寒い季節になると、体温を逃がさないために自律神経が血管を収縮させる働きをします。
気温が4~5度、1日の寒暖差が10度を超えると、手や足の指などの末梢を中心にできやすくなるのがしもやけです。
秋の終わりから冬の始まり、冬の終わりから春の始まりにできやすいしもやけは、人間の身体が健康な状態を守るために自然と行う働きが、冬の寒さによって血行を悪化させることで生じます。

そんなしもやけ対策には、血行を促進したりお肌を保湿する方法が効果的です。
マッサージをしたり、肌の保護をすることもしもやけ改善につながります。
自分で今日からできるしもやけの具体的な治し方や、しもやけに効く有効成分、薬を選ぶときのポイントなどもご紹介します。

しもやけの症状

しもやけは凍瘡(とうそう)とも呼ばれ、冷気に触れやすい末梢部分に生じます。
そのことから頬や鼻の頭、耳たぶ、手、かかと、足の指などにできやすいところが特徴的です。
しもやけができるとかゆみが生じたり、痛痒くなったり、赤紫色に変わったり、ジンジンと皮膚が熱を持ったようになったり、赤く盛り上がったりなどの症状が現れます。

重症になると血が出ることもありますし、できた水泡が破れたりなどします。
「かゆい」症状が、悪化によって「痛い」に変わるほどです。

寒い季節に入ると、温度差などの原因によってしもやけはできます。
同じ冬場にできる手荒れでも、あかぎれの場合は空気の乾燥で引き起こされるのに対し、しもやけは温度差によって発症します。

しもやけ対策として、最も効果的なのが温めることです。
かゆくない状態であっても温めると急激にかゆくなりますが、これは血行がよくなっている証拠です。
お手入れの途中はぐっとガマンをして乗り切れば、症状が大幅に改善されるでしょう。

しもやけかチェックしてみよう

以下の6項目のうち、1つでも当てはまるものがあればしもやけになっているか、しもやけ予備軍です。
ぜひ、チェックしてみてください。

  • 湯船につかって温まると、手や足などの末端が痛痒くなる
  • 手や足の指の関節が腫れ上がり、赤紫色になっている
  • 耳たぶに冷気に触れると、痛くてジンジンする
  • 手や足で発汗がある
  • 手や足が常に冷えている
  • 家族にしもやけになった経験がある人がいる

しもやけができる原因は温度差

体には寒くなったり暑くなったりと外の気温が変化するたびに、自然に体温調節をして健康な状態をキープする機能が備わっています。
寒いと感じたら、自律神経をつかさどっている脳の視床下部へと情報が送られ、体内の熱を逃がさないよう血管を収縮させます。

血管が収縮すると、血流が低下して肌の表面の温度が低くなります。
そうすることにより、体内の温度が外に逃げにくくなるためです。

季節の移り変わりによるしもやけ

真夏の暑い時期はこの反対で、血管が拡張され血流が増すことにより肌表面の温度が高くなります。
高くなった肌からは発汗するなど、体内の熱を効率的に逃がすことができるのです。

季節の変わり目など温度差が大きくなるシーズンには、肌に暖かさと寒さの両極端の刺激が加わり、頻繁に入れ替わることでそのたびに血管の収縮と拡張をしなければなりません。
あまりにも繰り返すことから、血液循環がうまくいかなくなるのがしもやけです。
特にしもやけが生じやすいのは、血液循環のコントロールが難しい手や足の指といった末梢部分です。

赤く腫れたしもやけに悩まされ、かゆくて辛い思いをするのは寒い真冬のイメージがあるかもしれませんが、このようにしもやけができる原因は寒暖差ですので、秋から冬、冬から春といった季節の変わり目ということになります。

水仕事や発汗後も要注意

手や足の皮膚の表面に温度差が大きくなり、血管の収縮が追い付かなくなるのは、季節による寒暖差だけではありません。
汗や水など皮膚の表面に付着した水分は、蒸発するときに皮膚の表面の熱を奪う性質(気化熱)があります。

手を洗ってタオルで水分を拭き取らずにそのままでいたり、汗をかいても着替えないでいると、気化熱で皮膚表面の熱が奪われるので、しもやけができる条件が整ってしまうのです。
季節の変わり目でなくてもしもやけの症状ができたとしたら、手を洗ったあとや発汗後にはタオルで水分を拭き取る習慣を付けましょう。

2種類あるしもやけのタイプ

しもやけには、主に多形紅斑型(たけいこうはんがた)と樽柿型(たるがきがた)の2種類があります。

  • 多形紅斑型はしこりや水泡、赤い円形をした発疹などの症状が特徴的で、比較的大人に多いしもやけです。


    引用元: 第一三共ヘルスケア(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/40_simoyake/index1.html)

  • 一方の樽柿型は柿が熟れているかのように真っ赤に腫れあがり、子供の手足にできる傾向があります。


    引用元: 第一三共ヘルスケア(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/40_simoyake/index1.html)

しもやけの予防方法

しもやけで辛い思いをする前に、予防に努めることでしもやけにならずにすめばそれが一番です。
しもやけ予防のキーワードは、血行促進と保温だといえます。

体を冷えから守ろう

空気が冷たい季節に入ったら、皮膚が冷気にさらされないよう、出かけるときには厚手のウールの靴下を履いたり、耳あてや手袋、帽子などを着用することをおすすめします。
特に頬や耳、手、足の防寒対策に力を入れるようにしてください。
予防に取り組めば、一般的には1週間程度で自然治癒できるといわれています。

外から身を守るだけでなく、体内から体を温めることもしもやけ対策に効果的です。
ホットドリンクを飲んだり、体が芯から温まるメニューを積極的に選ぶようにしましょう。
帰宅したら、シャワーで済ませずに湯船に入って、芯からじっくり温まるようにしたいものです。

手や足が濡れたり、汗をかいたあとには、水分を拭き取らずに放置しておくと、水分が蒸発するときに体を冷やすので、しもやけができる原因になります。
たいしたことないと自然乾燥をさせてしまいがちですが、しもやけは温度差で生じることから、特にしもやけができやすい体質の方は注意が必要です。
手を洗ったり水仕事をしたあとはタオルで拭き取ることを忘れずに、発汗したら靴下や手袋を取り換えることを心掛けましょう。

真冬など外出先から帰宅したとき、急に暖かい室内に入ることで温度差が生じやすくなります。
このときに厚着のままでいると暖かい空調の中で汗をかいてしまう可能性が高まりますから、しもやけの原因を作らないよう気を付けてください。

血液の循環アップ

血液のめぐりが停滞すると、しもやけはできやすくなります。
血行の循環をよくするために、マッサージをすることが効果的です。
入浴するだけでも体を温める効果があるのですが、しもやけは手や足の指などの末梢にできやすいので、それらの箇所をお風呂に入ったときや直後にマッサージすると血の循環がアップします。

食べ物で体の内側から対策を

手や足の指などの末梢の血行を良くするために、血管の拡張作用があり血液の流れをよくする7ビタミンEを摂取することをおすすめします。
ビタミンEを豊富に含む食品には、アーモンドや卵黄、うなぎ、カボチャ、ほうれん草、アボカド、落花生、植物油などがあります。

体は外から温めるだけでなく、内側から熱を生み出す機能もあります。
筋肉が熱を生み出すのですが、その筋肉を主に作っているのがタンパク質です。
熱エネルギーを作る材料となるタンパク質は、肉類、魚類、豆腐や納豆などの大豆製品などが有名です。

毎年しもやけで悩まされるという方は、ビタミンEやタンパク質を秋頃から積極的に摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

治し方の注意点

しもやけになってしまったら、マッサージなどで血行を促進させたり、炎症抑制成分や保湿成分を配合した薬でケアするなどの手段があります。
重症になってしまったときは、早めに医療機関で診てもらいましょう。

やってはいけない治療法

しもやけの治療法をインターネットで検索してみたところ、針を用いて自分でできる方法があるというウワサがあるようでした。
針をしもやけに刺すという治療法なのですが、患部に傷口ができてしまいそこからばい菌が侵入して悪化してしまうリスクがありますので、別の方法を探した方が安心です。

ちなみに、腫れ上がっているしもやけを針で直接刺すそうで、黒い色の血が患部から出るそうです。
この針で刺す方法をすれば通常より早く治せるというウワサなのですが、信じない方が賢明でしょう。

早く病院へ行くべき症状

体を温める食べ物や生活習慣に気を配ることで、しもやけは日常生活から対策や症状の改善をしていくことができます。
ただ、水泡ができてしまったり、水泡が破れたり、耐えられなくらいの激痛や腫れが生じてしまったら、早めに専門医に診てもらいましょう。

季節外れなのにしもやけの症状が現れたり、手や足などの部分的ではなく、関節痛や発熱などの全身の異変も併発したときには、別の病気が原因であることも考えられます。
全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群などの膠原病、
薬疹、甲状腺機能低下症、サルコイドーシス、全身性血管炎、多形滲出性紅斑などの病気の症状である可能性もありますので医師に相談してください。

薬での治し方・しもやけに効果的な各有効成分

しもやけの治療薬を選ぶとき、有効成分を見て選んでください。
ご自身のしもやけの症状を改善する有効成分が配合された薬品を選べば、より確実な改善が期待できるでしょう。

治したい症状に応じた有効成分を選ぼう

しもやけの治療薬に含まれている主な成分は、血行促進、かゆみや炎症の抑制、保湿や保護を目的としたものです。

  • かゆみを抑えたいなら
    選ぶべき有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩などの、抗ヒスタミン成分。
    クロタミトンなどの、鎮痒成分。
  • 炎症を鎮めたいなら
    プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル・ヒドロコルチゾン酢酸エステルなどの、ステロイド。
    グリチルリチン酸ニカリウム・グリチルレチン酸などの、抗炎症成分。
  • 殺菌効果には
    イソプロピルメチルフェノールなどの、殺菌成分。
  • 末梢の血管の拡張作用、血流改善促進には
    トコフェロール酢酸エステルなどの、ビタミンE。
  • 組織の修復促進には
    アラントインなどの、組織修復成分。

初期のしもやけに効く漢方薬

体質から根本的に改善してきたい方は、漢方薬を選択肢に加えてみてはいかがでしょう。

しもやけの症状がでてすぐでしたら、当帰四逆呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくごしゅゆしょうきょうとう)という漢方薬があります。

発症してから2~3日のしもやけに効果を発揮しますが、以降になってから服用しても治るまでに時間がかかります。
当帰四逆呉茱萸生姜湯は漢方薬の中でもしもやけの症状によく処方さている、代表的なお薬です。

しもやけは血液循環の停滞によって引き起こされますが、痛みや赤紫色になっているなどの症状が現れている場合には、漢方の世界の「瘀血(おけつ)」という血液が滞った状態に達しています。
この症状がでている場合には、血府逐瘀湯(けっぷちくおうとう)も一緒に服用することで早く改善させることができます。

重症にならなければ自分でケアできる

しもやけについていろいろご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
しもやけには大人にできやすい多形紅斑型と、子供にできやすい樽柿型の主に2種類があることなど、普段あまり意識しませんよね。

かゆみや赤紫色になるなどの症状がでるしもやけは、季節の変わり目などの温度差によって発症しますので、その特徴を踏まえた対策が効果を発揮します。

そんなしもやけの予防キーワードは、血行促進と保温。
季節が秋頃に差し掛かったら、体の内側からしもやけ対策をするため、ビタミンEやタンパク質を意識的に摂って予防してみてください。

セルフケアや治療薬でのお手入れに効果があればそのままでいいですが、改善しない場合はしもやけではなく別の病気の症状であることも考えられます。
早めに病院で診てもらってください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク