しゃっくりが他の人よりもよく出ていると感じている人はいますか?
それだけでなく、なかなか止まらず、もしかしたら病気なのでは?と心配になってしまっている人も多いようです。

しゃっくりが止まらなかったり、頻繁に出る原因は、主に3つに分かれています。
1つ目の原因はストレス、2つ目は問題がないしゃっくり、3つ目は病気によるものです。

ここでは、しゃっくりが起こる原因や早く止める方法、もし病気が疑われるときはどの診療科へ行けばいいのかということを、詳しく説明していきます。

しゃっくりが起こる原因

ほとんどのしゃっくりは特に気にしなくても大丈夫

多くの場合は、よくしゃっくりが出ていたとしても気にしなくて大丈夫です。

しゃっくりというのは、胎児の頃、鼻や喉に異物が詰まってしまった場合に必要な体の動きでした。

成長してからのしゃっくりは、神経が刺激されたときに、横隔膜の痙攣が原因で起こります。

中にはお酒を飲むとしゃっくりが止まらなくなるという人もいるようですが、これも胃への負担が大きく、それが刺激になり横隔膜が痙攣するため、出るようになっているのです。

問題のないしゃっくりのほとんどが、48時間以内に自然に止まります。

ストレスが原因のしゃっくり

48時間以上しゃっくりが止まらなかったり、あまりにもよく出るときには、ストレスが原因かもしれません。

ストレス性のしゃっくりが出るときには、自分が想像している以上の強いストレスが体に掛かっています。

ストレスは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、うつ病、メニエール病などの様々な病気の原因にもなり得ますので、できるだけ早くストレスの原因を取り除くことが大切です。

病気が原因のしゃっくり

いつまでもしゃっくりが止まらない・気づけばいつもしゃっくりが出ているというときには、ストレスだけでなく、重大な病気が隠れていることもあります。

脳の病気や消化器系の病気が隠れていたり、タバコ(ニコチン)、飲んでいる薬による副作用、お酒(アルコール依存症)、糖尿病や肝硬変なども原因になりますので、注意してみてください。

早く止める方法

しゃっくりを早く止める方法で有名なのは、「びっくりさせる」というものではないでしょうか。
皆さん、1度は聞いたことがありますよね。

ですが、実際には効果が薄かったという人が多いようです。
ここでは、しゃっくりをできるだけ早く止める方法を2つ紹介します。

息を限界まで止める

しゃっくりを早く止める方法で、簡単なのは息を限界まで止めるというものです。
用意するものもなく、その場で出来るので、外出先でも大丈夫です。

  1. 息を限界まで吐く
  2. 息をこれ以上ないくらいまで吸う
  3. 息を限界まで止める

これだけの簡単3ステップでしゃっくりを止めることができます。

しゃっくりが止まるツボを押す

しゃっくりが止まるツボを押すと、早くしゃっくりを止めることができます。
デスクに座っていてもさりげなく押せるツボなので、仕事中などでも大丈夫です。


・ 天突(てんとつ)
天突とは、左右の鎖骨の真ん中、喉の中心のくぼみにあるツボです。

  1. 人差し指でゆっくりと優しく押し、数秒キープ
  2. ゆっくりと離す
  3. 上記を2セット行う

天突はとてもデリケートな部分なので、無理に押すことはせず、優しく押すようにしましょう。

治療はどの診療科?

しゃっくりがどうしても止まらないと、不安になって病院へ行ってみようと思うときに疑問に思うのが、何科を受診すればいいのかということではないでしょうか。

しゃっくりが原因で病院へ行く場合は、まず何が原因で出るようになったのかということを考えます。思い当たる原因があるなら、それにあった所を受診しましょう。

もし、何も思い当たることがないときは、まず内科へ行くことをおすすめします。
近くの内科でも良いですが、しゃっくりには大きな病気が隠れていることもあるので、総合病院でも良いでしょう。

48時間止まらない場合は要注意!

ここではしゃっくりが止まらない原因や対処法についてお話をしてきました。

しゃっくりのほとんどは問題がないもので、48時間以内に止まります。
48時間以内に止まるしゃっくりは、そのまま放置していても大丈夫です。

ですが、中にはいつまでも止まらなかったり、毎日何回もしゃっくりが出るという人もいるようです。

その場合は、ストレスや大きな病気が隠れていることがありますので、ストレスを取り除くことを意識したり、内科がある病院へ行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク