吐き気が出てきたり、お腹を下して下痢が止まらない…
こういう症状は胃腸風邪といい、お腹の風邪とも呼ばれ誰でもかかる可能性がある病気です。

原因としてはウイルスや細菌が胃腸に感染している事です。
原因により数日から一週間程かかりますが、自然に回復します。
治るまでに重要な事は、水分補給とお腹に優しい食事、そして安静にする事です。

胃腸風邪とはどんな病気?

胃腸風邪とは正式には感染性胃腸炎と言います。
胃腸に症状が出ている状態、つまり嘔吐(おうと)、下痢、腹痛を伴う症状の事です。

嘔吐とは食べた物を吐き出す事を言います。
これに伴い胃が痛くなる症状も出ます。

他の症状としては頭痛や高熱が発生し、悪寒、疲労感など風邪の全身症状を伴う場合もあります。
原因によって異なったり個人差があります。

原因はウイルスと細菌

胃腸に症状が出るのはウイルス、細菌が胃や腸に感染している事が原因です。

ウイルスであればノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス等があります。
細菌にも様々な種類がありますが、主な物としては病原性大腸菌です。

細菌感染は食あたり

O-157
細菌に感染するのは一般的には食中毒、つまり食あたりの事を指します。

食べ物を通じて感染し、特に一番危険性があるのが病原性大腸菌O-157です。
発生すると集団的に感染する危険性もあります。

なぜ嘔吐や下痢になるのか

胃腸風邪の原因はウイルスや細菌ですが、これらを体の外に排出するために嘔吐や下痢の症状が出ます。
そのため可能であれば、無理に我慢するよりも出してしまう方が回復しやすくなります。

急性と慢性(まんせい)の違い

胃腸風邪は、症状としては急性となります。
急性とは一時的な症状で強く現れる事をいいます。
反対に慢性というのは長期にわたって症状が出ます。

慢性的に続いている場合

ウイルスや細菌感染の場合、これらは数日から一週間程で治ります。
もし長期的に下痢や嘔吐の症状が出ている場合は、胃腸風邪ではない病気の可能性が高いです。
病院で原因を診てもらいましょう。

胃腸風邪は感染する病気

原因がウイルスや細菌のため、感染します。
感染の時期に正しい予防をすることで、感染するリスクは下がります。
また胃腸風邪が治ってきている時に、再度感染する可能性もあります。

感染予防の方法

秋から冬に発生するウイルスはマスク、うがい、手洗いが感染予防となります。
通常の風邪に気をつける予防方法で感染の可能性は低くなります。
寒くなってきたら、しっかりと風邪の予防をしましょう。

夏に感染する細菌は、同じく風邪の予防でも防ぐ事は出来ます。
他にも食材に注意する事が大切です。
感染している人から食材へ、その食材から別の人へ感染する事があります。
しっかりと野菜、肉類には火を通します。
少しでも傷んでいるかも?という食材は避けましょう。

流行時期によって原因は異なる

秋から冬にかけて発生するのはウイルスで、夏に感染するのは細菌です。
ウイルスは一般的な風邪と同様でくしゃみや咳からで感染します。
細菌は感染している人から食材を通じての場合と、元々感染していた貝等を通じて感染します。

潜伏期間はどの位?

潜伏期間はウイルスか細菌か、また更に細かい種類によって期間が異なります。
ウイルスの場合は1日〜数日かかり、細菌であれば半日から2日程が潜伏期間となります。

細菌の場合、通常は短いですが、原因が病原性大腸菌O-157であれば数日から一週間程、潜伏期間があります。
O-157の場合は症状が出る前に他の人に感染し、集団感染となる事があります。

食事は何が良い?

胃腸風邪になった時に重要なのは水分をしっかりと補給する事です。
嘔吐や下痢は原因のウイルスや細菌と一緒に体の中の水分を外に出してしまうため、体の中の水分が不足してしまいがちです。
もちろん水分だけではなく、栄養を取ることも重要です。

最初は水分

良くなってきたら少しずつ消化の良い食事

ほぼ症状が治まってきたら普通の食事

この様に段階的に取るのが良いです。

水分補給の方法

場合によっては水分をとっても吐いてしまう事もあります。
ですが、吐いてしまうからと水分をとらないと脱水症状が出る事があります。

ゆっくり時間をかけて、水やお茶等を飲むようにします。
胃に負担がかかってしまうため冷たすぎず熱すぎない様にしましょう。

症状が治まってきた際の食事

ある程度吐き気や下痢が治まってきたら、食べやすい柔らかい食事を取ります。
スープやおかゆなど、りんごをすりおろした物がピッタリです。

この際に油の多い物は避け、温度も高くなり過ぎないようにします。
ラーメン等は温度も高く油も多いので、避けた方通いです。

スープも沸騰(ふっとう)させたお湯から作りますが、充分に冷ましてから飲みます。
りんごもすりおろす際には冷蔵庫から出したばかりの場合、温度がかなり下がっているので少し置いてから食べる様にします。

これらの食事の注意は自分で食べる場合には気をつけやすいですが、看病している時に忘れがちになるので気をつけましょう。

症状が治ったら

嘔吐も下痢も治まったのであれば、無理をしない程度に通常の食事をします。
この時も、油の多い物や温度が極端の物は避けておきます。

自宅療養と病院の治療

細菌やウイルスであれば、自宅療養でも治ります。
ただ、症状としては原因にもよりますが数日から一週間程は続きます。
自宅で治療する場合、市販薬としては吐き気止め、また下痢止めではなく整腸剤を飲むようにしましょう。

■胃腸風邪の症状が続く期間

辛い症状の多い胃腸風邪ですが、治るのにどのくらいかかるのでしょうか?

原因となっている細菌やウイルスによって異なりますが、短くて2~3日、長くて1週間程度です。なので、およそ1週間は症状が続くことをあらかじめ覚悟しておいた方がいいでしょう。もちろん、ずっと辛い症状であることは少なく、だんだん症状は軽くなっていくはずです。
出典 ららぽーと横浜クリニック(http://lala-clinic.jp/article.php/20170403122623574)

病院に行くべき場合

もし我慢出来ない位の痛みを伴う場合、胃腸風邪ではない可能性もあります。
例えば胃炎や胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍という、吐き気や下痢を伴う病気等があります。

また通常、胃腸風邪はウイルスや細菌が原因でも長くて一週間程、また次第に症状が良くなっていくのが一般的です。
そのため症状が酷くなくても、一週間以上も症状が続いている、または一向に良くならない場合は病院に行きましょう。

子供まだ免疫(めんえき)が弱く症状が悪化する危険性があるので注意しましょう。
高齢者も成人に比べて免疫が弱くなっていて、同様に症状が悪化するケースがあります。

特に子供は自分でどの位痛いかを伝える事ができていない場合も多いです。
小さい子供、高齢者が感染した場合は、できるだけ早めに病院に行きましょう。

病院で出される薬とは

原因によって異なりますが、ウイルスであれば症状に対しての薬を出し、細菌であれば抗生物質を出します。
細菌が原因の場合は、抗生物質を飲む事で原因自体をやっつける治療になります。

7. どのように治療するの?

ウイルス性胃腸炎にはインフルエンザなどと異なり有効な抗ウイルス薬がないので主に対症療法になります。細菌性は抗菌薬(抗生物質)の投与が有効です。 対症療法としては吐き気に対しては吐き気止め(ナウゼリンなど)が用いられます。下痢に対しては下痢止めを使っても治療期間は変わらないとの報告が多く、強い下痢止めは使わない方がよいでしょう。整腸剤である乳酸菌製剤(ビオフェルミン、ラックBなど)程度が望まれます。 ウイルス性では一般に3~4日程度で症状は自然に寛解します。ただし老人や幼児などでは重篤化することもあり注意が必要です。
出典 医療法人社団 友愛会 鎌田クリニック(http://www.k-yuaikai.com/html/q_and_a/q_kaze.html)

子供の胃腸風邪は看護者の感染に注意

ウイルスの中でも、ロタウイルスというウイルスが原因の場合、大人よりも子供の方が症状が出やすいです。
ですが、大人はかからないというわけではありません。
あくまで免疫が低い子供だと症状が出やすいという事です。

大人でも疲労している時には免疫が弱くなっている時があるので、感染してしまう可能性はあります。
特に感染している子供を看護しているうちに、その家族が感染する事も少なくありません。

感染している子供の看護する際の注意

感染している子供を看護する場合、嘔吐物や排泄物から感染するケースが多いです。
直接触れる事がなくても、乾いた汚物についていたホコリが空気を通じて、口の中に入るという事があります。

子育ての疲労で感染する事も

母親は子育てで日々疲労が溜まり、免疫が弱くなってしまっている事もあります。
その際には感染リスクも高くなりますので、しっかりと処理を行い消毒を心がける事が重要です。

特におむつや子供の吐き出した汚物の処理は感染しないように気をつける必要があります。

処理時の感染予防

まず、処理作業をする際にマスクや手袋は必須です。
消毒液が自宅にないからと消毒を行わない方もいますが、実は家庭にある掃除用品でつくることが出来ます。
家庭で一般的に利用されるハイターやブリーチ、これを50倍で薄める事で消毒液を作ることができます。
処理した箇所はこれで消毒します。
処理につかった雑巾は、マスクと手袋と一緒にゴミ袋に入れて再利用せずに処分しましょう。

無理をせず、しっかりと休養を

多少の吐き気であれば、休まず仕事を…という気持ちもあるかもしれません。
ですが、症状は数日かかる可能性が高い事を認識し、しっかりと休養を取りましょう。
症状が酷くない場合は自宅での療養でも良いですが、高齢者や子供は重症となる前に病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク