食事をしても、会話をしていても痛みがある口内炎。

何とかして早く治したい口内炎ですが、正しく治療して痛みを和らげるためには口内炎の種類を知っておくことも大切です。

口内炎の種類によって治す方法も違います。

即効性のある方法、確実に治す方法を知っておくことで次に口内炎ができたときには、すぐに痛みを緩和させることができます。

口内炎の種類

口内炎は細かく分けると非常に多くの種類がありますが、大きく5種類に分けられます。

  • アフタ性口内炎
    一般的に口内炎と呼ばれている種類です。
    アフタ性口内炎は頬っぺたの内側、上顎、歯茎や唇の内側など、口内の粘膜部分にできます。
    大きさは6mm以下で、灰白色や黄白色です。

 

  • カタル性口内炎
    アフタ性口内炎と似ている物の、口内に赤く炎症が発生し、その後ただれやひび割れる症状が特徴です。
    刺激の強い食べ物がしみたり、唾液の分泌量が多くなって口臭が強くなります。
    虫歯や風邪、胃腸の調子が悪い時などにも発症する口内炎です。

 

  • ウイルス性口内炎
    単純性ヘルペスウイルスが原因となり、ウイルス感染で発生する口内炎です。
    大人で発症することはほとんどなく、子供に多く発症します。
    のどの痛み、発熱、歯茎の腫れなどが特徴となります。

 

  • アレルギー性口内炎
    特定の食品や金属にアレルギー反応を起こすことで口内炎ができます。口の中のただれや水ぶくれ、アフタ性口内炎ができます。

 

  • カンシダ性口内炎
    基礎疾患があったり、抵抗力が弱くなっている人に発症する特徴があります。口内の常在菌が繁殖することが原因です。白い苔のようなものが口内全体に発生して、その後赤く炎症を起こします。

白い正体はなにか

特にアフタ性口内炎では、患部が白くなります。

潰してしまうこともできそうですが、会話や食事の時の痛みが一層辛くなります。

この白い部分をアフタ(灰白色斑)と呼びます。

炎症が生じている傷口の血液が固まる時に、たんぱく質によって膜ができ、細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割があります。

足や手を擦りむいた場合、細菌が入らないようにかさぶたができますが、口内炎の白い部分はかさぶたと同じ役割を果たしています。

それで白い部分を取ってしまうと、細菌が入り患部が悪化してしまったり、化膿するケースもあるため絶対にとらないようにしましょう。

口内炎の痛みを和らげる方法は

口内炎の痛みを少しでも和らげる方法はいくつかあります。

軟膏タイプの薬で、麻酔成分が含まれている薬を使うと効果的です。
ジブカイン塩酸塩、アミノ安息香酸エチルの2つの成分は痛みを緩和させる働きがあります。
患部に直接塗ることで、即効性を期待できます。

また、口内炎にはクルクミンという成分で痛みを和らげることができます。
クルクミンはウコンに含まれる色素成分の1つで健康食品の成分としても使われています。
トローチなどの医薬品で摂取することで、即効性が期待できます。

ステロイドなどを使用している医薬品もありますが、副作用の心配があります。
クルクミンには副作用の心配がなく、しかもステロイドと同じ程度の効果があります。

お金をかけずに痛みを和らげる方法もあります。
地倉(ちそう)と呼ばれるツボを押すことで痛みをある程度和らげられます。
口角を引き上げ、その外側にできているくぼみの部分が地倉のツボです。
左右同時に徐々に力を加えていくことで痛みを緩和する効果があります。

すぐにできる治し方は?

即効性のある治し方は、口内炎に効く医薬品を使用するのが一番です。
口内炎におススメの市販薬

薬がない場合、すぐにできるいくつかの方法があります。

まずは、はちみつを口内炎の患部に塗ることです。


塗った直後はかなりしみますが、ハチミツは口内炎をコーティングする働きがあるため長時間の効果が期待できます。

そして消毒するという点では、塩を塗ることも効果があります。
もちろん非常にしみます。

ハチミツを塗る時のようにコーティングするわけではないので、応急処置と考えて使いましょう。

また緑茶の殺菌効果を使う方法もあります。
緑茶を飲むだけでも口内炎の殺菌効果があります。
緑茶パックを口内炎に直接貼り付けておいても効果があります。

なかなか治らない時に確実な治療方法はコレ!

通常、口内炎の症状は1週間から10日程度で治ります。

薬を飲んだり、ビタミンを取ったり、色々な方法を試してみても中々治らない場合にはどうしたらいいでしょうか?

一番効果的で確実な治療方法は病院に行くことです。

歯医者などでは、口内炎をレーザーで焼いて治療してもらえます。
レーザー治療と聞くと抵抗があるかもしれませんが、ほんの数分で終わり、しかもその後は2、3日で完治します。

殺菌消毒して後は処方される軟膏を塗っておけば、痛みもすぐになくなります。

レーザー治療は保険が適用されないため病院によっては高額な治療費が発生する可能性もあります。
事前に治療費について問い合わせる必要があります。

口内炎のレーザー治療について詳しく見る

できる場所による原因の違い

ほっぺ(頬)の口内炎の原因

頬の内側に口内炎ができる原因の一つは、食事をしている時や会話をしている時に、間違って歯で頬の内側を噛んでしまうためです。
歯で噛むと傷がついてしまい、そこから雑菌が入り込んで傷口が大きくなっていきます。

アフタ性口内炎と呼ばれ、一般的な口内炎です。短期間のうちに何度も頬の内側を噛んでしまい、口内炎ができているなる場合、体重の増加が一つの原因として挙げられます。

体重が増えたことで、これまでよりも頬の内側に肉が付き、歯と頬がくっついてしまうため間違って噛んでしまいます。

もしくは親知らずの出っ張りや歯並びが悪いことで頬の内側を傷つけてしまうこともあります。

上顎の口内炎の原因は食べ物

上顎にできる口内炎ができる原因は、頬の内側と同じように、傷がつきそこから細菌が侵入するケースです。
ただし上顎の場所を考えると間違って噛んでしまったという訳ではありません。

固い食べ物を口の中に入れたときに、食べ物によって上顎を傷つけてしまうことが原因です。

上顎の組織は柔らかいため、傷ついてしまうのは仕方のない事ではありますが、固い食べ物を食べる際には十分気を付ける必要があります。

別の原因として考えられるのは、口蓋隆起という骨の病気です。突然変化が起きるわけではありませんが、骨が徐々に大きくなるため、上顎に口内炎ができてしまいます。

長期間にわたって上顎の口内炎が治らない場合には口腔外科などで診断してもらいましょう。

歯茎の口内炎はストレスが原因

歯磨きをしている時に、間違って歯ブラシで歯茎をこすってしまうと傷がついてしまい、これが原因となって口内炎ができてしまいます。

また食べ物を食べる時に、歯茎を傷つけてしまうことも原因の一つとして考えられます。

そして生活のストレスが原因となって歯茎に口内炎が出る可能性があります。
ストレスが蓄積されると、知らないうちに体の免疫や抵抗力は低下しています。

そのため、通常ならばすぐに完治するような、ちょっとした傷でも細菌と戦うための抵抗力がないために、口内炎になってしまいます。
ストレスをためないように生活することも、口内炎予防の一つです。

口内環境が清潔に保たれていないことが原因となって、歯茎などの場所に口内炎ができます。
清潔に保たれていないと、細菌や雑菌が繁殖する絶好の環境となってしまいます。
定期的に歯磨きやうがいをすることも大切です。

唇の口内炎は外的要素も原因

唇は口内環境よりも、外的要素ゆえに口内炎ができてしまいやすい場所です。
常に外気にさらされているため、冬などは乾燥して唇がひび割れして血が出てしまうケースもあります。

こうして乾燥して亀裂が入っている部分から細菌が入ると、口内炎ができてしまいます。

また女性であれば口紅を付ける時間も多いため、自分の体質に合わないとアレルギー反応を起こしてアレルギー性口内炎になります。

食生活が偏ってしまい、栄養素の中でもビタミンB2やB6が不足してくると唇に口内炎ができる傾向があります。

喉の口内炎の原因はウイルス性口内炎

他の場所にできる口内炎と違って、喉にできる口内炎の場合はウイルス性口内炎の可能性が高いです。
手足口病、帯状疱疹、ヘルペス性口内炎などが原因で喉に口内炎ができます。

喉にできている場合、即効性のある治療方法などはあまりないので、免疫力を高め自然治癒力で治す必要があります。

また耳鼻咽喉科や皮膚科、口腔外科などを受診して対応してもらえます。

舌の下(裏)の口内炎は抵抗力の低下が原因

舌の裏の口内炎

他の場所と同様に、舌の裏に口内炎ができてしまうのは疲れやストレスが溜まり、免疫力が低下することが一つの原因として考えられます。
加えて忙しさゆえにしっかりと料理をして食事をとらずに、コンビニ弁当やインスタント食品などが続くとビタミンなどの栄養素が不足してしまいます。

そのため口内炎ができやすい状態になってしまいます。

舌の裏にできた口内炎は他の場所の口内炎に比べて治りが悪いため厄介です。
話す時、食事をする時には想像以上に舌は口の中で動くため、刺激をうけるのが原因です。

免疫力を高めていくことも大切ですが、どうしても痛みが強い場合にはレーザー治療で焼いてもらう方法も効果的です。

舌先の口内炎の原因の一つは栄養素不足

舌先の口内炎

頬にできる口内炎と同じように、食事や会話の際に間違って舌を噛んでしまった経験は誰もがあります。

また歯磨きの際に舌を傷つけてしまうケースもあります。
こうした外傷が原因で口内炎になってしまいます。

またビタミンB12や鉄が不足すると舌先に口内炎ができやすくなります。
貧血などの症状がある人の場合には、サプリメントなどで鉄を補っておくと予防できます。

また抗生物質やステロイドを含む医薬品を長期間服用していると、副作用として口内炎ができます。
症状が続く場合には、使用している薬の服用を中止することも必要です。

免疫力を低下させないことが大事

口内炎ができてしまう大きな原因には免疫力の低下があります。

口内炎予防のために、口内環境を清潔に保っておくこと、歯ブラシや食事の際に頬や歯茎を傷つけないように気を付けることも大切です。

健康的な食生活やストレスをためないように心がけることで、免疫力を上げ口内炎ができにくい体を維持できます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク