逆流性胃腸炎という病名を聞いたことはありますか。
調べてみるとなかなか検索結果に出てこないので、「もしかして逆流性胃腸炎にかかったかも」と訴える人は、胃腸炎と逆流性食道炎が入り混じったような症状をイメージして言われているのかもしれません。
同じ逆流性と病名についても逆流性食道炎との違いはありますが、今回は逆流性胃腸炎にかかったかもしれないというときに本人はどんな不調を伝えようとしているのか、胃腸炎や逆流性食道炎の症状・原因・治し方などを知ることで推測できるかもしれません。

胃腸炎

胃腸炎は、冬と夏のどちらの時期にもよく流行している病気です。
病名から想像がつくように、胃と腸に炎症が生じる疾患です。
ちなみに、炎症を起こした部位が胃のみの場合は胃炎、腸のみの場合は腸炎、胃と腸のどちらにも生じた場合は胃腸炎ということになります。

胃腸炎が生じる原因

胃腸炎と呼ばれる疾患はほとんどが感染症胃腸炎で、ウイルスや細菌が原因で発症します。
ウイルスの種類は、アデノウイルス・エンテロウイルス・ノロウイルス・ロタウイルスなど。
細菌の種類は、カンピロバクター・病原性大腸菌・腸炎ビブリオ・ブドウ球菌・サルモネラ・黄色ブドウ球菌などがあります。

感染症胃腸炎の患者さんは乳幼児が中心なのですが、決して子供しかかからない病気というわけではなく、何歳になっても発症する可能性はあります。
ウイルスや細菌の他にも毒キノコなどの植物、寄生虫、化学物質(カドミウム・水銀・ヒ素)で汚染されている食品や水などで引き起こされるケースもあります。
感染症胃腸炎には食中毒も含まれます。
胃腸炎の潜伏期間はどの病原体によってまちまちですが、だいたい1日~3日くらいのものが大半です。

胃腸炎はどのような感染経路で発症するのでしょう。
ウイルスや細菌が原因のときは、経口感染や接触感染によってうつります。
手に病原体が付着していることに気付かず口を触ってしまうことは、発症の原因になります。
嘔吐や下痢の症状があるときに、十分に手を洗浄しないまま他人に触れてしまうと、胃腸炎をうつす可能性があります。
嘔吐や下痢がついて汚れたおもちゃやおむつなどを片付け、洗浄する前に口に触ってしまうことでも胃腸炎に感染することがあります。
飲料水や食品でウイルスや細菌に汚染されたものを口にすれば、胃腸炎になります。
細菌が着いた食品を加熱処理をして殺菌せずに口にすることや、感染者の便で汚れたプールなどでも感染します。
毒性を持つ化学物質を摂ったことでうつる場合は感染ではありませんが、ウイルスや細菌は人間から人間へとうつる危険性があります。

胃腸炎の症状

胃腸炎は、主に腹痛・嘔吐・吐き気・下痢などの症状がでます。
症状がどの程度現れるかは毒素やウイルス・細菌の種類により違うもので、疲労感や発熱などといった全身に症状がでるケースも少なくありません。
嘔吐や下痢の症状がひどいときには、電解質喪失症状や脱水症状などを合併するケースも考えられます。

胃腸炎に似た症状の別の病気

腹痛・嘔吐・下痢・腸や胃の不調など、胃腸炎に似た症状を現す別の病気に以下の機能性ディスペプシアや過敏性腸症候群などがあります。

  • 機能性ディスペプシア ──
    継続的に胃もたれや胃の痛みなどの症状がありながら、検査を受けたり内視鏡で確認しても異常が出ない疾患です。
    従来は慢性胃炎・ストレス性胃炎・神経性胃炎などと呼ばれていたものが、現在機能性ディスペプシアという名称に変わっています。
    心窩部灼熱感(しんかぶしゃくねつかん・みぞおちが焼ける感じ)、心窩部痛(みぞおちの痛み)、早期膨満感(すつにつっかえる感覚や膨満感がある)、胃もたれなどの症状が現れます。
    ストレス・胃自体に起きる運動機能障害などが原因で発症します。
  • 過敏性腸症候群 ──
    機能性ディスペプシアと同じように大きな異変が確認されることはありませんが、下痢や便秘の症状が慢性的に続いたら、過敏性腸症候群の可能性が考えられます。
    過敏背腸炎といわれることもあり、主にストレスから発症されます。

胃腸炎の治し方

胃腸炎を受診するのは何科がいいかというと、消化器内科・胃腸科・内科などになります。
たいてい自然治癒していくものですから、市販薬を購入する場合でも治し方は対症療法や脱水予防になります。
対症療法とは、原因に対処するのではなく、発症した症状を緩和させるというものです。
特に年配の方や乳幼児は脱水を引き起こしやすい傾向がありますので、気を付けたいところです。
毎日の食事では、以下のことに気を付けてみてください。

  • 避けるべき食品 ──
    下痢を発症させやすい食べ物(海草・コンニャク・キノコ・繊維質が豊富な野菜など)、菓子類、アルコール、乳製品(牛乳など)、刺激物(コーヒーなど)、炭酸飲料や柑橘類などのジュース(グレープフルーツやみかんなど)
  • 消化がいい食品 ──
    (脂肪分が少ない製品の)アイスクリーム、野菜スープ、みそ汁、よく煮込んだうどん、すりおろしたリンゴ、おかゆや重湯(おもゆ)など
  • 対症療法 ──
    吐き気や腹痛な症状があるときには、吐き止めや痛み止めなど個別に薬を使用します。
    下痢をするということは、身体が体内にある毒素や病原体を自然な力で排出しようしていますので、発症して間もない時期に下痢止めを飲むのは身体によくないと考えられています。
    嘔吐や下痢の症状がある時期は、摂る水分は必要最低限に抑えて、あとは安静に過ごすことが大切です。
    嘔吐や下痢がおさまってきたら、少しずつ水分や、消化がよく胃にやさしい食事を摂るようにします。
  • 脱水予防 ──
    嘔吐や下痢の症状が改善しないときには、身体が必要とする水分や電解質が足りなくなりやすい状態です。
    補うためには、塩分や糖分などを含有する水分を摂ることが効果的となります。
    ひどい症状でとても経口摂取をすることが難しいというときには、点滴を打つなどして脱水を防ぐ方法もあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃の中で消化される途中の食べ物や強烈な酸性の胃液が食道へ逆流し、食道が炎症することによって発症します。
日本人は逆流性食道炎の患者さんが少なかったのですが、食文化が変わったことなどから増加している病気です。

逆流性食道炎の原因

下部食道括約筋というものが胃と食道の境目にあり、健康なときは食道が胃液によってダメージを受けないよう逆流できないようせき止めてくれています。
食道が逆流しないようにせき止めてくれる機能が悪い姿勢・ぽっちゃり体型・崩れた食生活・加齢などの原因で弱くなったり、胃酸の増加をきっかけとして胃液が逆流すると逆流性食道炎を発症することがあります。

逆流性食道炎の症状

患者さんの中には全く自覚がないという方もいるのですが、一般的には主に以下の症状があげられます。

  • 喘息や咳 ── 逆流してきた胃液が直に気管支や喉を刺激したり、刺激が食道から伝わったりすることで、喘息や咳の症状が起きるケースもあります。
  • 喉の痛みや口内炎 ── 逆流してきた胃液が原因で、口の中や喉に炎症が発症。進行した場合は口にした物を飲み込みにくくなる・口内炎がたくさんできる・声が枯れるなどの症状が起きるケースもあります。
  • ゲップや呑酸(どんさん) ── 口の中まで酸っぱい液体が上昇して、ゲップがでます。
  • 胸焼け ── 食道に胃液などが逆流し、胸が締め付けられるような痛みや胸焼けが起きます。
  • その他 ── 上記の他にも患者さんによって症状はいろいろあり、前胸部になんだか不快感や違和感がある・喉に違和感を感じるなどもあります。

逆流性食道炎の治し方

逆流性食道炎の治し方は、主に外科的治療・薬物療法・生活指導の3つがあります。

  • 薬物療法 ──
    医療機関で行われている逆流性食道炎治療の中心が、この薬物療法です。
    用いられている内服薬の種類は、胃や食道の粘膜を保護する薬・食道や胃の中にある食べた物が送り出されるように進める薬・胃酸が作られるのを抑える薬などがあります。
    とりわけ胃酸の生成を抑える薬は、逆流性食道炎の治療効果が優れているといわれています。
    胃酸分泌抑制剤と一緒に処方されることで、胃酸の生成を抑える薬以外の2種類も高い回復効果が発揮されることが明らかになっています。
    患者さん個人の病態や進行具合、逆流性食道炎以外にかかっている疾病があればその兼ね合いなども踏まえた上で、薬物療法の内容が決められていきます。
  • 外科的治療 ──
    薬物療法がまず行われ、経過をみて逆流性食道炎の症状が進行した・出血が何回もあった・食道が狭くなったなどという場合には、外科的治療として手術が検討されます。
    ただ、治療により生じるダメージが大きいことから、あらかじめ内科的治療で手が尽くされたあとに選択肢の一つとなるものです。
  • 生活指導 ──
    食べた物が逆流しづらいよう、食事の直後は前かがみになるなど腹圧が上昇する体勢をしないように気を付けたり、横にならないことが大切です。
    これらをしないだけでも、ある程度の治療や予防効果を得ることができます。
    食品の中には逆流しやすいものがありますので、できるだけ摂る量を減らしたり避けるなどすることをおすすめします。
    パンなどの炭水化物・柑橘類や梅干しなどの酸っぱい食品・甘い物・脂っこい物・タバコ・炭酸飲料・コーヒー・アルコールなどが逆流しやすい傾向があります。
    コーヒーは味の好みがありますが、ブラックで飲むのが一番よくありません。
    これらに気を配りつつ、食生活全体を見直すことが有効です。

逆流性食道炎のチェック方法

逆流性食道炎かどうか正確に知るためには、やはり医療機関で専門医に診てもらうことが必要です。
ただ、病院へ行く前に自分の病状にある程度の予測を立てておきたいというとき、逆流性食道炎に関するチェックシートの「Fスケール問診票」を試してみてはいかがでしょう。

以下にチェック項目が12ありますので、それぞれに以下の0~4の5段階から当てはまるものを選んでいきます。
項目の内容にいつも当てはまるなら4点、しばしば当てはまるなら3点、ときどき当てはまるなら2点、まれに当てはまるなら1点、全く当てはまらないなら0点です。
全ての合計が8点以上になるなら、逆流性食道炎の可能性が高くなりますので、医師に相談されることをおすすめします。

  1. 前傾姿勢になると胸焼けがする
  2. 頻繁にゲップがでる
  3. 胃酸(苦い水)が上昇してくるケースがある
  4. 食べ物を飲み込むとき、つかえる感覚がある
  5. 食事の最中に満腹になって食べ続けられなくなる
  6. ヒリヒリするなどノドに違和感を感じることがある
  7. 食後に気持ち悪くなるときがある
  8. 食後に胸焼けの症状が起こる
  9. 手のひらで思わず胸をこすってしまうことがある
  10. 食後に胃がもたれる(胃が苦しい)ことがある
  11. お腹が張ることがある
  12. 胸焼けがする

食道がんの可能性も

違和感やつかえ感などは逆流性食道炎の症状ですが、これらは食道がんの症状でもあります。
逆流性食道炎だと思って病院で診断を受けたら食道がんが発見されたというケースもありますし、逆流性食道炎が進行した場合食道がんの発症リスクが高いこともわかっています。

普段果物や野菜をあまり食べない・喫煙する・定期的にアルコールを摂取する・強烈な刺激のある食べ物を好む・熱々の状態でよく食べるなどという方は、食道がんにかかりやすい傾向がありますので、今日からでも改善していきましょう。

本当に逆流性胃腸炎?

逆流性胃腸炎という病名を調べても情報が出てこないということは、きっと他に正式名称があるのか、そもそもそのような病気はないのかもしれません。
ただ、検索している人が多い病名なので、胃や腸に不調を感じ、その不調が胃酸などの逆流によって起きているようだと予測している人がたくさんいることはわかります。
胃もたれや膨満感などは決して珍しい症状ではないので安易にとらえがちですが、試しに検査を受けてみたら食道がんだったなど、重篤な疾患が発見される可能性も考えられます。
取り越し苦労で、いらぬ心配をしただけだったということになれば一番いいのです。
食べ物やストレスなどいろいろな負担がかかりやすい胃腸に起こる不調ですから、行けるときに早めに病院で診てもらい、正確な診断や治療を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク