急に腰が痛くなる「ぎっくり腰」になってしまうと、立つこともままらない状態になります。一度ぎっくり腰になると再発することもあり、慢性的に発生する方も多いです。

ぎっくり腰では仕事もできない様な状態となるため、仕事を休まなければいけないことも。経験してみないとわからない痛みで、ぎっくり腰になったことのない人からすると「仮病じゃないのか…?」と思われてしまうこともあります。

その様なことにならない様、ぎっくり腰がどのような病気か、また再発しないための予防を知っておきましょう。

 

ぎっくり腰はどんな時になる?

ぎっくり腰の種類にもよりますが、大体共通しているのは背中や腰に負担がかかった時です。一般的にぎっくり腰は重い荷物を持ち上げた時になるイメージが強いと思います。

ですが状況によっては、ちょっとした動作でぎっくり腰になってしまいます。

例えば階段を昇っている時、ゴミ拾いや掃除機をかけていて前屈みになった時、他にもくしゃみがきっかけでなることもあります。同じ姿勢を続けていることが原因で慢性的な腰痛にもなることがあります。

 

ぎっくり腰の種類

ぎっくり腰は一般的な呼び名で、病名としては「急性腰痛症」となります。この急性腰痛症には更に細かく分類することができます。

また症状によって治療も異なっていますが、多くは「保存療法」で治療します。これは患部を固定して動かない様にし、安静にする治療方法です。

症状が酷い時等は手術をしなければいけないこともあります。

椎間関節(ついかんかんせつ)の脱臼、ねんざ

  • 特徴
    背骨は脊椎という骨が集まってできており、脊椎を繋いでいるのが椎間関節です。この椎間関節がずれて発生する腰痛で、医学的には椎間関節の亜脱臼、腰部椎間関節性腰痛、腰椎椎間関節症等と呼ばれます。指等をねんざしたり脱臼したら当然痛みがありますが、それが腰の骨に起きている状態です。病院で検査をしても原因が不明な時は、椎間関節の脱臼、ねんざであることが多いです。
  • 発生傾向
    加齢による腰椎周辺がもろくなっているのが原因で、重労働の方からデスクワークの方まで、幅広い方に発生します。重いものを持ち上げた時、急に体を捻る等、負荷をかけた時に生じやすいです。
  • 治療方法
    ベルトやコルセット固定での安静が基本的な治療です。病院では消炎鎮痛薬を出されたり、ブロック注射等の対処を行います。

筋・筋膜性腰痛症(きん・きんまくせいようつうしょう)

  • 特徴
    筋性腰痛症とも呼ばれ、腰周辺の筋肉疲労により発生します。腰あるいは背中から腰にかけての痛みや張り、こり、だるさの違和感を感じます。
    筋肉の疲労のため手術に至ることはほとんどありません。
  • 発生傾向
    長時間同じ姿勢をとっている時、スポーツをした時、重いものを持った時に発生します。体を支えている筋肉が疲労するため、肥満傾向にある方も発生することがあります。
  • 治療方法
    筋肉の緊張や炎症を抑える治療が必要で、病院では筋肉の緊張をやわらげる薬や鎮痛薬を処方されます。筋肉をほぐすことのできる針治療院、マッサージや整体院も効果的です。

椎体圧迫骨折(ついたいあっぱくこっせつ)

  • 特徴
    背骨の円柱状の部分を椎体といい、この椎体が変形や骨折している状態です。腕の骨折が背骨に起きている様なイメージです。骨折ではあるのですが、レントゲンでは最近発生したものが判断できず、場合によっては特定できないこともあります。MRIの検査でしっかりと特定することができます。
  • 発生傾向
    高齢者に多く、骨が弱っている時に起きやすいです。高齢ではなくても骨粗鬆症の方も骨が弱くなっていため発生の可能性があり、くしゃみや尻もち等、ちょっとしたきっかけで発生することがあります。
  • 治療方法
    多くはコルセットやギブスでの保存療法で安静にすることです。病院では痛み止めの他、骨粗鬆症の薬も処方することがあります。ケースとしては少ないですが、手術となった場合には骨を移植したり、金属製のネジやボルト等で骨を固定するという方法になります。骨折時の添え木を背中に入れる様なイメージです。

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

  • 特徴
    背骨の椎骨と椎骨の間にある軟骨のクッションの役割をしている椎間板が飛び出して神経を圧迫してしまっている状態です。ヘルニアとは体の臓器の一部が飛び出していることを指すため、ヘルニア=腰痛というのは正しい定義ではありません。

    ですが一般的にはヘルニアというと腰痛のイメージが多い程、腰痛の原因は椎間板ヘルニアである事が多いです。骨自体の骨折ではないため、レントゲンでは見つけ辛くMRIで発見する事ができます。

  • 発生傾向
    椎間板が弱っているときや強い衝撃があった時に発生します。椎間板の弾力が減っていく30代以上の中高年に発症しやすいですが、10代でもスポーツの怪我をきっかけに発症することがあります。
  • 治療方法
    手術に至ることはほとんどありませんが、排便排尿困難や足に力が入らない症状が酷い場合や、ヘルニアが大きい時に手術で除去することがあります。ヘルニアの大きさと痛みの大きさは必ずしも比例するものではないため、痛みが少ないから必ず保存療法とは限りません。

    また保存療法でも長期間の治療をすることとなります。

最初は激烈な痛みがあります。しかし、痛み止めを使いながら治療するとそれがだんだんと1週間くらいですこしずつやわらいできます。そこからさらに1ヶ月経過すると痛みは半分くらいになります。2−3ヶ月すると、痛みはほぼ完全に治ります。以上が典型的な経過です。人によって差はありますが、8割くらいの方のケースでは手術は必要なく、保存的治療(手術をしない治療)で治っていきます。

出典 メディカルノート(https://medicalnote.jp/contents/150722-000015-DWAWSW)

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

  • 特徴
    背骨の神経である脊髄を通る管である脊柱管が狭くなり、脊髄に影響を与えている状態です。痛みはそこまで酷くなく、安静にしている時には痛みは少なくなります。

    長時間歩行や立っていると腰や足が痛くなり、歩行と休憩を繰り返す様になります。

  • 発生傾向
    高齢の方に起こりやすいです。急に何かの拍子で発生するというよりは、日に日に症状が悪化することとなります。
  • 治療方法
    下半身の動脈が詰まって血行障害が起きた時にも同様の症状が出るため、病院ではレントゲンやMRI検査で脊柱管狭窄症かどちらであるかを特定します。両足に症状が出ている時、歩行障害が酷い時には脊柱管を広げる手術を行う場合がありますが、ほとんどは保存療法での治療です。

    コルセット等での安静の他に、神経周囲の血流の障害が発生するため血管を広げる薬を投与することもあります。

 

ぎっくり腰の治し方

一口にぎっくり腰といっても様々な病気があるため、病気に合わせた治療法が必要となります。

ですが殆どの場合は手術をしない保存療法で治るため、まずは痛い部分を湿布等で冷やして安静にし、可能であればコルセットやギブスで固定しましょう。

姿勢としては仰向けではなく横向きやうつ伏せにすると良いです。できるだけ痛みのある場所を上にし、変形している脊柱や骨への負担を少なくする事が大切です。

何日くらい安静にするべきか

ヘルニア以外で症状が軽いものであれば、大体2−3日ほどで痛みが和らいできます。

もし下記の症状がある場合、病院にいきましょう。

  • 安静にしていても痛みがひかない、もしくは悪化していく
  • 痛みにより発熱、冷や汗が出て来る
  • 足が痺れて力が入らない
  • 痛みにより排便、排尿困難がある

 

病院での治療

病院に行っても腰痛は治らないのでは…と思う方もいるかもしれませんが、しっかりと原因を確認し改善する事で腰痛も治る病気です。

原因が内科や外科に関する可能性もあるため、どの診療科に行くのが良いのかは判断が難しいですが、できれば痛みを専門とした病院である「ペインクリニック」に行くのが良いでしょう。

腰痛の病院の治療とは?

酷いものでなければ、多くは保存療法での治療となるため、コルセットや湿布、痛み止めの薬が処方されます。

注射をする場合、神経ブロック注射というものを行います。

ブロック注射も症状によって種類がありますが、主には神経周辺の局所麻酔や血流を良くする効果があります。

神経ブロック療法は痛みを止めると同時に、血流を改善し、痛みによって起こっている筋肉の緊張もほぐして治療効果を上げます。

出典 旭川ペインクリニック(http://asapain.jp/lower-back-pain)

痛みを専門とした病院では、このブロック注射の種類を様々用意しています。

レントゲンやMRI検査

脊柱管狭窄症の症状での歩行困難は別の病気の可能性もあるため、腰痛の中でもどの病気が特定するために、レントゲンやMRI検査を行う場合があります。

原因が特定できないと言われた場合

レントゲンやMRI検査を行っても、「原因が特定できない」と言われてしまうケースもあります。

これは非特異的腰痛と呼ばれ、レントゲンやMRI等画像検査ではわからないもので、「実際に病気の原因がない」という訳ではありません。

非特異的腰痛は、「原因がよくわからない」ものの「心配する異常や病気 のない」「危険ではない」腰痛といい換えてもよいでしょう。信号でいえば、「青信号」の腰痛です。いわゆるぎっくり腰(腰椎捻挫)や変形性腰椎症な ども、画像検査で「ここが原因!」と 特定することが難しく、非特異的腰痛 に入ります。 これに対して特異的腰痛は、診察や 画像診断で原因が特定できる腰痛です。 坐骨神経痛を伴う椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、〝赤信号〞の腰痛と もいわれる感染性脊椎炎や脊椎腫瘍など整形外科の病気のほか循環器科、泌尿器科、婦人科などのさまざまな病気が原因で起こる場合もあります。

出典 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座(http://lbp4u.com/youtu/)

鍼治療について

鍼治療

腰痛には鍼治療が良いと言われています。鍼灸院は病院ではないため、注射や手術、薬の処方ができません。ですが実は腰痛は、鍼灸院がもっとも得意とする分野です。

針という言葉から、あまり効果がなく、何となく怖いイメージを持っているという方もいるかもしれませんが、鍼灸院で使用する針は注射針よりもかなり小さいです。

おおよそ注射針の1/3位の大きさで、刺した時に痛みは殆ど感じません。

この針は体の中では異物と認識します。異物が体に混入すると、体の筋肉や血液が反応を起こします。この反応をうまく利用しているのが鍼治療なのです。

筋肉痛であれば患部の血管を拡張させ血行を促し、炎症が起きている場合は患部に集まっている血液を健康な部分に移動させ、炎症を鎮めます。

腰痛のトリガーポイント

腰痛の症状でもその原因は様々です。鍼灸院ではこの根本原因をトリガーポイントと呼んでいます。このトリガーポイントを見つけマッサージ、整体も合わせて治療します。

 

ぎっくり腰の予防法

一度ぎっくり腰になってしまうと、その後も腰痛に悩まされることがあります。

そのせいで何度も仕事を休むことになってしまい、上司からの印象が悪くなる…。この様な経験を持つ方もいると思います。腰痛が再発しない様、しっかりと予防しましょう。

姿勢を正す

腰痛の原因が姿勢により腰や背骨に負担をかけてしまっているケースは非常に多いです。環境によっては同じ姿勢で長時間いなければいけない場合もあります。

ですが、立ちと座りでそれぞれ正しい姿勢を保つことで、体への負担は少なくなります。

正しい座り姿勢

しっかりと背筋を伸ばします。骨盤を立てる様に意識すると、背筋は真っ直ぐになります。深く座ると背筋を伸ばしにくく猫背になってしまいます。

浅めに腰掛け、足は90度を意識し視線は水平にしましょう。デスクワークの方であれば、パソコンの高さも調整することで改善される事もあります。

正しい立ち姿勢

立ち仕事の方はもちろん、デスクワークの方も通勤時の歩いている時に意識しましょう。座り姿勢同様、背筋は真っすぐ伸ばします。

胸は軽く張るイメージで、体の重心をバランスよく両足にかけます。どちらかに力が寄ってしまわない様注意しましょう。

カバンを体にかける場合、片側によってしまうと重心もズレてしまいます。

できればリュックのように両肩にかけるカバンを利用し、肩掛け鞄を利用する際には、左右の同じ方ばかりにかけないよう、適度に掛け替えます。

ストレッチで体をほぐす

姿勢や筋肉の疲労で負担がかからないよう、ストレッチで姿勢を正したりほぐすのも効果的です。インナーユニットといい、体の内部になる筋肉を鍛えましょう。

ストレッチの時は腹式呼吸で

大きく深呼吸をする際に、お腹がへこんだり出たりするように意識します。複式呼吸を行うことで、お腹の内部の筋肉が使われます。

リラックス効果もありますので、夜寝れない場合等にも腹式呼吸は効果的です。

キャットバック

猫背改善につながるのがキャットバックというストレッチです。


まず四つ這いの姿勢になり、手足は肩幅位に開きます。

背中を真っ直ぐにするのが四つ這いの基本ポーズですが、ここから

  1. 背中を上げながら丸め、お腹を引っ込める
  2. 背中をへこませて下にむけ、お腹は伸ばす

この繰り返しをそれぞれ30秒1セットで2〜3セット程行います。これを日々続けて行うと背中とお腹の筋肉が鍛えられ、姿勢も自然とよくなります。

バランスボールを使う

バランスボールを使う

ストレッチ運動の他にも、バランスボールを利用することで体のインナーユニットを鍛えることができます。会社の椅子をバランスボールにするという方もいる位、健康に良いのです。

利用方法としては、前後左右それぞれが1分1セットとし、5セット程行います。背中は90度にして動かすのは腰から下だけにします。

頭が上から引っ張られている様にイメージしながらですとやりやすいです。

もし空気の調整ができるのであれば、慣れるまでは空気を少なめにすると良いです。空気が少ない程座りやすく、硬い程バランスが取れないと座れなくなります。

 

加齢から来るぎっくり腰、しっかりと予防を

人間の体は20歳を超えると段々と衰えてきます。そのため全く健康に気をつけていないと、筋肉や骨が疲労し腰痛へのきっかけとなってしまいます。

ぎっくり腰になってしまったら安静にして、治らなければ早めに通院しましょう。改善してきたらストレッチで腰痛予防を行えば、腰痛の悩みもなくなります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク