、一定量のニコチンを補給することから、喫煙による離脱症状を緩和させるという製品です。
    ニコチンの摂取量をだんだんと減少させていき、最終的にニコチンガムもタバコもいらなくなります。
  • ニコチンパッチ ── ニコチンパッチもニコチンガムと同様に製品にニコチンが含有されており、貼ることで一定量のニコチンを補給することから離脱症状を緩和させます。
    こちらも最終的には、ニコチンパッチとタバコの両方が不要になります。

COPDの栄養療法

COPDの患者さんは健康な方と比べ、ただ呼吸を行うというそれだけの行為にも多くエネルギーが消費されます。
病気を抱えていますが、むしろ健康な方よりもエネルギーを豊富に蓄えていなければなりません。
とはいえ、食欲低下などの理由からどうしても栄養が足りなくなりやすいので、栄養管理を心掛けた食生活を送ることが大切になります。

痩せ型タイプ

COPDにかかったら、やせ過ぎも太り過ぎもよくありません。
身長に対して適切といわれている体重にするためには、栄養療法や運動療法が効果的です。

痩せ型タイプの患者さん はCOPDが進行して重症化し、息をすることに消費されるエネルギー量が増えることから痩せていったという方が少なくありません。
運動しなくなったり息切れが増えるなどの原因から食欲が低下し、体重が落ちていくという患者さんもいます。
体重が落ちるほど息切れが増しますので、最終的に生命の危機につながるケースも考えられます。

肥満タイプ

肥満タイプの患者さんはまだCOPDが軽症でも、横隔膜を腹部についた脂肪が押し上げますので、その分息切れしやすくなります。
過食に注意することで体型を整え、適切な体重をキープできるようにしていきましょう。

早めの対策で進行を防ごう!

COPDを発症すると、細気管支に炎症が生じたり肺胞が破壊されるなどして肺機能が弱まります。
壊れて変化した肺は元通りに回復させることができないといわれていますが、早期発見することによって進行を食い止めたり合併症を防ぐことなどが可能となります。

インフルエンザとの合併症を引き起こした場合は生命の危機に瀕することも考えられますが、可能であればワクチンを接種することにより予防ができます。
リハビリなどの運動療法や薬物療法で病気の進行を防いだり、治療によって症状を緩和させることもできる病気ですので、症状に思い当たる場合は早めに医療機関を受診しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク