天気痛とは天気によって頭痛やめまいなどの症状がでることをいいます。
昔から気候と病気や痛みは根拠の解明はされていなかったものの関係はあるといわれていました。
正式な病名とはされていませんが、現在では天気痛は医学的な研究が進められ認知されつつあります。
天気痛は耳と密接に関係しており、酔い止めの薬や耳のマッサージが効果的です。

原因は耳と脳の認識のズレ

天気が変わるとわずかながら気圧にも変化がありますが、この気圧変化が体に影響しているのです。
雨が降ったり湿気が多い台風の時、また寒冷前線の通過といって温かい気温が寒くなる時にする時などに発症しやすいです。

人間の体は耳で気圧を感じている

元々人間の体は通常の大気圧12トンから15トンに対して内面から対抗しており、この気圧を感じ取っているのは耳です。
耳の内耳という部分で圧力を通常感じ取って体がそれに合わせるようになっています。
内耳と目で見る情報に違いが発生した場合に、脳が調整することができないために体に異常が発生します。
環境の変化があると、自律神経が最初にその変化を感じます。
自立神経とは体の臓器の動きの司令をだす神経で、自分の意思では動かせないものです。

様々な原因が合わさって発症

天候だけが影響しているのではなく、元々なんらかの症状を持っている方が天候などが影響して症状が悪化するという傾向にあります。
自立神経が影響を受けやすいので、自立神経失調症や腰や関節などの痛みを持っている方は天気によって症状が強くなりやすいです。
気圧の変化が体に影響することで発生する症状を気象病や天気病といい、その中で頭痛やめまいなどが天気痛という分類に入りますが、気象病や天気病全体を天気痛と呼ぶこともあります。

天候以外のケース

耳で感じている気圧と脳がイメージしている状況が食い違うのは、天候だけでありません。
高い山に登ったり、車に乗ったままトンネルに入ることでも同様の状況となるため発症する可能性が高いです。
また乗り物酔いも同じ原理で発生します。

やっぱりはじまったクラクラ、ズキズキ、何とも言えない気分の悪さ。別名「動揺病」と呼ばれる乗りもの酔いですが、乗りもの自体の動きや揺れだけでなく、「感覚の混乱」が大きな原因となっています。
目から入ってくる情報とカラダで感じる動きにギャップがあると脳が混乱して自律神経が失調。めまいや頭痛、吐き気などの症状としてあらわれるのです。
引用元 エーザイ株式会社(http://www.eisai.jp/)

天気病の症状と天気痛

天気病全体の症状は実に様々で、天気痛だけでなく天気病全体の症状を知っておいた方が、自分の調子の悪さを把握しやすいです。

性格に影響することも

一見、性格によると思われる症状もあるのです。

  • 布団から出られない
  • 落ち着かない
  • 不安になる
  • イライラする
    こうした性格的な変化を気分障害とも呼び、自律神経に大きく関わっているために天候で症状が出ることがあります。

体の内面の症状として

痛みとして現れずに出る症状としては

  • 心臓がドキドキする
  • 血圧が変動する
  • だるさ
  • 吐き気
  • めまい
    などがあります。

体の痛みなどの症状例

実際に体の痛みなどの影響が出る症状としては

  • 関節痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 手足の痺れ
  • 目のかゆみ
  • アレルギー反応が強くでる
    といったことがあり、痛みに限定するとこれらが天気痛の症状となります。

対策はまず自分の天気痛を知ること

天気痛の対策をとるためには、まず自分の症状がどんな天気の時にどう発症するかを把握することが大切です。

天気痛とは、気圧の変化が体調に悪影響を与えることによっておこります。頭痛やめまい、気分が落ち込むなど、天気と自分の体の関係を把握することが、緩和の第一歩です。
引用元 天気痛Dr(https://www.tenkitsu-dr.com/)

自分が天気痛となることに加え、どんな時にそれが発症するかを知っておくだけでいきなり頭痛が来たりするよりも不安感がなくなります。

日記をつけて、痛みに備える

ただ漠然と痛い時があるというだけでは意識に残りづらいので、痛みや調子の悪さがでた時にそれを記録しておき、一緒に天気も記載します。
日記をつけることで天候や症状が明確になりますので、事前に薬などを備えることも可能です。

乗り物酔いの薬も効果あり

視覚的な情報と体の感じている情報が異なる状態というのは、乗り物酔いが発生するのと同じ仕組みということで、乗り物酔いの薬が効果があるとされています。

実は乗り物酔いも内耳と視覚からの情報の混乱で起こる。メカニズムが似ていることから、気象病によるめまいの改善にも、「市販の酔い止め薬が効く」(舟久保さん)という。「酔い止め薬には内耳の血流を改善し、内耳神経の興奮を鎮める効果がある。頭がぼんやりし、症状が出る予兆を感じたら、服用するといい」(舟久保さん)
引用元 日経電子版(https://style.nikkei.com/)

乗り物酔いは第二類医薬品なので、登録販売者がいるドラッグストアなどで購入することが可能です。

  • トラベルミン(エーザイ株式会社)
  • アネロン(エスエス製薬株式会社)
  • センパア(大正製薬株式会社)
    などがあります。

乗り物酔いに効くツボ

乗り物酔いに効くツボとして内関(ないかん)というツボがあり、これも天気痛に効果的です。
手首を曲げた時に出来るシワの場所から指三本分肘側の位置にあります。


引用元: エスエス製薬株式会社(https://www.ssp.co.jp/)

また同じ位置のちょうど反対外側部分の位置は外関(がいかん)といって、自律神経を整えて疲労回復などに効くとされているツボです。

耳の改善体操

気圧変化を感じる部分が耳なので、耳をマッサージするのも効果があります。
気圧の変化が起こりやすい飛行機内で勤務するパイロットや客室乗務員もしているマッサージといわれています。

  • 耳を軽くつまんで上下、横にそれぞれ5秒ずつ軽く引っ張る
  • 後ろ向きに5回軽く回す
  • 耳を5秒折りたたむ
  • 手で耳全体を多い、ゆっくり5回まわす
    これを朝、昼、晩の3回行うことで耳の血行が良くなり、耳の調子が良くなります。

相談する診療科は?

天気痛を専門としてる天気痛外来という診療科は2018年現在は日本で1つしかないのですが、天気病全般を扱う医療機関はあります。
主には内科、神経内科、心療内科となります。
しかし、天気痛や気象病などについてはあまり医学的にも多く広まっているとはいえません。
この診療科で必ず天気痛の症状改善につながる治療をしてもらえるとは限らない現状があるため、事前に天気病を診てもらえるかというのをサイトや電話で調べてから行く必要があります。

天気痛を把握し、対策をとろう

正式な病名とはなっておらず、まだ認知度が低い天気痛ですが対策方法や診療している病院はあります。
まずは自分がどんな状況でどんな症状が発生するのかを記録しておき、天気や季節を考えて対策をとりましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク