頭痛と一言でいっても症状はさまざまですので、どんな種類の頭痛薬を選べばいいのか困ることがあります。

本ページではお悩み別におすすめする市販の頭痛薬、配合されている成分とその効果、市販薬ではなく医師の受診が必要な症状についてなどまとめました。

病院に行きたくても行けない緊急処置に、コンビニやドラッグストアなどで今すぐ買える市販の頭痛薬をご紹介します。

お悩み別!おすすめの頭痛薬

「とにかく強い頭痛薬が今すぐ欲しい」
「眠くなりにくい薬はないか」
「子供が服用できる市販薬を探している」
「胃にやさしい薬がいい」など。

お店に買いに来た人によって、頭痛薬に求めている特徴は異なります。
各医薬品の特徴を比較して、ご自身にあったものを選んでみてください。

評判のいい頭痛薬

  • バファリンプレミアム(ライオン)

    バファリンプレミアムは効き目がやさしく作用する感覚と、高い鎮痛効果、服用してから効果を実感するまでのスピードという、3つを兼ね備えた優秀な頭痛薬です。市販の頭痛薬の中でも群を抜いて支持されていますので、初めて購入する方も安心して服用できます。鎮痛効果の高い成分イブプロフェンは、その一方でなかなか水に溶けないという特徴もあります。そうなると一般的な市販薬の場合、
    水に溶けない → 有効成分が胃で溶けない → 頭痛薬が効かない

    という流れになるのですが、バファリンプレミアムは細かくし水溶性高分子でおおうという新発想により、水に溶けやすくすることに成功しています。

  • ナロンエースR(大正製薬)

    ナロンエースRの頭痛に作用する有効成分は、エテンザミドとイブプロフェンの2種類です。イブプロフェンのみを主成分とする医薬品はあるのですが、鎮痛効果が優れているという一方で、副作用も強くなるという性質を伴っています。ナロンエースRではイブプロフェンのみを主成分とする頭痛薬よりも配合量を抑えて副作用を減らし、エテンザミドを配合することで中枢神経の痛みを阻止する効果を加えています。イブプロフェンは頭痛の元である炎症抑制作用を発揮しますので、Wの効果で痛みに働きかけることができます。

  • ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)

    ロキソニンという名称はテレビCMでも耳にすることがあるので、成分ではなく医薬品の名前だと思っている方も多いのではないでしょうか。ロキソニンは市販薬の名称であり、かつ薬品に配合される成分の名前でもあります。市販薬は医師に処方してもらう医薬品ではなく素人がお店で購入するため、一般的には効き目に違いがあるのですが、このロキソニンは変わらないということです。頭痛でよく受診されていてロキソニンを処方されている方で、いつもと同じような症状が起きているのにどうしても病院に行く時間が取れないときなど、市販薬のロキソニンは助かるでしょう。

眠くなりにくさで選ぶ頭痛薬

  • ノーシン錠(アラクス)

    ノーシン錠の頭痛を抑制する主な有効成分は、エテンザミドとアセトアミノフェンです。カフェインというとコーヒーなどの飲料に含まれている成分ですが、ノーシン錠には鎮痛効果をサポートする働きで含まれています。
    コーヒーなどを飲んだときと同様に、ノーシン錠を服用してもカフェインの覚醒作用が発揮されますので、眠くなりにくい頭痛薬です。

  • エキセドリンA錠(ライオン)

    エキセドリンA錠もカフェインを配合した頭痛薬ですので、眠くなりたくないときに適しています。
    エキセドリンA錠の有効成分はカフェインの他に、アセトアミノフェンとアスピリン(アセチルサリチル酸)が含まれています。

  • ロキソニンSプラス(第一三共ヘルスケア)

    ロキソニンSプラスの主成分は、酸化マグネシウムとロキソプロフェンナトリウム水和物です。
    いずれも眠くなる働きがなく、胃を保護する効果があります。
    頭痛へ高い効果を発揮し、スピーディに働きかけますので、急いでいるときにもおすすめです。

早さを期待するなら

  • タイレノールA(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

    タイレノールAは、服用してから約15分~1時間で効き目を実感できるといわれています。主成分はアセトアミノフェンで、副作用が少ないことから一説には妊娠中でも利用できるという情報がありますが、必ずかかりつけの医師に相談して、安心して飲めることを確認してください。

  • バファリンEX(ライオン)

    バファリンEXの主成分はロキソプロフェンナトリウム水和物で、高い即効性を備えた頭痛薬です。
    胃を保護する成分も配合されていますので、急いでいるときだからこそ、副作用で別の症状で体調を壊してはいられない方におすすめです。

  • ロキソニンSプレミアム(第一三共ヘルスケア)

    ロキソニンSプレミアムは、服用後約15分~1時間程度で効き目を実感できます。
    主成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物の他にもさまざまな鎮痛作用を備えた成分が配合されているので、胃を保護するなど頭痛の症状以外への効き目も発揮します。

子供用に作られた頭痛薬

市販薬は服用する人の年齢によって、1回あたりに飲む個数を減らすものなどがあります。
頭痛薬の場合は大人用を購入してしまうと、子供は飲めないものが多くありますから気を付けてください。

  • 小中学生用ノーシンピュア(アラクス)

    小中学生用ノーシンピュアは、7歳以上15歳未満の小中学生を対象として開発された頭痛薬です。
    有効成分としてアセトアミノフェン、カフェイン、アリルイソプロピルアセチル尿素などが配合されています。

  • ノーシンホワイトジュニア(アラクス)
    同じノーシンでもっと低年齢層のお子さんの頭痛には、ノーシンホワイトジュニアが発売されています。
    対象年齢は3歳以上15歳未満と幅広くなり、小さい子供でも飲みやすいようフルーツ味になっています。
  • 小児用バファリンCII(ライオン)

    小児用バファリンCIIも対象年齢は同じく、3歳以上15歳未満です。
    こちらもフルーツ味に仕上げられて飲みやすく、しかも錠剤が小粒になっていますので、のどにつかる感覚が苦手なお子さんにも最適です。

粉末タイプの頭痛薬

錠剤ののどにつかえる感覚が苦手な大人の方は、粉末タイプはいかがでしょう。

  • セデス・ハイG(シオノギ)

    セデス・ハイGは、即効性が期待できるアセトアミノフェンや、効果が高いイソプロピルアンチピリンなどが配合されています。
    カフェインも含まれていますので、眠くなっては困るときにも適しています。

  • ノーシン(アラクス)

    ノーシンは主成分にアセトアミノフェンを配合し、ACE処方という頭痛に高い効果を発揮する市販薬です。
    ノーシン粉末タイプもカフェインが入っていますし、ACE処方の働きで優れた即効性と眠くなりにくい性質があります。

漢方薬で頭痛を改善したいなら

今、西洋医学に漢方薬を活用する取り組みが盛んになっています。

  • 葛根湯エキス顆粒S(クラシエ)

    葛根湯エキス顆粒Sは頭痛薬としての市販はされていませんが、東洋医学の観点から頭痛にアプローチしていきます。

頭痛薬に配合される有効成分・効能

「頭痛薬を飲んでいるのに、効果が実感できない」とお悩みでありませんか?
あなたの頭痛のタイプにあった有効成分配合の薬品を選べれば、そのお悩みは解消されるはずです!

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは小児用の市販薬に選ばれているほど、副作用が少なく、胃への負担が軽い有効成分です。
じかに脳に作用し、痛みを感知する物質を抑える効果があります。

赤ん坊に処方されるほどやさしい成分なのですが、あやまった服用方法をするなどすれば急激に毒性を発揮するケースがあります。
取扱説明書の指示を必ず守ってください。

エテンザミド

エテンザミドはアスピリンと同様の効果を発揮しつつ、胃への負担が少ないという特徴があります。
ライ症候群を引き起こす心配がないことから、年齢が15歳以下の子供が飲んでも安心です。
ただ、水ぼうそうやインフルエンザを発症している時期には服用させないよう、親御さんが注意してあげてください。

アスピリン

アスピリンは19世紀に誕生した、歴史の古い有効成分です。
これまで世界中で頭痛の治療薬として服用されていますので、安全性は確かです。
胃の負担が気になるところですが、イブプロフェンやロキソプロフェンよりもやさしい成分です。

イブプロフェン

イブプロフェンは安全性が高く、炎症抑制効果に優れています。
これまでにもたくさんの頭痛薬に配合されているのですが、比較的胃への負担が強めです。
胃を守りながらしっかり頭痛改善の効果を得るために、食事を摂ったあとに服用するよう指示されています。

イブプロフェンと一緒に配合されることが多い有効成分に、眠くなりやすい副作用の睡眠鎮痛剤がありますので、服用後の予定を考えてから選ぶことをおすすめします。
車をこれから運転しなければいけないときなどは、別の有効成分が入った市販薬を選びましょう。

ロキソプロフェン

強力な頭痛薬をお探しなら、ロキソプロフェンを配合した薬品がおすすめです。
ただ、効き目が強いということは、その一方で胃への負担があるということも知っておいてください。
胃粘膜を守る薬品を一緒に飲むよう、指示されるケースもあります。

病院で医師の処方箋が必要になる薬品でなく市販薬としては、ロキソプロフェンが最も強いと評価されています。
ロキソプロフェンを配合した市販薬を購入するためには、薬剤師がいるお店でないと手に入りません。
購入時には薬剤師から服用するにあたっての注意事項など説明を受け、安全に飲むようにしてください。

即効性がある成分

即効性を期待するならアスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンです。
辛い頭痛に素早く対応できる変わりに、副作用も気になる成分です。

副作用や胃への負担が少ない成分

副作用が少なく、胃への負担の心配を最小限にとどめたいなら、アセトアミノフェンヤエテンザミドです。
おだやかに頭痛に働きかけます。

市販薬でなく医師の受診が必要な症状まとめ


頭痛の種類によって、市販薬での対応で十分なケースもあれば、医師の受診を早めに受けた方がいいケースもあります。

よく起こる頭痛

「頭痛持ち」だという人がよくいますが、同じような症状の頭痛を繰り返している場合のほとんどは慢性頭痛だと考えられ、この場合生命に影響する症状ではありません。
慢性頭痛には、緊張型頭痛や片頭痛などの種類があります。
根本的な改善に取り組むなら、頭痛外来、脳神経外科、神経内科などで治療を受けられます。

どんどん痛くなる頭痛

ただ、慢性頭痛によっては適切な治療を受けても治りにくい疾患もあります。
慢性頭痛でも以前と比較して症状がひどくなっているなら、慢性硬膜下血腫や脳腫瘍などの疑いがあります。

突発的な頭痛

突発的に頭が痛くなり、今まで経験したことがないほどの辛い痛み、短時間で急激に激痛が走るような頭痛、発熱、手足のしびれや麻痺を伴うケースは、市販の頭痛薬では不十分です。
すぐに病院へ行って、医師に診てもらってください。

最後に

たくさんの頭痛市販薬が販売されていますので、ぜひ医薬品の特徴を知った上で、そのときの症状にあったものを選んでください。

頭痛がクセになってしまっている方の中には、いろいろ試したけれど完治できないというお悩みもあるでしょう。

そんな場合は医師に相談してもすぐ完璧に治すことは難しいかもしれませんが、学業や家事、育児、仕事などへの影響を減らし、上手に付き合っていけるよう症状に歩み寄ることも大切かもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク