手や足などに深い亀裂が生じ、出血したり炎症を起こしているということはありませんか。もしかしたら、あかぎれになっているかもしれません。
水仕事をする方などに生じやすいあかぎれは、気温が低くなり皮脂や汗の分泌量が減る冬場になることでも生じやすくなりますので、多くの人にとって他人事ではありません。

辛いあかぎれは、ドラッグストアや薬局など身近なお店で買えるハンドクリームや市販薬でかなり改善することが期待できます。
本ページではハンドクリームを購入するときどんな有効成分を配合した製品があかぎれ対策に効果的か、どんな市販薬を選べばいいかなどについてまとめました。
ハンドクリームなどで改善しない場合やどのような場合には病院に行くべきか、受診するならあかぎれの治療は何科になるのかなどもまとめましたのでご参考になれば幸いです。

あかぎれになる原因

あかぎれは、どのような原因で引き起こされるのでしょう。
まず、あかぎれになる部分にはその前にひび割れができます。
ひび割れは気温が下がる冬の寒さの中で手の甲や足などの肌が乾燥し、細かい亀裂が生じるものをいいます。

ひび割れを早く治すことができればいいのですが、なにも治療をせずに放置していると症状が悪化して亀裂が深くなります。
こうして炎症を起こしたものが、あかぎれです。

寒さが増して気温が低下すると、汗や皮脂の分泌量が少なくなっていきます。
肌の状態がこのような季節に寒い日が続いたり水仕事を休めなかったりすることで、肌の表面をカバーしてくれている皮脂がどんどん減ってしまいます。
空気の乾燥も重なることで、あかぎれやひび割れになりやすくなります。

あかぎれの症状


引用元: 第一三共ヘルスケア(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health)

ひび割れは肌の表面が乾燥して亀裂が入ったものですので、水仕事などの手を酷使する作業を行うと強い痛みが走ります。
そんなひび割れが進行したものがあかぎれで、人によっては患部から出血、かゆみ、赤く腫れ上がるなどの症状が現れ、手を使っていないときでも常に痛みがあります。

あかぎれを予防するには

あかぎれにならないよう予防するには、主な発症原因で乾燥と気温の低さに対処することがポイントです。
屋外では手袋を着用し、温めるようにしてください。
水仕事をしたら、ハンドクリームを塗布して保湿を行いましょう。
特に乾燥肌タイプの方は、お風呂に入ったら手足の先端までしっかり体を温めるように心掛けたり、水仕事をするときには手袋をすることなどが効果的です。

セルフケア・病院などあかぎれの治し方

あかぎれが生じている状態でなにも手当てをせずに水仕事を行っていれば、当然症状はひどくなる一方です。
辛いあかぎれから解放されるために、どんなことができるでしょう。

日常生活でできる治し方

自分でできる治し方の一つとして、まず患部に絆創膏を貼り、さらにゴム手袋を着用して直接水がかからない状態を作ると治りやすくなります。

医療機関での治し方

セルフケアを続けていてもどうしてもあかぎれの症状が改善しなければ、医療機関の皮膚科を受診してください。
あかぎれは気温が低いときに生じやすいので、陽気が温かくなってからも治らないという場合には、別の重篤な疾病から引き起こされることも考えられます。
病院の皮膚科で正しい診断を受け、適切な治療を受けてください。

特に糖尿病であり、さらに神経障害の合併症があると診断されている方は要注意です。
あかぎれの患部が化膿すると深刻になることも考えられますから、早めに医師に相談しましょう。

絆創膏で自然治癒力を引き出す

水を扱う仕事や家事などは、どうしても水仕事を長時間行うことから逃げられません。
水に直接触れることがあかぎれを治りにくくしますので、絆創膏で患部をカバーすることができれば回復しやすくなります。

絆創膏にもいろいろな種類が販売されていますが、防水効果が施されたものが理想的です。
例えば、キズパワーパッドならモイストヒーリングが施されていますので、亀裂が生じている患部から分泌される体液をキープすることから、なにもしていない場合よりもスピーディに回復します。
一般的な絆創膏は外部の刺激から傷口を守るのですが、キズパワーパッドは治してくれるところが大きな違いです。

通常、出血した患部が自然治癒するとき、まずはかさぶたができてその後に治っていきます。
キズパワーパッドの場合は、かさぶたになる段階が経ることなく治すことができます。
水仕事をしていると、水が傷口に沁み込むのが辛くて、ついつい患部をかばってしまうことから、普段通りに作業が捗らないということも少なくありません。
キズパワーパッドは水を完全ブロックしてくれますので、普段通りに作業を進めたいときにいいのではないでしょうか。
指の動きにピッタリついてきてくれますので、突っ張る感じが少ないでしょう。

ハンドクリームでの治し方

指先や手の甲などにあかぎれができてしまったら、まず思い浮かぶセルフケアといえばハンドクリームを塗る方法ではないでしょうか。
ハンドクリームなら薬が必要になる前の段階からずっと使えますし、ドラッグストアやスーパーなど身近なお店で手に入りやすいのも魅力です。

あかぎれに効く配合成分

ハンドクリームの成分表示を見てみると、各製品によって多くの有効成分が配合されているのがわかります。
手のケアはあかぎれを目的としているとは限りませんので、製品によってあかぎれ対策に適しているものとそうではないものとあります。
あかぎれの改善に高い効果を発揮するハンドクリームを選ぶには、ビタミンCやEを含んだ製品を選ぶようにしてみてください。

  • ビタミンC ── あかぎれをはじめとして傷の治療に効果的な成分
    皮膚が生まれ変わる機能を整えさせたり、コラーゲンの合成を増加させてくれる
  • ビタミンE ── 末梢の血管へ流れる血液量を増加させ、血管拡張効果をもたらす成分
    これにより指の先端にまで必要な栄養素や血液がしっかり運ばれることから、あかぎれが治りやすくなる

ビタミンCとEの他にも、以下の有効成分が入ったハンドクリームがあかぎれ対策に適しています。

  • ビタミンA ── 粘膜や肌の細胞が正常に分離するのをサポートする
  • ビタミンB2 ── 肌の組織の機能を活発にしたり修復させる
  • グリチルリチン酸 ── 炎症の抑制効果
  • ヘパリン類似物質 ── 炎症の抑制効果
  • クロルヘキシジン ── あかぎれの亀裂が入った部位を消毒・殺菌する
  • パンテノール ── 皮膚細胞が正常に機能するのをサポートする
  • アラントイン ── 亀裂が入った部位の修復をサポートする

ハンドクリームで高い効果を期待するなら、医薬部外品を選ぶのもいいのではないでしょうか。
あかぎれ専用の医薬部外品の軟膏は、ドラッグストアなどで購入することができます。
薬用と表記された製品も同じですので、探してみてください。

あかぎれ対策に不向きな配合成分

よくハンドクリームなどに配合される成分の一つとして、尿素の文字を目にすることがあります。
テレビCMなどでも耳にする機会があることから、どんな肌ケアにも有効そうに思えますが、実はあかぎれ対策には不向きな成分です。

尿素入りのクリームは、乾燥が原因で生じた肌荒れを潤す保湿効果やゴワゴワと硬くなった肌を柔らかくする作用を発揮します。
尿素は皮膚の角質層にあるタンパク質のケラチンを分解する性質を持っているので、配合製品を硬くなったかかとや肘、膝などに塗布すれば、皮膚が柔らかくなります。

このように尿素の性質を見てみると、尿素は乾燥によってできるあかぎれケアにもよさそうな感じがしてしまいます。
しかし、尿素はダメージを受けている皮膚に使用すると強い刺激になってしまうこと、浸透力が高いことから、あかぎれの患部に尿素を塗ると肌の角質層が溶け、逆に負担をかけてしまうのです。
尿素入りハンドクリームを塗ると痛みが生じる可能性が高いので、配合された製品は避けるようにしてください。

予防に効果的な配合成分

まだあかぎれはできていないけれど予防しておきたいという場合、保湿に重点を置いたハンドクリームがおすすめです。
以下の保湿成分があかぎれに有効ですので、成分表示をチェックするときの参考にしてみてください。

  • グリセリン ── 水と融合することで発熱する。吸湿性があり水分をキープする効果を持つ。アルコールの種類で、グリセロースと表記されたものも同じ意味。
  • ワセリン ── 肌の水分が蒸発するのを予防する。肌に油分の膜を張ることで守る。高い純度で石油を精製して作られる。
  • シアバター ── 皮膚を紫外線や乾燥からから保護し、長時間保湿効果を発揮する。植物性油脂で、シアの木になる種子から採取される。
  • セラミド ── 外の刺激から肌を守り、水分を蓄積する。保湿効果を発揮する。皮膚の表皮の角質層内にある成分。
  • ヒアルロン酸 ── 皮膚の弾力性をキープする。高い保湿力を発揮し、バリア機能を支える。軟骨、筋肉、肌を作る主成分。

市販薬でできる治し方

市販薬は病院へ行く時間がないときなど、薬を処方してもらうことが難しいときにとても助かります。

市販薬であかぎれに効果的な成分

市販薬で効き目が感じられないときには医療機関でお医者さんに診てもらう必要がありますが、市販薬を購入する場合には以下の有効成分があかぎれ対策に効果的です。

  • トコフェロール酢酸エステル ── あかぎれをケアする市販薬として、軟膏がおすすめです。
    特に有効成分として、トコフェロール酢酸エステルが配合された軟膏が高い効果を発揮します。
    トコフェロール酢酸エステルはビタミンEであり、血行を促す作用を持っています。
  • アラントイン ── ダメージを受けた肌組織が修復されるのをサポートします。
  • ジフェンヒドラミン ── 抗ヒスタミン薬。ヒスタミンは体の中にある物質で、かゆみの症状を引き起こしますが、抗ヒスタミン薬を用いればヒスタミンの活動を抑制できることから、あかぎれのかゆみが治まります。
  • グリチルレチン酸、グリチルリチン酸ジカリウム ── 赤く炎症した症状を抑える抗炎症効果を発揮します。抗炎症効果があるといっても、ステロイドとは異なる成分です。
  • グリセリン ── 保湿の作用を持っているので、皮膚の潤いをキープします。
  • ワセリン ── 塗布することによって油分の膜が皮膚の表面に張られ、外に水分や潤いを逃がさない効果があります。ワセリンにはヴァセリン、サンホワイト、プロペト、白色ワセリンなどさまざまな種類があり、塗り心地や純度によって少し違いがあります。
  • ヘパリン類似物質 ── 人間の体の中にはヘパリンと呼ばれる物質があり、これと似た働きを持っています。血行を促進したり、保湿効果をアップしたり、肌を乾燥から守るなどの機能を持っている物質です。医療機関で処方される薬品では、ヒルドイドがあります。

お悩み別市販薬の選び方

市販薬を選ぶとき、あかぎれの特にどんな症状を改善させたいのかにポイントを絞ることで、あなたにあった製品に出会いやすくなります。

  • かゆみから解放されたい ── ジフェンヒドラミンなどの抗ヒスタミン薬を配合した市販薬
  • 赤みのある炎症を改善したい ── グリチルレチン酸やグリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症効果を持った市販薬
  • 肌の乾燥をなんとかしたい ── ヘパリン類似物質や肌の保護効果という意味でもワセリンなどを配合した市販薬

水仕事中はゴム手袋で保護を

あかぎれは、ハンドクリームや市販薬でかなり改善させることができます。
ただ、気候が温かくなってからも症状がよくならない場合や糖尿病で神経障害の合併症がある方などは、医療機関で適切な治療を受けてください。
ハンドクリームや市販薬でケアをしつつ、並行して症状を悪化させない工夫をすることも大切です。

水仕事をするときは、素手で作業をした方がなにかと効率的です。
しかし、あかぎれを治すには、水仕事をするときにゴム手袋を着用して直接水に触れないようにすると飛躍的に症状が回復しますので、深く入った亀裂がふさがるまでだけでもゴム手袋をすることをおすすめします。
作業の合間にできるだけ小マメに保湿をし、セルフケアをしても効果がでなければ、皮膚科で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク