高齢者社会が進む日本において心筋梗塞などの虚血性心臓疾患は増加傾向にあり、その生存率は3大死因にも数えられているほどあまり高いとはいえない状況です。
急性心筋梗塞症を発症する人は1年間に15万人近くにも及んでおり、3割は亡くなっています。

本ページでは、どんな生活習慣を送っていると心筋梗塞にかかりやすいのか、発症の原因になるきっかけ、今から取り組める予防方法などについてご紹介します。
死につながるような病気ですが、日常生活のちょっとした習慣を見直すだけで生存率を大幅にアップできます。

狭心症の先にある心筋梗塞とは

心臓の筋肉のことを心筋と呼びますが、心筋梗塞はその心筋に血液を流す冠動脈(冠状動脈)に発症する病気です。
心臓に冠をかけたように見えることからこのような名称がつけられており、心臓の表面を冠動脈が流れています。

その冠動脈に血液が全く流せなくなりふさがってしまうと発症するのが、心筋梗塞です。
心筋の細胞が機能するための栄養は、冠動脈が運んできています。
もし、栄養が届けられなければ、心臓は動かなくなってしまいます。

年齢を重ねるたびに、コレステロールが冠動脈の血管壁に蓄積しやすくなります。
こうして動脈硬化が進行していけば、血管の中はコレステロールで狭くなっていきます。
冠動脈内が狭くなっており、健康な状態よりも少ない血液量しか流すことができません。
ちなみに、冠動脈に血液が全く流れなくなる一歩手前の症状が狭心症です。
冒頭でも触れた虚血性心臓疾患とは、心筋梗塞症と狭心症をまとめた名称です。


引用元: いしまる内科クリニック(http://www.ishimaru-naika.com/index.html)

心筋梗塞も狭心症も、動脈硬化が冠動脈内に起こることで発症します。
血管が動脈硬化になると内部の壁がもろくなっているので、部分的に壁がはがれてしまいます。
そのはがれた壁が血管内を詰まらせてしまうと、血液の流れが邪魔されます。
30分以上も血液が足りない状態におちいれば、栄養分や酸素が心臓の壁に届けられなくなり壊死に至ります。

心筋梗塞にかかると、失語症、失認・失行、排泄障害、言語障害、嚥下障害(えんげしょうがい)、手足の麻痺、感情や行動の抑制がきかないなどの後遺症がでる可能性があります。
嚥下障害とは、食べ物が飲み込みにくい状態になったり、飲み込めたとしても肺の方へ入ってしまう障害です。

この前兆がでたら要注意

心筋梗塞で病院に行くべき状態になるまで、いくつかの段階があります。

このタイプは要注意!

病院で心筋梗塞だと診断されたことがなくても、以下にあてはまる方は要注意です。

  • 身内に狭心症や心筋梗塞だと診断された人がいる
  • 透析療法を受けている
  • 糖尿病である
  • コレステロールが高い
  • 高血圧
  • 喫煙をする

心筋梗塞の可能性アリ

以下の症状を繰り返しているとしたら、早めに病院で診てもらってください。

  • 脈がドキンと飛ぶ感じがある
  • 異常に脈拍が速くなる
  • 激しい動悸が急に起こる
  • 不整脈の前兆がある

すぐに救急車を


以下の前兆が現れたら、今すぐに救急車を呼んで医療機関へ急いでください。
10分以上も続くようでしたら、危険性が高いといえます。

  • 大量の冷や汗が出ている
  • 呼吸するのが苦しい
  • 胸に激しい痛みがある
  • 狭心症の前兆がある

心筋梗塞で現れる症状

心筋梗塞にかかると、どんな症状が現れるのでしょう。
身体を動かしているときか動いていないときかにかかわりなく、前胸部に激痛が急激に走ります。
痛みが激しい状態は、その後15分以上も長引きます。

胸の痛みがある中で、並行してめまいや冷や汗、息切れ、動悸、不安感、脱力感などの症状も現れます。
珍しいケースでは、胸の痛みと並行して上腹部や左腕、背中、首にも痛みが出ることがあります。

予防をして原因を取り除こう

心筋梗塞は、具体的にどのようなことをすれば予防ができるのでしょう。
予防を行うことで原因を取り除ければ、発症リスクは低くなります。
心筋梗塞や狭心症は動脈硬化から引き起こされますので、動脈硬化対策をすることが効果的です。

喫煙をやめよう

タバコの煙の中にはたくさんの成分が入っていますが、その中でも特に循環器に負担をかけてしまうのが一酸化炭素やニコチンです。
血管の内皮に与える異変としては、動脈硬化、血液凝固、血管収縮などがあげられます。

喫煙をすると、それによって血圧が上昇します。
ご自身ではタバコを吸わないから安心ということはなく、喫煙者の周辺にいると副流煙を吸い込むことで身体に悪影響を受けてしまいますから気を付けてください。

食事を見直そう

食生活は健康づくりに大きく影響を及ぼしますが、心筋梗塞も例外ではありません。
日本人の心筋梗塞や狭心症の患者数は、これまで欧米に比べて少ない傾向がありました。
その数字が増えてしまっている原因には、和食から欧米食へと食事が変わってきたことがあげられます。

見本となる食事は、長寿で知られる沖縄県の琉球料理です。
海藻などが豊富なので、食物繊維をたっぷり摂ることができます。
高たんぱくで塩分少なめの味付けが基本なので、和食を意識すればいいことになります。

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品や牛乳は、タンパク質を豊富に摂取できます。
1日あたりの塩分の目安は、10g以下です。
キノコや海藻、茎野菜などの食物繊維を積極的に摂り、ミネラルの多い食事を心掛けたいものです。
避けるべき食事はファストフードやインスタント食品など、若者を中心に好まれている食べ物になります。

適度な運動で十分

心筋梗塞の予防のために運動を勧められたら、命の危険がある病気なだけに、ハードなスポーツをしなければいけないと思われるかもしれません。
ハードなスポーツというと短距離走や腕立て伏せ、重量挙げなどといった無酸素運動を連想しますが、心筋梗塞予防に必要なのはウォーキングや軽い水泳、ゆったりとした速度のジョギングなどの有酸素運動です。
運動オンチやスポーツが苦手な方でも、誰でも続けられます。

  • 運動する時間
    心筋梗塞予防に行う運動は、1日に30分ほどでOKです。
    頻度は、理想を言えば毎日運動できればベストですが、週に3~4日程度行ってください。
  • 適切な時間帯
    冠動脈は昼間と比べて、早朝や夜中に収縮しがちな性質があります。
    朝起きたあとの習慣にするなら、起床して間もなくは避け、1時間くらい経過してから行いましょう。

ストレスに要注意

ストレスというと現代社会にはあって当たり前のような風潮がありますが、心筋梗塞のリスクが高まることですので注意が必要です。
以下6つにあてはまる項目があれば、心筋梗塞の発症リスクが高い行動パターンを取っていることになります。
ぜひ、セルフチェックしてみてください。

  • 早食いである
  • 極端に早口で話す
  • ついつい挑発的な言動をしがち
  • イライラすると態度や発言にすぐ現す
  • 常に動いていないと不安になる
  • いっぺんにたくさんのことを並行して行いたい

ストレスには、精神的なものと肉体的なものとがあります。
どちらであってもストレスをため込んでしまうことは、血管内のコレステロールを増やし、動脈硬化の症状を進める原因になりますので気を付けてください。

過労やストレスの蓄積は血液の中の交感神経系ホルモンを増加させるので、血圧が上がり冠動脈の内皮にダメージを受けて、心筋梗塞につながります。
ストレスを抱え込んでいるなと感じたら、あまり怒らないで、焦らないように心がけてみてください。

心筋梗塞の検査

心筋梗塞の疑いが生じたら、心電図、血液検査、冠動脈造影検査などの検査が行われます。

心電図

心筋梗塞を発症してから心電図で検査をすると、健康時とは明らかな違いが確認できます。
まだ狭心症の状態で心電図での検査を受ける場合、発作が起きている15分ほどは変化が確認できるのですが、すぐに戻ってしまうので健康なときと変わりがありません。

だからといって、狭心症の患者さんは心電図の検査をしても意味がないというわけではありません。
負荷心電図と呼ばれるものがあり、運動を行いながら心電図を撮ることになります。

血液検査

血液検査においても狭心症は異変が出ないのですが、心筋梗塞はCPR(クレアチンフォスフォキナーゼ)などの酵素が血液内に確認できます。
発作が起きて4~5時間ほど経過すると、破壊された心筋細胞から出る酵素が血中に漏れるので、その酵素を血液検査で調べます。

冠動脈造影検査

冠動脈造影検査は、冠動脈を撮影することによって行います。
手足の動脈からやわらかい約1mmの太さのビニールチューブ(カテーテル)を通し、心臓の血管の中に送ります。
カテーテルの中から造影剤を血管の中に流すことで、冠動脈の撮影をします。

心筋梗塞の治療方法とは

急性心筋梗塞を発症したら、つらい発作を我慢することなく、迅速に救急車を呼びましょう。

病院に到着したら緊急事態を乗り切るために痛みの抑制措置や、酸素吸入をします。
それらと並行して、通常の治療方法だけでなく冠動脈造影なども行われます。

患者さんの容態によって違いますが、初期でしたら電気的な装置を用いて危険な不整脈の治療をします。
急性期は、原則的に心臓外科の協力を仰いでCCU(冠動脈疾患用集中治療室)で手術が行われます。

再灌流療法(さいかんりゅうりょうほう)は、急性心筋梗塞によって冠動脈が閉塞している状態のところを再度血液が流れるようにするための治療です。
再灌流療法で大きな心筋梗塞をいち早く小さくすることに成功できれば、治療後の経過もよくなることが期待できますから、スピーディに再開通にこぎつけることを医師たちは目指します。

急性心筋梗塞を発症したとしても、発症から6時間以内に適切な処置をすれば、梗塞を小さくさせられることがわかっています。
再灌流法と呼ばれるものがいくつかあり、風船療法で行うPTCA(冠動脈形成術)や、冠動脈内に生じた血栓を溶かすという血栓溶解療法がそれにあたります。

再灌流法は一度はふさがってしまった血管であっても再び開かせられる技術として、近年は心筋梗塞を発症してから12~24時間経過しても再灌流法をすることの有効性が検討されている状況です。

心筋梗塞の入院から退院するまで

心筋梗塞で入院をして退院するまでは、急性期から2~3週間くらいを要します。
この期間に行うのは、心臓のリハビリテーションです。
血圧や心電図で数値の測定をして確認しながら、医師と看護師のサポートの中でだんだんと行動範囲を広げる方法がとられます。

狭心症の治療

心筋梗塞の前段階である狭心症では、どのような治療を行われているのでしょう。
主に、薬物療法と手術とがあります。

薬物療法は冠動脈を拡張させて血液の流れを改善するために、ベータ遮断薬や血管拡張薬が使用されています。
手術は、カテーテルを用いた風船療法のPTCA(冠動脈形成術)、冠動脈バイパス術などがあります。

誰でも今日から心筋梗塞予防ができる

心筋梗塞予防にはタバコは控えて、高タンパク質・低塩分・食物繊維でミネラル豊富な食事を心掛けましょう。
適度な運動が予防に効果的ですが、ハードな無酸素運動は返ってよくありません。
ゆったり続けられるウォーキングや軽い水泳などの有酸素運動を選んで行ってください。

ストレスも心筋梗塞のリスクを高めますので、上記のチェック項目にあてはまるものがあれば見直してみましょう。

心筋梗塞は、段階的にさまざまな前兆があります。
大量の発汗、呼吸が苦しい、胸に激痛が走る、狭心症の前兆があるなどの状態が10分以上続いたときは、直ちに119番に電話をして救急車を呼んでください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク