最近、仕事で上司との対応がストレスに感じる…。
結婚してから生活がガラッと変わり、イライラする事が多くなった。
このようにイライラしたりストレスを感じる日が多くなってきた方は気分転換等でスッキリしましょう。

ストレスがたまる事で、実は様々な病気に繋がる可能性が出てきます。
ストレスが原因というと精神的な病気というイメージが強いかもしれません。
ですが実は全身にも症状が現れ、酷くなると胃の病気等にも繋がる事があるのです。

なぜ病気につながるのか、どの様な症状が出る事があるのかを紹介していきます。

具体的にストレスとは?

ストレスという言葉の意味としては、外部からかかる負荷の事を指します。
物理な負荷も全てストレスと言えるのですが、ここでは人間が精神的に負担に感じる事をストレスとして紹介します。

ストレスから繋がる病気

なぜストレスが病気に繋がるかについてですが、自律神経と副腎というのが密接に関わってきます。
自律神経に影響が体の様々な部分に出る症状の事を自律神経失調症、副腎に影響が出るのが副腎疲労症候群と言います。

自律神経失調症

自律神経と交感神経、副交感神経という2種類からなる、自分の意思とは別に体をコントロールする神経です。
主に交感神経は興奮している時に、副交感神経はリラックスしている時に働いています。
このバランスが崩れてしまうと、体のコントロールができずに不調を起こしてしまいます。

また自律神経失調症はうつや不眠等の病気症状の総合的な呼び名であって、病気の名前としては国際的には正式な病名ではありません。

これは実際に検査等で「自律神経が不調と断定する」事ができないためです。
通常病院では「体の臓器に何らかの異常があり、何かの症状が出る」事を発見し、その原因を治療します。
ですが体の臓器等に異常を発見できずに実際に症状が出ている場合で、ストレスの軽減等で改善するケースがあります。
「全く原因となるものはありません」と、治療を行えないのでは解決する事ができません。
この状態を自律神経失調症と仮に病気として断定する事で、症状改善のために治療を行えます。
ここでもひとつの病気として考えて説明します。

副腎(ふくじん)疲労症候群

脳から出るストレスを抑えるためのホルモンが副腎という臓器からつくられます。
これを副腎皮質ホルモンと呼び、通常ストレスを感じてもこのホルモンが緩和します。
ですがストレスがかかり続けると、副腎皮質ホルモンをたくさん作らなければいけなくなり、副腎に負担が大きくなってしまいます。
結果として副腎が疲労して不調になってしまうのです。

ストレスが増える事により、これらの病気から様々な症状が発症します。
必ず出るというのではなく個人差があります。
生活習慣や持病、普段の食事等で症状が異なったりします。

身体的に出る種類の症状

体に現れる症状の種類としては、下記のもの等があります。
たくさんの種類があり、ストレスが原因である事が気づけない場合もあります。

  • 頭痛
  • 肩こり・筋肉痛
  • 胃痛
  • 腸の不調
  • だるさ、疲労を感じやすい
  • 皮膚症状
  • 心臓神経症
  • 生理不順

何度も発生する頭痛

頭痛は他の病気と一緒に伴う頭痛を二次性頭痛と言います。
原因をはっきりと特定するのが難しく、繰り返す頭痛は一次性頭痛や慢性頭痛となります。

ストレスによる頭痛は一次性頭痛で、頭の血液の血流が悪くなる事で発生します。
自律神経の不調で血流が悪くなったり、ストレスの他の症状である睡眠不足によるのが原因です。

肩こりをはじめとした筋肉痛

頭痛と同様、自律神経の影響や睡眠不足が影響で発生します。
体の筋肉周りの血流が悪くなり、肩こりや筋肉痛として症状になります。

胃痛は胃潰瘍(いかいよう)が原因

胃の粘膜や皮膚が悪くなったり崩れてしまう胃潰瘍という病気があります。
胃は通常、消化物を溶かすために酸を出しています。
自律神経が不調になると、この酸をコントロールする事ができずに量が多くなってしまう事があります。
これにより胃の粘膜、皮膚まで溶かしてしまい胃潰瘍と繋がります。

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

便秘や下痢が、慢性的に何度も発生する症状を過敏性腸症候群と言います。
通常、腸は消化したものを移動させる動きがあります。
自律神経の不調で腸がうまく動かず、下痢や便秘になってしまいます。

だるさや疲労

自律神経の不調により全身の血液の流れが悪くなる事で、疲れがとれにくくなります。

皮膚トラブル

ストレスの影響でホルモンがつくられる量の異常で、皮膚の免疫(めんえき)力が低下します。
吹き出物やアトピー等の症状等が出ます。

心臓神経症

心拍数が上がった様に感じたり、胸が痛むという症状が出ます。
心臓自体に病気がないのに、この様な症状が出る事を心臓神経症と言います。

生理不順になる場合も

女性であれば、生理に影響が出る場合もあります。
周期が長くなったり短くなったり、他にも生理の期間が長く続いてしまうという症状が出ます。

精神的な症状の種類

ストレスから出る症状は、精神的なものが多いです。

  • うつ状態
  • イライラする
  • 判断力等が低下する
  • 食欲低下

うつ状態

うつ状態とは、意欲の低下、つまり仕事や勉強への取り組む気持ちがなくなってしまう事です。

イライラ感

精神的に落ち着かず、不安、焦りが大きくなります。
人のちょっとした言葉や周囲の物音にイライラを感じたりします。

集中力・判断力等の低下

何かに集中したり判断する力が低下します。
うつ状態と合わせて、仕事や勉強等がうまくいかないと感じてしまいます。

食欲がなくなる

食事をとりたいと思わず、食べてもすぐにお腹いっぱいと感じてしまいます。
これは脳が満腹であると認識させる信号を出す神経が誤作動を起こすためです。

悪循環(あくじゅんかん)に注意

精神的な症状が、更にストレスがたまる原因に繋がる事もあります。
例えば仲の良かった人とささいな事で喧嘩になったりします。
他にもうつ状態、イライラ、集中力等の低下で上司や先生に怒られる事もあります。
これらがストレスとなり、悪循環になる場合が多いです。

ストレスで入院はありえる?

ストレスが原因により、医師の診断で直接入院というのはあまり多くありません。
ですが胃潰瘍等の症状が重度になっている場合に入院する事があります。
またそこまでの症状ではなくても、入院体制のある病院では希望で入院が可能な病院もあります。

入院する事のメリット

仕事や家事等普段の生活でやるべき事がストレスとなる事は多いですが、その原因から離れる事ができます。
数日から1週間等、医師との相談で日程は決まります。
毎日の生活でストレスを感じていた場合、数日離れるだけでも症状が軽くなる事があります。

ストレスの原因は何があるのか

ストレスの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。
仕事、人間関係等がよくある原因ですが、気づいていない部分でもストレスになっている事もあります。
また年代等でもストレスと感じるものは異なってきます。

10代がストレスで気をつける事

現代では10代の学生がストレスを受ける環境は多いです。
受験が近くなってきた際は勉強を頑張らなければいけません。
受験する学年でなくても入った学校のレベルが高いと、周りの人に追いつけず焦ってしまう事もあります。
学校に入学する際に頑張って良い学校に行った学生が、追いつけない自分にストレスを感じる事はよくあるケースです。

また若い時であれば、ちょっとした事で喧嘩をしたりする事もあります。
仲良く遊んでいた友人と学校が離れてしまう、クラスが別々になる事もストレスとなります。

社会人

新しく入社したばかりであれば、上司からささいな事で怒られる事がストレスになります。
入社後でなくても、昇進となった時に部下の扱いがうまくできない等もあります。
他にも、大きなプロジェクトを任された時等はプレッシャーを感じずにはいられません。

女性は結婚で生活の変化が大きい

女性は男性に比べ、生活変化がしやすくストレスになるきっかけが多いです。
特に結婚での生活変化が大きくなりがちです。
例えば下記の様なケースがあります。

  • 専業主婦になったが、生活費が全て夫の給料からとなる不安
  • 小さい子を育てている時に、夜泣きで熟睡する事ができない
  • 夫の仕事仲間のレジャーについていく事になり、対人関係を気にしつつ振る舞う
  • 夫の親との嫁・姑の関係

結婚をする事で、様々な立場からストレスを感じてしまうのです。

ストレスに気付くには

やる気がなくなったり、食欲がないという状態は気づきやすそうにも思えます。
ですが少しずつのため、自分の変化に気付けない人も多くいます。
普段から自分の行いの中で目視でわかる記録をつけ、客観的に見てみると早めに気付く事ができます。

生理周期の変化

女性であれば生理不順の場合、生理の記録をつけていれば周期が短すぎたり長過ぎたり、という部分で気づけます。
正しくは、生理が始まった日から次の生理が始まるまでの日です。
終わった後からではないので注意しましょう。
個人差もありますが、25日未満または39日以上は生理不順とされています。

部屋の散らかりをチェック

やる気がなくなると、部屋の片付けも面倒になってしまい散らかってしまいます。
少しずつ散らかるため、自分では変化に気が付きにくい部分ではあります。
朝や夜等、時間を決めて携帯のカメラで部屋で写してみましょう。
実際に写真を取らなくてもカメラ写す事で客観的に見る事ができます。
カメラを通してみた部屋が「ちょっと汚いかも」と思い始めたら危険信号です。

外食の量は変化していないか?

食事をとっていない、作らないというのも意欲の低下のひとつです。
普段自炊する人は自炊をせず外食していたり、外食が多い人は食事自体をとらない等です。
手帳やメモアプリ等で、外食の数もしくは食事の数を記録してみる事で、変化に気づけます。

ストレスにはどう対処するべきか

ストレスとなる原因を対処するのが最善ではあるのですが、そうもいかないケースは多々あります。
ストレス自体をなくすのではなく、気分転換やリラックスする様にしましょう。

話を聞いてもらう

愚痴ばかりいう人は嫌われる事もありますが、愚痴を聞いてもらうのも実は大切な事なんです。
多少の不安であれば、聞いてもらう事で解消されます。
また人と話す時は喋りますが、声を出すという事自体がストレス緩和にもなります。

体を動かして自律神経を活発に

体を動かすと交感神経が働き、自律神経が活発になります。
特に運動で汗を流すと気分的にスッキリするため、ストレス軽減にもなります。

運動の時間を取るのが難しく、接客業等仕事中に伸びをする事が出来ないという方もいると思います。
その場合は、体の一部を部分的にギュッと力を入れて、その部分の力を抜くというのでもよいです。
運動ほどの効果ではありませんが、自律神経が働きます。

1日の最後にはリラックス

運動後はしっかりと休息をとります。
またお風呂はお風呂はシャワーで済ませるのではなく浴槽につかりましょう。
リラックスする事で副交感神経が働きます。

栄養もストレス対策に重要

栄養素を神経系の動きに影響のあるものがあります。
ビタミンB1は脳神経の正常な働きを保ち、不足すると疲労を感じ、食欲不振になります。
豚肉、玄米に多く含まれます。
ビタミンB12は体の神経を正常に働かせ、不足すると集中力や記憶力の低下につながります。
魚介類、レバー、海苔に多く含まれます。
ダイエットをして野菜ばかり食べている時に、ビタミンBは不足しがちになりますので注意しましょう。

またイライラを抑える栄養素のカルシウム不足にも気をつけましょう。
牛乳、チーズ、ヨーグルト等の乳製品に多く含まれます。

ストレスをなくすのではなく付き合う

現代の日本でストレスを無くすというのは難しいです。
できるだけストレスを避ける様にする事も大切ですが、軽減する事の方が現実的です。
しっかりとリラックスをする時間をつくりましょう。
日々自分をチェックしておき、変化に気付く事で症状が悪化する前に対処できます。

また家族の様子にも気をつけましょう。
自分で気づけない場合、一緒に暮らしている家族が気付く事のできる存在です。
いつもと様子が違うという時等、何かストレスに感じている事がないか相談に乗ってあげる事が大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク