胃もたれとは胃のむかつきや不快感などがあることをいい、胃の中にある食べたものが次の段階の消化器へ運ばれないことによって発生します。
大食い早食いだけでなく、食事の内容やストレスでも発生することがあります。
市販薬なども多く販売されていますが、長期的に続く時は胃がんや胃炎などの病気の場合もあるので、病院で診てもらいましょう。

胃もたれはなぜ起きるのか

胃もたれが発生するのは胃の中で食事がうまく消化できていないためですが、まず胃がどのようにして食べたものを消化しているのかを知っておきましょう。

食べたものを消化して腸に送る

胃は食べ物を消化する臓器で、実は消化の際にはリズミカルに動いています。
動きながら胃酸で溶かし、消化したものを胃の下にある十二指腸に送る際にも動きながら少しずつ運んでいきます。
胃の入り口は食べ物が来たら空いてからすぐに閉じ、出口は消化が完了したら開いて食べ物を次の十二指腸へと送ります。
そして胃の動きは自律神経という自分の意思ではコントロールできない神経によって動かされています。

消化不良や動きが悪いことで発生

この胃で行う消化が何らかの原因で、悪くなったり鈍くなることで食べたものが長い時間、胃にとどまってしまいます。
これにより、胃に不快な感じが発生してしまうのです。


引用元: 第一三共ヘルスケア(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/)

吐き気が出ることも

胃が不調になると消化が遅くなるだけなく、逆流して吐き気が出ることもあります。
げっぷの回数が多いという時も危険信号です。

原因は食事やストレス

胃の消化する働きが弱くなってしまう原因は様々ありますが、食べ物を消化する臓器のため、食事内容で負担が大きくなります。
ストレスで自律神経に影響があり、胃の動きが悪くなることもあります。

食事、喫煙の問題

早食いは食べ物をあまり噛まないために、胃の中での消化に負担がかかります。
しっかりとよく噛んでから飲み込むことで、消化しやすくなります。
食べ方だけではなく消化しにくい食べ物をよくとることも消化不良につながります。
油が多めの食事、肉や脂肪分の多いものは消化に時間がかかり、胃の負担が大きくなってしまいます。

朝食を食べないなど、胃は12時間以上胃の中に食べ物が入らないことで胃酸が増えてしまいます。
消化するものがない状態で胃酸が増えると、胃は負担が増えてしまいます。
またアルコールやコーヒーは胃酸を増やす飲み物ですので、何も食べていない時にたくさん飲むことで胃に悪影響となります。

食事の他にもタバコを吸う、もしくはタバコの煙を吸う環境にいるとニコチンが胃の排出機能を低下させてしまいます。

ピロリ菌の増加

ピロリ菌という菌は胃酸の中で生息し、ピロリ菌が胃酸から守るためアンモニアを出すのですが、そのアンモニアが多くなると逆に胃の粘膜を傷つけるという研究結果があります。

食後すぐに体を動かす

食べ物を消化する際、胃に血液が集まり動かすための栄養をとります。
食後すぐに体を動かしてしまうと体の他の部分に血液がいってしまい、胃への血液が不足して消化が悪くなります。

お腹への圧迫

服装が影響することもあります。
お腹を圧迫する服を着ることによって、胃が締め付けられて消化不良となります。

ストレスも原因の1つ

ストレスを感じることが多いと、自律神経が乱れて胃の動きに影響が出ることがあります。

ストレスは胃の症状に強く影響することが知られています.経験的にストレスを受けると胃が痛くなることを感じている人も少なくないと思われます.このように,ストレスは胃の症状を起こしますが,これはストレスが胃腸の機能に影響するからでもあります.強いストレスを受けると胃の運動が止まったり,腸の蠕動が亢進したりするのですが,過度の緊張で嘔吐したりするのはこのためと考えられています.
引用元 日本消化器病学会(http://www.jsge.or.jp/index.html)

食事を変えて予防する

胃もたれを予防するには消化の良い食材を選んだり、しっかりと噛んでから飲み込むようにします。
夜寝る前に食事をしないことも大切です。

食材の変更例

脂身の多い肉をよく食べている方は、鳥のささみや白身の魚に変えると消化されやすくなります。
食物繊維をたくさんとることも大切ですが、たけのこ、きのこ、海藻類は消化に時間のかかる食材ですので、青菜やにんじん、じゃがいも、りんごなどにします。
また卵は生で食べずに、しっかりと火を通します。

調理方法を変える

食材自体を変更しなくても、それぞれの食材を小さく切ったり、よく火を通してやわらかくする、油を減らすということでも胃にやさしくなります。
油以外の調味料を減らすことも大切で、コショウや唐辛子は胃酸を増やしてしまいますので、意識して減らしてみましょう。

お腹いっぱい食べない

常にお腹いっぱいに食べてしまうと毎回消化するのに負担がかかるので、食べ物を変えなくとも量を減らすことも大切です。

食後は休憩する

胃の消化に専念するため、食後30分は運動やお風呂、外出を避けましょう。
食後すぐに寝ることも負担となります。
会社でのお昼休みなどにお店に行く場合、食事してすぐに移動せず数十分などある程度休められるようなお店選びをしたり、可能であれば混み合っている時間を避けて昼休みをとることも大切です。

食事の間隔を空けすぎない

1日3食食べることを心がけ、12時間以上あけないようにしましょう。
長時間食事ができない場合、何か軽いものを口に入れます。

胃もたれした時の治し方

食事以外ではお腹の圧迫を避けたり、ストレスをためないことが予防する上で大切です。
胃もたれになってしまった場合の治療としては薬や病院で診てもらうのが良いですが、胃をいたわることも重要になります。

食後の睡眠は寝る向きを考える

寝る2、3時間前には食事をしないのが良いですが、忙しく間隔を空けるのが難しいという場合には体の構造上、左を下にして横向きに寝ると良いです。

まず寝る直前に食事を取らないことがとても重要です。なるべく胃の中に物が入っていない状態で寝ましょう。横になると、胃袋は食道と同じ高さになり、胃の内容物が食道に流入してしまいます。また、左を下にして寝ると胃袋が食道よりも下になるため、逆流が防げます。
引用元 慶應義塾大学病院(http://kompas.hosp.keio.ac.jp/index.html)

胃のマッサージ

お風呂に入りながら膝を両方とも立てて座り、ゆっくりと息を吐きながら指先で肋骨の下を揉みます。
これにより、胃をマッサージすることができて消化のための動きが良くなります。

胃が不調な時のツボ

胃が不調を起こすと背中にもコリや張りなどが現れることがあります。
胃に効果のあるツボは様々ありますが、その中でも脾兪(ひゆ)と胃兪(いゆ)が有名です。
脾兪は胃腸の働きを高めるツボで胃兪は胃の病気などに効くツボです。
脾兪は背骨の11個目、胃兪は背骨の12個目のそれぞれ親指の幅一本半分の外側にあります。
自分では押しにくいので、人に押してもらったりマッサージグッズを使いましょう。


引用元: 鍼神尾(http://harikanwo.com/index.html)

胃もたれの市販薬

医薬品も様々な種類があります。
第2類医薬品のため、薬剤師以外の登録販売者がいるドラッグストアで購入することができます。
購入時に症状について聞かれることもありますが、商品説明は必須ではないので気軽に購入できます。
一例として下記のようなものがあります。

  • 第一三共胃腸薬
    メーカー:第一三共ヘルスケア株式会社
    含まれている成分:胃の消化液の分泌の調整、あれた胃の粘膜の修復、胃酸が多い症状を防ぐもの
  • 太田胃散A
    メーカー:株式会社太田胃散
    含まれている成分:脂肪、たんぱく質などを消化する成分や胃の働きを良くするもの
  • パンシロン
    メーカー:ロート製薬株式会社
    含まれている成分:胃の粘膜を修復するもの
  • 大正漢方胃腸薬
    メーカー:大正製薬株式会社
    含まれている成分:普段から胃腸が弱かったり、胃が疲労している人に効く漢方薬

病院でのピロリ菌検査

病院で胃がんの初期状態で発見された場合などはピロリ菌を減らす薬を出してもらえることがあります。
ただピロリ菌が多いかどうかだけの検査をしようと思っても、保険適用されないという現状があります。
胃カメラで慢性胃炎と診断された場合には保険適用になります。

私も個人的には、まずピロリ菌の検査をして、
ピロリ菌がいる人にはのみ胃カメラを受けていただく、
という流れでもいいのではないかと感じております。

ただ現時点での話ではありますが、
厚労省はあくまで、胃カメラで慢性胃炎を認めた方からだけ、
その後のピロリ菌検査、治療を認めております。

「胃カメラ」 → 「ピロリ菌検査」

この順番でなければ、保険適応にはなりません。
残念ながら、ルールです。
引用元 吉岡医院(https://www.yoshiokaclinic.com/blog/2013/04/post-90-501033.html)

胃もたれが続く時には病院へ

毎日のように胃もたれや吐き気が続く、げっぷがよく出るという場合は、病気の可能性もあります。

胃もたれが発生する病気

胃下垂(いかすい)、胃腸虚弱(いちょうきょじゃく)という、胃が通常よりも下の位置に下がってしまう病気があります。
他にも胃炎、胃潰瘍(いかいよう)というのも胃の粘膜が長期的に弱まってしまっている病気です。
痛みがある場合は胃がんが発生していることもありますので、無理に我慢せずに病院で観てもらいましょう。

食事の改善で胃のむかつきを減らそう

食事や食生活の改善で胃をいたわることで、胃もたれは防ぐことができます。
食材や調理法を変えるのでも良いですが、中々難しい場合もあります。
あまりにも長期的に続く場合や、胃もたれが酷かったり吐き気が出る場合には病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク