感染性胃腸炎とはお腹の風邪ともいえる病気で、細菌やウイルスが胃腸系に感染することが原因です。

細菌やウイルスの種類は様々ありますが代表的なのはウイルスで、その中でもノロウイルス、ロタウイルスという物です。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、ここではこの2つのウイルスに感染した場合の症状や予防法等を紹介していきます。

どんな症状が出るの?

ノロウイルスもロタウイルスも主な症状としては同様で、嘔吐(おうと)や下痢、発熱等が現れます。

お年寄りや幼児の場合、嘔吐物が喉に詰まって死亡してしまうというケースもあります。

ノロウイルス

症状は子供が嘔吐が、成人は下痢の症状が出やすく、1、2日間続きます。

症状が安定してからもウイルスを排出している事もあり、長くて1ヶ月程続きます。
感染した人が身近にいたら治っていても、他の人に感染しない様、予防して気をつけなければいけません。

ロタウイルス

ノロウイルスに比べ症状は5、6日と長く続き、便が白くなることもあります。
これは、通常肝臓から出る胆汁というものが便に色をつけるのですが、ウイルスの影響で肝臓が機能しないためです。

ロタウイルスでの感染症状の特徴でもありますが、必ずしも白いからと言ってロタウイルスとは限りません。

またロタウイルスは感染しても症状が発症しないこともあり、これは体の免疫(めんえき)による部分があります。

大人は免疫ができているので症状は軽めで済む事が多いのですが、免疫がまだ弱い小さな子供は重症になる事もあるので、気をつけなればいけません。

流行りの時期と潜伏期間

ノロウイルスとロタウイルスで違いがあります。

流行りの時期はノロウイルスが冬の前半、ロタウイルスが冬の後半から春にかけてです。

潜伏期間はノロウイルスが1、2日、ロタウイルスは2〜4日間とロタウイルスの方が日数がかかります。

ウイルスの感染経路

感染系はどちらとも、口から感染して腸内で繁殖(はんしょく)していきます。

ただ、口に入ってしまうまでの経路は異なります。

ノロウイルス

手指、食品を通じて感染します。
感染した生野菜を食べた場合の他に、感染した二枚貝の加熱不十分や生で食べた時に感染するケースもあります。

この貝のケースは調理する人から貝に感染し別の人にうつる、というのではなく、元からウイルスがいる生活排水が海に流れ、そこで貝が感染してしまうというものです。

よく生牡蠣で食中毒になる、というのはこのノロウイルスが原因の時もあります。
生食用の牡蠣というのは、安全性もクリアして販売されているもので、加熱用を加熱せずに食べたという事がなければ通常は大丈夫です。

ロタウイルス

ノロウイルス同様で感染した物を触った手から口にという流れですが、感染者の便や嘔吐物からも感染する事があります。

汚物が乾いた物からホコリを通じて、口に入る事でうつってしまいます。
そのため子供が嘔吐した場合等は処理に十分気をつけなければいけません。

治療、検査はどのような方法?

現在の所、特効薬というのはありません。
ロタウイルスに予防ワクチンはありますが、体に免疫をつくることが目的で免疫のない子供にしか注射することができません。

病院での検査方法

どちらとも便を使う検査キットでの検査です。
ロタウイルスの場合、検査は保険適用となっており、結果も20分程ではわかるのですが、感染していても感染してないという結果になる事もあります。

ノロウイルスの場合、3歳未満と65歳以上の人しか検査キットで調べる保険が適用にならず、診療代が高くなってしまいます。
そのため病院でも検査キットを置いていない所もあります。

病院での治療はどうするのか

病院でも特効薬がないため、対処療法という症状に対しての治療を行います。
下痢で水分不足になるので水分や栄養の補給、また整腸剤というもので腸の動きを整える薬を出します。

喉を詰まらせる可能性のある小さな子供やお年寄りでなければ、症状が軽い場合は栄養と水分を補給して自宅で療養でも大丈夫です。
もちろん、不安になった時や症状が酷い時は受診しましょう。

どのように予防するべきか

ノロウイルスもロタウイルスも、手洗いや消毒が予防する上で重要になってきます。

トイレの後、調理や食事前にせっけん、流水で手洗いをしっかり行いましょう。
手洗いの時には時計は外し、爪はできれば短くしておきます。

正しい手洗い

手洗い
正しい手洗いの手順は以下の通りです。

  1. 石鹸を手の全体につける
  2. 手のひらをよく洗う
  3. 手の甲をのばすように洗う
  4. 指先、爪の間をよくこする
  5. 指の間を洗う
  6. 親指と手のひらをねじってあらう
  7. 手首を洗う
  8. 十分に水で流し洗いする
  9. 乾いたタオル、ペーパータオルでしっかりと拭く

特に指先、爪の間はウイルスが残りやすいので気をつけましょう。

調理器具の予防

シンク、洗剤用スポンジや布巾、調理器具は使用後に消毒しましょう。
85度以上の熱湯で1分間以上つけておくことで消毒できます。

触る物にも注意

下痢をしている人がいる時はドアノブを消毒、小さい子供が感染した場合はおもちゃ等もしっかり消毒を心がけます。

消毒液の作り方

ドアノブ、おもちゃ等の消毒は次亜塩素酸(じあえんそさん)ナトリウムを0.02%にしたもので消毒します。

これは家庭用漂白剤のハイター、ブリーチ等を薄めることで作れます。

500mlのペットボトルを用意して、キャップ半分弱の消毒剤原液と、それに加えペットボトルいっぱいになる水を加えると約0.02%の稀釈となります。
これをスプレーできる容器等にいれ、おもちゃやドアノブに吹きかけるのが良いです。

食事はしても大丈夫?

小さな子供でなければ、食事をしてはいけないという事はありません。

できるだけ辛味や刺激のあるもの、油が多い物は避けましょう。
お菓子や乳製品は油が多いので控えておきます。

日頃の食事で良いもの

普段からヨーグルトを食べていると、腸の中の環境が整うためウイルスが来ても繁殖せずに症状が出にくくなります。

症状が出てからも食べる事は問題ないのですが、脂肪分が多く消化に悪いので、たくさん食べる事でお腹に負担がかかってしまいます。

お風呂は大丈夫?

お風呂も入って問題はありません。
ですが下痢をしている人がいる時には、入浴用品を通じて感染する可能性があるので気をつけなければいけません。

入浴時の注意点

感染して下痢をしている場合、お風呂は一番最後に入る様にします。
またお尻にウイルスが残っている事もあるので、しっかりと洗いましょう。

入浴用品は清潔に

お風呂内で使っている道具はしっかりと清潔に洗い、調理器具と同様で85度以上の熱湯に1分間以上つけておくと殺菌効果があります。

またタオル類は感染者と同じものを別の人が使わない様にしましょう。
特にバスタオルは普段家族で使い回しをしたり、翌日また使ったりする家庭も多いので注意が必要です。

出席や出勤の停止はある?

仕事や学校等を休まなければいけないかどうかですが、ノロウイルスもロタウイルスもどちらも定められていません。
そのため自己判断とはなりますが、症状が治ってからも他の人に感染させないよう予防が必要です。

保育園は事前に確認を

保育園の場合、登園届や病院の証明が必要な事もありますので、決まりを確認しておきましょう。

食品を扱う仕事は注意


食品を通じて感染する事もあるため、食品を扱う仕事の場合は慎重にならなければいけません。
病院で感染性胃腸炎と診断された場合は仕事場に報告しておきましょう。

下痢の症状があった場合、直接食品を触る仕事をしてはいけない等、職場で決まっている事もあります。

流行時期になったら

流行時期の下痢、嘔吐は全てノロウイルス、ロタウイルスと疑うという医者も多い程、よく流行る病気です。

周りにその症状が出ている人がいたら消毒、予防をしっかり行いましょう。

症状も成人であれば重症化となる事はほとんどありませんので、自分がかかってしまったと思われる場合、水分を十分にとって安静にしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク