赤ちゃんの顔や耳の皮膚、頭皮などが腫れて赤く、ジクジクとした症状を起こしているということはありませんか。
小児期から大人にかけては現れる症状が変化し、乾燥して硬くカサカサになっているとしたら、アトピー性皮膚炎かもしれません。

アトピー性皮膚炎は肌がアレルギーに過剰に反応し、繰り返し湿疹性の炎症が現れる疾患です。
一昔前まではアトピー性皮膚炎というと、「治せない病気」という認識が少なからずありました。
副腎機能や自律神経、心の安定度、細菌感染などトータルで診察をし、個別の治療を行う取り組みで、改善や症状が現れなくなるまでになっています。

本ページではアトピー性皮膚炎の原因や症状、日常生活の中で誰でも簡単に始められる予防方法などについてご紹介します。
患者さんご本人はもちろんのこと、お子さんなどご家族でアトピー性皮膚炎の悩みを抱えている方にとって、改善の一助になれば幸いです。

アトピー性皮膚炎を引き起こす原因

アトピー性皮膚炎は、どんな原因で発症するのでしょうか。

遺伝や体質

現在やこれまでにアレルギー疾患(気管支喘息や食品アレルギーなど)だと診断されたことがあったり、アレルギー体質のご家族がいる方は、アトピー性皮膚炎の発症リスクが高いといえます。
赤ちゃんは一定の食材に対し、年齢が2歳を超えてからはダニがアトピー性皮膚炎の原因物質となるケースがあります。
原因物質を日常生活の中から排除するようにしていけば、次第に症状が緩和していきます。

ストレス

精神的に緊張状態や不安などの負担がかかると、ストレスになるものです。
ストレスを晴らすことができずに溜め込んでしまうと、自律神経のバランスが崩れたり、ホルモンの分泌に異変が起きてアレルギー反応が生じやすくなるといわれています。

肌質

肌タイプは人によってさまざまで、オイリー肌や乾燥肌、混合肌などに分かれます。
敏感肌の方は肌を守ってくれるバリア機能が低下していますし、乾燥肌の方はこれから低下する可能性が高い状態です。
アトピー性皮膚炎の原因物質があると、敏感肌や乾燥肌の方は肌の奥まで入り込んでしまいやすいので、アレルギー反応を起こして湿疹やかゆみなどの症状が進みがちになります。

アトピー性皮膚炎の症状

以下のような症状が現れたら、アトピー性皮膚炎の可能性が高いといえます。

年齢によって異なる症状


引用元: ここカラダ(https://www.cocokarada.jp/)

アトピー性皮膚炎の発症時期は、多くの患者さんが乳幼児期です。
ジクジクとして赤みを帯びた湿疹が顔、耳、頭部などに生じます。
耳の付け根部分が切れてしまう患者さんもいます。

幼児から学童期に入ると、アトピー性皮膚炎の症状はジクジクしたものではなくなり、逆に肌が全体的に乾燥します。
これまでは湿疹が顔や耳、頭部などに限られていましたが、この年齢になると腹、胸、背中、首、肘、膝の内側などにも見られるようになります。

思春期から成人期に突入すると、アトピー性皮膚炎の症状が慢性化、さらに重症化する方が多くなります。
湿疹の現れる場所が全身になり、肌質も変わってきます。
色素がなくなる、色素がなくなるどころか赤褐色になる、厚みのある苔のような状態になるなどの症状が現れます。

症状がひどくなると

湿疹の症状が現れるのですが、ひどくなるときと、症状が落ち着いて過ごしやすいときの波があります。
本当に症状がひどいときは、眠れなくなるほどです。

ガマンできずに掻いてしまうと出血し、その部位が化膿してしまう場合もあります。
その化膿が周辺にも広がってしまうまでに達すると、痛みも伴います。
アトピー性皮膚炎のほとんどの湿疹は、左右対称に発生する性質があります。

症状をひどくさせる原因

アトピー性皮膚炎の症状がひどくなってしまう原因は、一言で言うと「肌に刺激を加えるもの」です。
肌を掻きむしってしまうこと、ヘアケア製品や化粧品に配合される成分、強い刺激のシャンプーや石鹸、乾燥、紫外線、汚れ、汗、暖房器からの風、チクチクする素材の衣料品などがあげられます。

アトピー性皮膚炎は治る?

アトピー性皮膚炎というと、「治せない」「わからない」「実態が究明しきれていない」病気という認識を持たれている方も少なくありません。
名古屋市名東区にある久徳クリニックの久徳重盛医師によれば、総合根本療法で完治は可能だということです。

まず総合根本療法は、アトピー性皮膚炎という病気を成り立たせている仕組みを全体的に知ることから始まります。
患者さん一人ひとり別々の治療方針を提案し、治療にあたるのだということです。
治療を行っていき症状が軽減した、または消えたあとでも、今後再発することを回避するためのアフター・ケアまで行われているとのことです。

久徳医師は、身体のバランスを維持する副腎機能や自律神経が悪化し、心の不安定さや、水遊びなどが十分に行われなくなったなどの環境条件の問題が乾燥した肌を作ってしまい、そこへ細菌感染などが重なったことが原因でアトピー性皮膚炎は発生していと指摘します。
アトピー性皮膚炎の完治をあきらめていた患者さんやご家族にとって、希望となる療法ではないでしょうか。

自分で簡単に始められる予防方法

日常生活の中で誰でも簡単に始められる予防方法はいろいろあります。
すぐに全部はできなくても、できそうなことから一つずつ始めてみてください。

症状がひどくなる食事

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって、食事は肌の健康状態に大きくかかわることです。
自分のアレルギー原因物質が判明している場合は、食事を作るときに食材に入れなければいいのですが、知らない場合はまず医療機関で検査をして調べてもらうことをおすすめします。

特に成長期である子供の患者さんの場合、アレルゲンと思われる食品を専門知識を持たないまま推測で除去していると、身体を作るために必要な栄養素が十分に摂れていないということにもなりかねません。
医師に相談をして、食事時の適切なアドバイスを受けましょう。

レストランなどで外食をするとき、メニューを見てアレルゲンの食材を使用していないものを選ぶのは基本ですが、念のため確認すべきことがあります。
というのは、別のメニューを作った調理器具を使ってそのまま他のものも作っているとしたら、前のメニューの中にアレルゲンが含まれている可能性があるからです。
アレルギーの原因物質成分が少しでも残っていれば、皮膚は反応してしまうことも考えられます。
お店の方に事情を説明して対応してもらうか、使い回しされていないか聞いてみてください。

着る物選び

肌に直接触れるインナーや靴下などの衣類は、素材によっては刺激となってしまいます。
ハイネックのデザインのトップスは首回りがチクチクしやすいので、素材の肌触りやデザインが合わない商品を選んでしまわないよう気を付けてください。
ウール製品は肌に刺激になることがありますので、インナーや靴下には選ばない方が無難です。

肌の水分キープで乾燥対策

肌が乾燥しやすいことは、アトピー性皮膚炎の症状の一つです。
乾いていると、肌の健康を守ってくれるバリア機能が弱ってしまいます。
乾燥対策には、肌の水分をキープすることがポイントです。
入浴後や朝顔を洗ったあとなどは水分が蒸発しやすいですから、できるだけ早く化粧水を塗布し、その上から保湿剤で水分が逃げないようにカバーしてください。

原因物質の小マメな洗浄

日常生活を送っている中で、いつの間にか細菌や汚れ、汗、原因物質などが付着してしまいます。
塗り薬を使用していて、古い成分が洗い残されそのまま付着しているということも考えられます。

これらはもちろん肌によくありませんので、1日に1回はシャワーやお風呂に入ることでしっかり落とし、清潔な状態にリセットしましょう。
シーズや洋服もできるだけ小マメに洗い、清潔さをキープしたいものです。

洗浄するときの注意点として、あまりにもしっかり洗い流そうとするあまり、つい手に力が入ってゴシゴシ洗いをしてしまうことがあります。
洗い方が肌に刺激となったり負担をかけてしまうことは避けたいので、タオルなどで洗うというよりは泡で洗うくらいの意識を持ち、やさしく洗うように心がけてください。
洗う前にはシャンプーや石鹸などを十分に泡立て、手のひらを使ってやさしい力で洗いましょう。

ダニ対策を入念に

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって、ダニは大敵です。
ダニが繁殖しないようにするため、部屋は換気を心掛け、小マメに掃除をしていきたいところです。

動物が好きな方はペットを飼っているかもしれませんが、アトピー性皮膚炎にとってペットが原因物質になる場合があります。
ペットを飼うとしたら、家の外で飼える動物が理想的です。
ソファやカーペットの清掃をしっかり行ったり、室外での布団干しを1週間に1回は行うことをおすすめします。


引用元: maruho(https://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/medication/)

アトピー性皮膚炎の薬物療法

アトピー性皮膚炎を完治させようとすると、ある程度腰を据えて改善に取り組む必要がありますが、適切なケア方法を守ることで早い段階から湿疹のでない状態まで落ち着かせることができます。

ステロイド外用薬が一般的な治療

アトピー性皮膚炎における薬物療法が目指すのは、肌の炎症を抑制させることです。
そのために使用されるお薬は、塗り薬のステロイド外用薬です。

そもそもステロイドとは、人間の体内で生成されているホルモンの一種です。
副腎と呼ばれる臓器が腎臓の上にあり、ここでステロイドが作られています。
ステロイドには、痒みや湿疹ができる肌の炎症を抑制させるという性質があります。
ステロイド外用薬はこのステロイドと似た働きを持っているので、患者さんの肌の状態に応じて治療に用いられています。

ステロイド外用薬の安全性

飲み薬とは異なり、ステロイド外用薬は全身に影響を及ぼすものではありません。
医師の指示を守り正しく使用すれば、安全に治療に専念することができます。

一方飲み薬の場合は、特にアトピー性皮膚炎の患者さんが多い子供には投与されることはほとんどありません。
アトピー性皮膚炎は長い期間をかけてじっくり取り組むことが多い疾患で、飲み薬を長期的に服用し続けた場合副作用がでる心配があるからです。

ステロイドの飲み薬には、以下の副作用が考えられます。

  • 白内障
  • 満月様顔貌(まんげつようがんぼう)
  • 全身が毛深くなる
  • 感染症の発症リスクが高まる
  • 身長が伸びなくなる

基本的に子供の患者さんには、大人の患者さんに用いられる場合よりステロイド外用薬を弱めにしてあります。
ただ、あまりにも弱過ぎた場合、治りが悪くなるということもあり、そのときには通常のステロイドが用いられます。

同じ方法を続けていたところで、アトピー性皮膚炎の湿疹を抑えることができず、長い期間させてしまうことになりかねません。
それを避け肌の炎症を早く抑えるために、症状に合わせた適量のステロイド外用薬が使用されることがあります。

効き目が強力な外用薬は心配?

効き目が強力な外用薬は、長い間塗り続けると肌が薄くなってしまうなどの性質を持っています。
ただ、薄くなってしまったとしても、中止をして1カ月前後もすれば多くの方は元通りに回復します。

アトピー性皮膚炎の患者さんが乳幼児の場合特に心配されるでしょうが、むしろ成人している大人よりも乳幼児の方が副作用が少ないものです。
場合によってはニキビや毛のうなどが生じるケースがあるものの、その場合でも外用薬の使用を中断することで回復します。

早い段階から炎症は抑えられる

アトピー性皮膚炎は、遺伝や体質、ストレス、肌質などの原因から引き起こされます。
発症する年齢によって生じる症状はさまざまです。
アレルゲンを含んだ食事を避け、ダニ対策として掃除を徹底することなどが、自分でできるアトピー性皮膚炎対策となります。

食事に気を使ったり、生活環境の掃除を徹底したり、適切な薬物療法を根気よく続けることなどをしていけば、肌を守ってくれるバリア機能を正常に近づけることができます。
完治を短期間でするのは難しいかもしれませんが、時間がかかるとはいっても、掃除など自分でできることを行い、さらに薬物療法を実践することで、早い段階から辛い炎症を抑えることは可能です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク